同胞団

旧作での戦士ギルドに近い戦士集団。数千年の歴史を持っており、スカイリム中から勢力問わず尊敬を集めている。
それゆえにプライドが高く、気さくな人物は少ない。誇り・名声・伝統といったものを重視するエリート気質な戦士団である。

最大の特徴は、クエスト中に必ず人狼(人狼化参照)にならなければならない点だろう。
一応クエストを進めると任意で治療できるようになるが、メインラインを最後までこなす必要がある。
また、メインラインのほとんどのクエストで、現在連れている従者と強制的に別れさせられてしまう。
これらのことから、柔軟にクエストを受注・達成することがやや難しい。さらにバグもかなり多い。

また、皮肉なことに同胞団加入は悪人ロールプレイをしたいプレイヤーに適している。
人狼は殺人の罪に問われず、殺した被害者の肉を食らうことで力が強化されていく正真正銘の化け物。
なにより人狼病はデイドラロード「ハーシーン」の呪いであり、それを望んで受け入れるということは魔界の神を信仰するデイドラ信者となることだ。
ハーシーンは狩りを司るがあくまでデイドラであり、人間ですら「狩りの獲物」として扱う危険な存在。
そもそも通常の狩人達は自然の女神「キナレス」を信仰する。
最終的には人狼ハンター集団を殲滅するという、DLC1での吸血鬼サイドに近いダークな展開が待っているのもポイント。

ちなみに、DLC1導入でウェアウルフ強化スキルツリーが追加される。
また、DLC3で訪れるソルスセイム島のフロストムーンの断崖は、ウェアウルフの状態で無いと受け入れてもらえない。
どうせ強制的にウェアウルフ化するのなら、割り切って治療前にこれらのスキル強化やロケーション来訪を試してみるとより楽しめるだろう。





同胞団クエスト


戦いを始める

  1. コドラク・ホワイトメインと話し、同胞団に参加する
  2. ヴィルカスについて行き、実力を示す
  3. ヴィルカスの剣をエオルンド・グレイメーンに届ける
  4. アエラの盾を、狩猟の女神アエラに届ける
  5. ファルカスについて行き、ベッドの場所を教えてもらう
補足
  • この後、サブクエストを1つ消化した後に「栄誉の証明」へ移行する。大抵は直後にファルカスから話しかけられるため、彼からクエストを受注することになるだろう。


栄誉の証明

  1. ファルカスと共にウースラドの破片を回収する
  2. ダストマンの石塚へ行く
  3. ウースラドの破片を回収し、ジョルバスクルに戻る
補足
  • ファルカスが強制参加。連れていた従者は元いた場所に戻る。DLC1のセラーナのようなクエスト中の自動追従キャラは引き続き同行する。
    • ファルカスにアイテムを持たせたり指示したりすることはできない。
  • ダストマンの石塚はかなり長いダンジョンで敵も強いため、準備は万端に。
    • シルバーハンドの面々は敵専用のダメージ増加Perk持ちでかなり強敵。特に両手剣持ちに注意。
    • 最奥ではウースラドを入手後に大量のドラウグルが出現する。罠系魔法があれば事前にドラウグルを出現させて処理する事が出来る。
  • クエストクリア後、サブクエストを1つ消化した後に「シルバーハンド」へ移行する。
バグ
  • ウースラドを持って帰還後、ジョルバスクル裏手でサークル加入のイベントがあるが、ヴィルカスと話す前に直接その場所へ行くとヴィルカスがいないため途中でイベントが停止してしまうことがある。ヴィルカスが合流してくれる場合もあるが、念のためヴィルカスに話しかけた上で彼の後から向かうといい。


シルバーハンド

  1. スコールと話す
  2. 夜中にアンダーフォージ(スカイフォージの下)の前に立っているスコールと話す
  3. 儀式に参加する
  4. ギャロウズ・ロックのシルバーハンドを殲滅する
補足
  • 儀式参加後にアエラが強制参加。連れていた従者は元いた場所に戻る。DLC1のセラーナのようなクエスト中の自動追従キャラは引き続き同行する。
  • 牢内にいるウェアウルフは開錠しても味方してくれず、近くの敵を見境なく攻撃するので注意。
  • クエストクリア後、サブクエストを2つ消化した後に「血の栄誉」へ移行。大抵は直後にアエラと話せるため、彼女からクエストを受注することになるだろう。


血の栄誉

  1. コドラク・ホワイトメインから呪いを治療するために魔女の殺害を命じられる
  2. グレンモリル魔術結社で魔女を殺し、「魔女の頭」を手に入れる
  • (オプション)魔女全員(5人)の全滅
補足
  • 「グレンモリルの魔女」は前作では普通の姿をしており、そもそも敵ですら無く主人公を助けてくれた。
    • 今回はハグレイヴンと化していているが、通常のハグレイブンと違って羽が白い。
    • 魔女の首を回収するとちゃんと首なし死体に置き換わる。
  • このクエストを受注する前は内部には人型の魔女がおり、事前に殲滅しても問題ない。事前に殲滅しないと、「クリアしました」表示がされない。
  • ジョルバスクルに戻るとある変化が起こっており、ファルカスと会話後すぐに「復讐の正当性」へ移行する。


復讐の正当性

  1. ウースラドの一部を回収する
    (オプション)シルバーハンドを一掃する
  2. ホワイトランに戻る
補足
  • 「血の栄誉」完了後、すぐに開始。
  • ファルカスが強制参加。連れていた従者は元いた場所に戻る。DLC1のセラーナのようなクエスト中の自動追従キャラは引き続き同行する。


