ランダムイベント

ダンジョンの外の世界や街中で起こる、クエストではない小さなイベントのこと。
スカイリムの旅が単調なものにならないよう、様々なイベントがプレイヤーを驚かしてくれる。
中には一部クエストを進行させると発生するようになるイベントもある。また、DLCの導入によって多くのイベントが追加される。

ランダムイベント発生地点マップはこちら。青い点がランダムイベント発生地点を表している。
実際のゲーム上のマップとこの地図(のベースであるソフト同梱マップ)は地形の違いがあり、青い点はあくまで目安。
青い点の全てでランダムイベントが発生するかは未確定。




要塞・村等

プレゼント

NPCから本や服などのちょっとしたものではあるが、贈り物が貰えることがある。
初対面でも貰えることがあるので、特に友好度が高くなくてもかまわないと思われる。
ゲームが進むとまったく発生しなくなるため、日数制限があるか所持金が少ないとき限定かもしれない。

叫ぶのをやめてもらえないか

要塞・村等、衛兵がいる場所でシャウトを使うと高確率で発生する。
衛兵が走ってきて「すまないが、その叫ぶのをやめてもらえないか」と注意される。
衛兵のセリフから何度もやっていると賞金をかけられそうに思えるが、特にそういうことはない。

もらってもいいか

要塞・村等、非敵対NPCがいる場所で物を捨てると低確率で発生し、捨てた物の種類や価値によって様々なパターンに派生する。
防具であればNPCが走ってきて「今捨てた兜と防具、いらないならもらってもいいか」と聞かれる。
許可するとそのNPCとの友好度が上がり、そのキャラの家の中の物(店持ちのNPCであれば店の展示品も)のいくつかから「盗む」属性が消える。
また、従士叙任のための地域の人助けの一つにもなる。
武器の場合は衛兵に「そういう物を放り出すな、誰かが怪我をするぞ」と怒られ、反抗的な態度をとると罰金が科せられる。
友好的な人物だと「自分が拾わなかったら大変なことに~」など言いつつ拾ってくれ、強制的に持ち物リストに戻される。
まれに拾ったアイテムを無条件に返却してくれる場合もある。
また、リバーウッド以外では捨てた物を巡って住民同士の喧嘩が始まることがある。

ドラゴン襲来

ファルクリース、ドーンスター、ウィンターホールド等、スカイリム(フィールド)と地続きになっている要塞でドラゴンが出現する。
かなり低確率だが、ホワイトランやマルカルス等、壁で囲まれている要塞にも出現する。

盗賊(街中)

盗賊ギルドのクエストラインを進めると、要塞・村等で「盗賊」というNPCが出現する。
ほとんどの場合、リフテンで出現するが、かなり低確率で他の要塞・村にも出現する(リバーウッド・ホワイトランを確認)。
たまに一仕事終えた後なのか家の中から出て来る事もあり

ギルドに入っていている場合に、殺してしまっても特にメンバーに何か言われる訳でもない(おそらくモグリ)
なお、すぐに衛兵に囲まれて瞬殺される。死体から宝石類、インゴット、ピッチャー等を取得可能。
発見されるまでは隠密状態でゆっくり行動しているため、NPCに見つからずに物陰に潜んでいる事がある。
盗賊は戦闘状態に入るとひたすら逃げ続けるが、壁際などに追い詰められた場合は反撃する事がある。
付近に民家などの建物がある場合は中に逃げ込む事がある。

一緒に遊んでよ

街の子供から鬼ごっこorかくれんぼをしようと言われる。断ったり遊んでいる途中で抜け出すとイベントが終了する。
内容はそのまま街の中で鬼ごっこorかくれんぼをする、ゲーム内で数時間掛かり報酬も特になし。

疑いの目

街中でNPCが殺害され死体となって発見された時、その場に居合わせたプレイヤーが衛兵に尋問されることがある。
白を切ることもできるが、反抗的な態度をとることも可能。反抗しすぎると10ゴールドの罰金を科せられ逮捕される。

煽ってくる戦士

街の宿に出現する戦士がドヴァキンを煽ってくる。
説得と威圧の選択があり、失敗すると戦闘になる。ちなみに衛兵はドヴァキンに加勢する。

後日、フィールドに同じ装備をした戦士(家族?)が出現し戦闘となる。

挑戦者

破壊、召喚、回復、変性、幻惑のいずれかのスキルレベルが50に到達すると街中で発生。「挑戦者」と言う名前の人物が襲い掛かってくる。
戦闘前に一応会話にはなるのだが、「あんたウィザードだな?」(こちらが何か話す)「問答無用!」と言うようなやり取りで、戦闘は回避できない模様。
先に手を出さない限り、戦闘状態に入った後はどんな手段を使って殺害しても罪に問われない。
付近に友好関係にあるNPCがいる場合はプレイヤーが襲われていると判断して加勢してくれる。
  • 魔術師同士の決闘であるため、武器で攻撃すると自分に賞金がかかる事がある模様(UESP情報)。
  • ウィンターホールド大学の一員である場合、これがきっかけで追放される可能性がある模様(UESP情報)。

