前提知識

スカイリムをプレイする上で最低限必要となる知識を簡単にまとめておきました。

TESシリーズをスカイリムから初めてチンプンカンプンな人向けです。

初プレイでもこのページを最後まで見れば潤滑にプレイできる(はず)だろう、という目的のページです。

また基本的に印象だとか触れる程度の説明しか書かないので、深く知りたい人のために「読み物」ページのリンクを貼っておきます。

 

TESシリーズの神々

大きくわけて二種類います。エイドラとデイドラ。

また、TESシリーズの神々は概念としてではなく、実際に存在します。普通に会話とかもできます。

・エイドラ神

九大神とか八大神とか言われている神。頻繁に名前の出てくるタロスや、ドラゴンを作ったアカトシュもエイドラ。

基本的には良い神でタムリエルのほとんどで崇拝されている。キリストとかブッダみたいな日本人がイメージする善良な「神」。

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/44.html

 

・デイドラ神

デイドラの王子と呼ばれてる人ら。王子という名称は誤訳で、領主・王侯と言えば分かりやすいかも。

エイドラと違って善悪の概念を持たないようで、タムリエルでは邪神として扱われています(一応善の神も極一部いるが)。

デイドラを崇拝する人は悪魔崇拝者のように異端の目で蔑視される。

ただその反面、個性豊かでネタにされる事も多い。

ちなみに些細な事ですが、デイドラ神はデイドラと呼ばれる奴らの中の一番強い連中を人間がそう呼んでいるだけです。デイドラ神同士はお互いを同格だとは認めていないようです。

デイドラ:オブリビオン(後述)に住んでるモンスター

デイドラロード:デイドラの中でも強い奴

デイドラ神:デイドラロードのこと

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/60.html

 

・両者の見分け方

最初の内は判別が困難な両者。そもそも違いがあった事すら知らない人も多いかと。

まず、エイドラは本作ではNPCとして一切登場しません。ゲーム内書籍や祠で名前が出てくるだけ。当然会話する機会も無し。

逆にデイドラはめっちゃ出てきます(顔は出さない事が多いが)。

クエストで神として主人公の前に現れ、無理難題を押し付ける神は全員デイドラだと考えて間違いありません。

あとデイドラは邪神扱いなので、街の中の聖堂は全部エイドラの物です。

デイドラ崇拝はあまり公言できるようなものじゃないので。

ゲーム内書籍の「エイドラとデイドラ」では両者の違いについて述べられています。

また、同じくゲーム内書籍の「デイドラ全書」という本には、デイドラ神全員の特徴が簡単に記載されています。

デイドラはプレイ中にもゲーム中書籍やクエストで良く出てくるので、一つ携帯しておくと便利です。

 

TESシリーズの世界

・世界

一番上にエイドラの住むエセリウスがある。
その下にデイドラの住むオブリビオンがある。
その下に人間の住むムンダスがある。
大体こんな感じ。詳しく知りたい人はwww38.atwiki.jp/tes5/pages/61.html
 

・大陸

人間の住むムンダスの世界の中に惑星ニルンがある。その星の中の大陸タムリエルがTESシリーズの主な舞台。

一応その他にも大陸は存在しますが、TESシリーズの舞台になった事はありません。ゲーム内書籍やNPCの会話で説明されているのみ。

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/40.html

 

・スカイリムとは?

スカイリムとはタムリエル大陸の一地方。現実世界で例えれば、「ユーラシア大陸のヨーロッパ」みたいな。

もちろんスカイリム以外にも地方は存在しています。本作以前のタイトルもタムリエル大陸の一部が舞台でした。

各大陸の詳細についてはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/39.html

 

・死後の世界

人間は死んだらエセリウスに召されます。ノルドのみエセリウスの中の「ソブンガルデ」に召されるが、それもあくまでもエセリウスの中の特区。

しかし、デイドラ神と契約を結んだ者のみエセリウスに逝けずに、オブリビオンでデイドラ神に仕える事になります。

本作でも本当はソブンガルデに逝きたいのに、デイドラと契約してしまったがためにオブリビオンに逝く事になって後悔してるお爺さんが出てきます。

デイドラとの契約は計画的に!