死者の栄光

  1. コドラクの葬儀に参加する
  2. コドラクの部屋からウースラドの破片の最後の1個を回収しエオルンドに渡す
  3. アンダーフォージでサークルの集会に参加する
  4. サークルの連中と一緒にイスグラモルの墓へ向かう
  5. 埋葬室の奥でコドラクと話し、導き手の火炎に魔女の頭を使う
  6. 狼の霊魂を倒し新しい導き手になる
補足
  • 「復讐の正当性」完了後、すぐに開始。今回は従者も連れて行ける。
  • 最奥部で自分用に魔女の頭をもう1個使うと、人狼化を完全に治療できる。
  • 余った頭はクエストアイテム扱いでは無くなるので捨てられるが、後でヴィルカスとファルカス用に使うこともできるので注意。
  • 最奥部の宝箱にユニーク防具「イスグラモルの盾」
  • クエスト終了後、イスグラモルの像から「ウースラド」は回収可能。
  • 墓進入時の入り口とは別の出口から出て坂を上った所にドラゴンシャウト:動物の忠誠がある。とりこぼし注意。
    • 渡す際に反応が選べるが「彼の名誉と共に~」というセリフは選ばないこと。なぜかエオルンドが不機嫌になって「早く渡せ小童」と言い放ち、しんみりとした葬式の雰囲気をブチ壊してくる。
      亡くなったコドラクへの敬意は我慢して、ただ無反応に破片を渡そう。

  • 死者の栄光・クリア特典
    • 同胞団のメンバーを従者にできるようになる
    • 同胞団のメンバーと結婚できるようになる
    • コドラクの部屋のベッドの所有権がプレイヤーに移る
    • コドラクの部屋にあるものを合法的に取得できるようになる
      • 設置アイテムとして、スキル本(両手武器)、デイドラの心臓、巨人のつま先、珍しい石等がある



サブクエスト


ヴィルカス/スコール経由(「戦いを始める」完了後に発生)


救出作戦

  1. ランダムな場所に誘拐されたNPCを救出する
    • 対象NPCが商人や店主であれば救出までその施設を利用できなくなる。
  2. ヴィルカス(スコール)に報告する

一族の家宝

  1. ランダムな場所にあるアイテムを回収する
  2. ヴィルカス(スコール)に報告する

脱走犯

  1. フィールド上をランダムに逃げている脱走犯を倒す
  2. ヴィルカス(スコール)に報告する


ファルカス経由(「戦いを始める」完了後に発生)


雇いの力男

  1. 迷惑をかけているNPCと殴り合いをして痛い目を見させる
  2. ファルカスに報告する
補足
  • 標的の候補が非常に多く、そのため本当に迷惑なNPCが指定されることは少ない。例えば「リフテンのアスゲール」や「リバーウッドのスヴェン」などの善良な市民、「不滅のウスガルド」や「傭兵ステンヴァール」のように主人公の仲間になってくれる人物を痛めつける依頼が来たりする。
  • ファルカスいわく「争い(依頼)の理由は知らない」とのこと。ある意味、盗賊ギルド以下の汚れ仕事である。

スカイリムを襲う苦難

  1. ランダムな場所にいる山賊、フォースウォーン等を一掃する
  2. ファルカスに報告する


アエラ経由(「戦いを始める」完了後に発生)


害獣駆除

  1. ランダムな場所(NPCの住居内、ダンジョン等)に出没したモンスターを倒す
  2. アエラに報告する
補足
  • クロンヴァングル洞窟のような虫系ダンジョンが指定されることもある。

アエラ経由(「シルバーハンド」完了後に発生)


心を射止める

  1. ランダムで選択される拠点に留まるシルバーハンドの頭を殺害する
  2. 頭を殺してアエラの所に戻る

強奪計画

  1. ランダムで選択される拠点からシルバーハンドの計画書を強奪する
  2. 計画書を持ってアエラの所に戻る

奪還

  1. ランダムで選択される拠点に隠されているウースラドの破片を回収する
  2. 破片を回収してアエラの所に戻る
補足
  • クエスト「死者の栄光」でウースラドが再鍛造されると、このクエストは発生しなくなる。



その他のクエスト(「死者の栄光」完了後に発生)


ハーシーンのトーテム

  1. アエラから仕事をもらう
  2. 人狼パワーを強化できるらしいハーシーンのトーテムをアエラと回収しに行く
補足
  • Ver1.9でアエラと結婚しても発生するようになった。また人狼化を治療すると発生しなくなる模様。
  • 従者を連れている場合は強制的に別れてアエラが同行者になる。アイテムを渡したりは出来ない。


純粋

  1. グレンモリルの魔女の頭を持った状態でヴィルカス / ファルカスと会話 > 何かすべき事はあるか?
  2. ヴィルカス / ファルカスからクエストを受ける
  3. イスモラグルの墓へ行き、埋葬室の奥で導き手の火炎に、グレンモリルの魔女の頭を使う
  4. 狼の霊魂を倒し、ヴィルカス / ファルカスと会話
補足
  • 従者を連れている場合は強制的に別れてヴィルカス / ファルカスが同行者になる。アイテムを渡したりはできない
  • 二人ともクエスト内容は一緒だが一回に連れて行けるのは一人。なので、二回繰り返すことになる
  • 当然、クエ一回につき魔女の頭がひとつずつ必要。が、使用後も消失することはない
  • 持っていなくても発生。その場合はまず頭を探しに行こうと言われる。
バグ
  • 進行不能バグあり。詳しくはこちら


ドラゴン・シーカー

  1. 10カ所のドラゴン出没ポイント(ランダム)のいずれかに、ヴィルカス/ファルカスと共に出向きドラゴンを倒す
補足
  • 「死者の栄光」+メインクエスト「ドラゴンの目覚め」終了以降に発生
  • ヴィルカス/ファルカス双方から受注(繰り返し可?)
  • 従者を連れている場合は別れてヴィルカス/ファルカスが同行者になる