放射能による身体症状


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

放射能による身体症状


放射能は、生体を被曝することによって様々な身体的症状を引き起こします。
被曝の結果、異常が現れるのかは被曝量によりますが、いつ出るかというものははっきりとしていません。すぐに出る身体的影響もありますし、次の世代の子供に出る遺伝的影響もあります。


1.身体的影響
  人の組織では骨髄やリンパ節、生殖腺、腸管、皮膚などに影響が現れます。

 ・高濃度の被曝による急性障害
  高濃度の被曝をうけた場合に、すぐに、もしくは数日以内に現れる身体症状です。
  症状は嘔吐、下痢、せき、鼻血、発熱、白血球やリンパ球の減少や、やけど、脱毛などがあります。

 ・低濃度の被曝による晩発障害
  急性症状は出ないが、低濃度の被曝をうけた場合に、数年から数十年かけて現れる症状です。
  白血病をはじめとするがん、神経障害、脳障害、不妊、畸形児出産などがあります。

2.遺伝的影響
  被曝によって生殖細胞のDNAに欠陥が生じ、生まれてくる子供に生涯が生じてしまいます。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。