 

スカイリムの歴史

スカイリムをプレイしておくで知っておくべき歴史。

帝国はタムリエル大陸の最大勢力であった。この帝国をタムリエル統一に導いたのがノルド族のタロスである。
帝国の外にタムリエル大陸無し、帝国人でなければタムリエル人に非ず。統一とはそういう事である。タムリエル大陸中の全民族・全勢力は帝国に、タロスに服従した。
タロスは皇帝の位を受け、名前を改めタイバー・セプティムと名乗った。

その後、タロスはその栄誉を称えられエイドラ神として数えられるようになった。元来エイドラ八大神であったのが、タロスを含め九大神となったのである。人間から神になった者は古今東西タロスのみである。
中でもタロスの出身民族であるノルドは同じ民族としてタロスを崇拝した。タロスの存在はノルド民族の誇りとなり、民族としてのアイデンティティともなった。

時代を下る事、百余年。

オブリビオンの動乱(www38.atwiki.jp/tes5/pages/93.html)を経て、帝国の支配力は低下しつつあった。かつては帝国に従順であった民族、地域も除々に独立の陰りを見せるようになった。
そんな折に帝国に宣戦布告したのがアルドメリ自治領(www38.atwiki.jp/tes5/pages/294.html)であった。
ハイエルフ族で構成されるその国家は、帝国軍をいとも簡単に大破し勝利した。その戦力を恐れた帝国はアルドメリ自治領に突きつけられた不平等条約「白金協定」を渋々受諾し和平した。

「白金協定」の中で特筆すべき条項は「タロス崇拝の禁止」である。前述した通り、人間としては有り余る偉業を成し遂げたタロスは帝国では神として扱われていた。
その伝統を禁止する、一見何の変哲も無いこの条項こそが、タムリエル大陸・極北の地、ノルドの住むスカイリムの内動乱の引き金となる。

アルドメリ自治領との敗戦は帝国に莫大な影響をもたらした。帝国の威信は地に落ち、従属していた諸勢力は帝国からの独立を声高々に叫ぶようになった。
その中でも帝国の最大の脅威となったのが、スカイリムにて反乱を起こしたウルフリック率いるストームクロークである。
ウルフリック挙兵の大義は例の「タロス崇拝禁止に対する反発」であった。ノルドによるタロス信仰の熱意は帝国が想定した以上であったのだ。
ノルドにとってタロス崇拝を規制したその態度はノルドに対する宣戦布告、そのものだった。彼らは「ノルドを見捨てた」と憤慨し帝国からの独立を宣言したのだ。
もちろんこれはアルドメリ自治領の策中であった。タロス崇拝禁止に至ってノルドが反発する事を見込んで白金協定の条項に加えたのだ。

反乱はスカイリム中に広まり、帝国は鎮圧のために軍を派遣せざるを得なくなった。鎮圧軍の司令官に選ばれたのがテュリウス将軍である。

テュリウス将軍率いる鎮圧軍とウルフリック率いる反乱軍の戦争は熾烈を極めた。
しかし、その戦争もあっけない事件で収束の兆しが見えた。ウルフリックが少数の衛兵と巡行中に偶然帝国軍に捕縛されたのだ。
死を覚悟したウルフリックは帝国の馬車に揺られ、静かにヘルゲンの処刑場に向かった。誤認逮捕され無罪の身で同乗する「ある人物」と共に...

ちょうど同じ頃、スカイリムに新たな脅威が復活した。太古に絶滅していたと伝えられていたドラゴンである。
ドラゴン、それは世界を食らう者。その獰猛な生物の声は、火となり氷となり人間を虐殺した。
またドラゴンはその体を切り裂いても殺す事ができないのだ。ただ普通の人間に抗う術は無い。ただ普通の人間には。
ドラゴンのボス、アルドゥインは何を思ったのか突如ヘルゲンを襲撃した。処刑は中断され、そこにいたウルフリックと「ある人物」はそれに乗じて逃亡する。

鎮圧軍と反乱軍の内戦は再開された。
スカイリムは混乱の境地にある。終わりを見せない内乱、それらを扇動し操作するスカイリムの監視者・アルドメリ自治領。そして復活したドラゴン。
人々はこの混乱を鎮める英雄を待望した。程なくしてその英雄は現れる。まるでスカイリムが彼を呼び寄せたかのように。
スカイリムの最も高い所「世界のノド」からスカイリムを見下ろす仙人たちは「ある人物」、即ちスカイリムの英雄を心で感じた。

そして叫ぶ「ドヴァーキン!!!」。ドラゴンボーンにして今作の主人公、その人である。

参考:www38.atwiki.jp/tes5/pages/300.html

 

内戦クエストの勢力

両軍を完全主観で説明します。内戦クエストで勢力を選ぶ際の目安にしてください。

ちなみに他のRPGと違って「完全なる正義」が無い事がベセスダゲーの魅力です。正義の王国と悪の魔王の戦い、現実の世界もスカイリムの世界もそんな単純ではありません。

正直言って一長一短なので自分に合う勢力を選びましょう。また、Falloutシリーズとも違って比較的「正史寄り」「王道勢力」もありません。どちらを選んでも全く同じだけのクエストをこなす事ができます。

 

・ストームクローク

帝国に服従していたスカイリムの独立を目指したノルドの反乱軍。その念頭には「タロス崇拝の復活」がある。

ノルド以外への態度はかなり排他的で、その姿勢は同じノルドからも顰蹙を買う事がある。彼らの根拠地であるウィンドヘルムでは、ノルドとダークエルフ難民が激しくいがみ合う姿が見える。

自キャラをノルドにした場合はストームクロークを選ぶのも良いが、それ以外だと世界観に似合わないかもしれない。

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/184.html

・帝国軍

帝国がタムリエル全土を従えていただけあって、インペリアル以外の種族も所属する。世界観的にはノルド以外の民族だとこっちを選ぶのが無難かもしれない。

帝国軍のスカイリムでの指揮官であるテュリウス将軍は生粋の軍人タイプで「命令は遂行する、ただそれだけだ」系の人。ストイックな魅力に感じるか、味気ないと感じるかは人それぞれ。

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/191.html

 

・サルモール

スカイリムの内戦を扇動している勢力。アルドメリ自治領という国家を運営している統治組織、政党の様なもの。

主人公が関与する事はできないが、内戦クエストでは表面的には帝国を支持している。その一方で帝国を弱体化させるためにストームクロークも影ながら支援している。サルモールからして見れば、「争え...もっと争え...」状態。

詳しくはwww38.atwiki.jp/tes5/pages/190.html

 

スカイリムの用語(役職・地名)

ゲーム中の分かりにくい用語、設定。ゲームシステム自体の用語はhttp://www38.atwiki.jp/tes5/pages/189.html

僕自身がやってる上で分かりにくいと思った用語を説明します。

 

・首長

その地域を治めている王様みたいな人。その都市と周辺地域を統治している。スカイリムには9人の首長がいる。

・上級王

首長の中の代表。9人の首長が会議して、その中の誰かが選ばれる。

ちなみにゲーム開始時の数年くらい前に、当時の上級王であったトリグ(こいつはソリチュードという都市の首長だった)はウルフリックに殺されている。

だからゲームは上級王不在のまま進行する。ウルフリックはこのウィンドヘルムという都市の首長として、この上級王になるのを目標としている。

スカイリムは上級王を通して間接的に帝国に従属していた。

帝国→(スカイリムを統治するために上級王に命令)→上級王→(代表として各首長に帝国の命令を分配)→首長→(首長として民を直接統治)→民

・要塞

名前が凄く紛らわしいが、首長の統治する広域の地域のこと。全部で9つある。要塞ごとに首都があってそこに首長は住んでいる。

首都が県庁所在地なら、要塞は都道府県。とにかく城とか都市とかそういう「点」を表しているのではなく、「面」を表してることに注意。

また県名と県庁所在地名が同名の県があったり(京都府と京都市みたいな)、同名でない県(兵庫県と神戸市みたいな)があるように、要塞名と首都名が一致する要塞と一致しない要塞がある。

 

異名同人物

スカイリムには同じ人物でありながら多数の名前を持つ人物だとか民族が現れます。それをまとめておきました。

・ハイエルフ

別名:アルトマー

ハイエルフのエルフ語読みがアルトマー。アルトマーの人間語読みがハイエルフ。

・ダークエルフ

別名:ダンマー

同上。

・ウッドエルフ

別名:ボズマー

同上。

・オーク

別名:オーシマー

同上。

・ドワーフ

別名:ドゥーマー

同上。

・タロス

別名:タイバー・セプティム

皇帝即位に当たってノルド風の名前をシロディール(帝国の中心地域)に改名。

別名:ヒャルティ

タロスの幼名

別名:ストームクラウン

タロスの渾名

・ショール

注:ソブンガルデを司る神。実はムンダスを創造した凄い人(だとスカイリムでは信じられている)。

別名:ロルカーン