学徒

大学クエスト「初めての訓練」を終了後に宿屋や街中などで発生。入学志望の見習い学徒が、プレイヤーに対して自分の魔法を試しに見てほしいと声をかけてくる。
断ると何も起こらないが、依頼を引き受けるとプレイヤーにシールドスペルを張るように指示してくる。
プレイヤーがシールドスペルを展開すると学徒がファイアボルトなどの魔法を撃ってくるので、終わるまで手伝ってあげるとイベント終了後に感謝される。
従者を連れている場合、学徒がプレイヤーに対して魔法を使った時に学徒がプレイヤーに攻撃していると判断して従者は学徒を殺害しようとする。殺害してしまうとクエストは失敗する。

雇いの悪漢

非敵対NPCからスリや盗み、殺害をして、しばらくすると発生。
「雇いの悪漢」という3人のNPCが「手ほどきをしにきた」と発言した後、襲いかかって来る。
付近にいる友好的NPCは加勢してくれるが、それ以外の衛兵やNPCは傍観を決め込む。
死体から、「任務」というメモを取得可能。メモには自分がスリ・盗みを行ったNPCの名前(殺害を行った場合はその近縁の人)が書かれている。


派閥系

怪しい帝国軍兵士

帝国軍兵士(?)が100Gを恐喝してくる。拒否すると襲い掛かってくる。
すぐ近くに別の帝国軍兵士の死体が転がっている。恐らくは追い剥ぎが帝国軍兵士になりすましていたと思われる。
自分が内戦イベントで帝国軍についていれば専用の会話あり。

帝国軍(ストームクローク)の巡回

帝国軍(ストームクローク)兵士3名が街道を巡回している。
話しかけても帝国軍(ストームクローク)に加入するなら~などと他愛の無い話をするだけで特に意味は無い。
条件不明ながら、さっさと離れろ等の警告をした後、敵対し攻撃してくる事がある。この場合反撃して殺害すると、全滅させないと懸賞金が付く。
稀に近くに敵軍の兵士(帝国軍の場合はストームクローク)3名が出ることがあり、鉢合わせると戦闘になる。

帝国軍(ストームクローク)の捕虜護送

帝国軍兵士3名に護送されるストームクローク捕虜が街道を歩いている。
ストームクロークに話しかけるとアイテムを渡すか解放することができるが、それをすると帝国軍兵士達と戦闘になる。
普通は帝国軍兵士を攻撃すると賞金が付くが、ストームクロークを解放またはアイテムを渡して戦闘になった場合は賞金が付かない。
ストームクロークが帝国軍捕虜を護送する逆バージョンも存在する。

サルモールの巡回

サルモール司法高官3名が街道を歩いている。鎧一式か、フード付きのサルモールのローブを着ている。
話かけて、タロス信仰を認めるか、沈黙していると異端者扱いされ、戦闘になる。
問答無用でいきなり襲い掛かってくる事もあり、
そういう場合は死体を漁ると既にプレイヤーに対しての抹殺指令が出ている事が分かる。
  • 抹殺指令とプレイの内容は無関係で、サルモールと接点が無いプレイをしていても抹殺指令が出る場合がある。

サルモールの捕虜護送

サルモール司法高官3名と捕虜が街道を歩いている。
サルモールの巡回同様に会話で戦闘になる他、捕虜を解放しても戦闘になる。
  • 歩き続けるとソリチュードに入り、ドール城のダンジョンに行きつくのを確認。ダンジョンから出るとこの一行は消滅する。

サルモールvsストームクローク

サルモール3人とストームクローク3人が出現し戦闘する。

帝国軍(ストームクローク)vsフォースウォーン

帝国軍(ストームクローク)兵士3名とフォースウォーン3名が出現。
互いが接近すると戦闘状態になる。
なお、ドヴァキンに対してはフォースウォーンは問答無用で敵対。
帝国軍(ストームクローク)は警告を無視すると敵対となる。

ステンダールの番人

警邏しているか、敵対NPC(主にデイドラ)と戦闘に入っている。
中でもスカイリム固有種の「吸血鬼ヴォルキハル」は高位の魔法の使い手で、2人がかりでも敗北する光景が見られる。
その場合、ステンダールの番人を蘇らせてこちらに襲いかかってくる。
かなり強敵なので、シャウトをからませて攻撃するか、人狼化して一気に叩き込むかしないと負ける可能性あり。
ちなみに病気にかかっている状態で彼らに話しかけると無料で治療してくれる。
バグにより、本来有効なNPCに使う呪文である他者治療系(回復)や扇動系(幻惑)で敵対する場合がある。
また、デイドラ退治を目的としているためか、 デイドラ防具をフル装備していると敵対する 模様(UESP情報)。
  • 実際にデイドラ装備やデイドラアーティファクトを装備していても敵対はしない

同胞団の遠征(ホワイトラン専用イベント)

初めてホワイトランに向かうときに農場で巨人退治をしているメンツが、
サーベルタイガーやクマなどと戦っている。戦闘終了後会話可能。内容はホワイトランの時と同じ。
時にはマンモスに挑んで返り討ちになりかけてる、3名とも同胞団に未加入だと不死属性?
なお彼らに治癒魔法を当てると何故か敵対される、戦闘解除で勘弁してくれるが非常に不可解

同胞団の遠征

同胞団のメンバーが各地に遠征し、サーベルタイガーやマンモス等と戦っている。
ヴィルカスとリアの2人組。アエラとスコール、ンジャダ・ストーンアームの3人組など各パターンあり。
ヴィルカス、ファルカス、アエラは遠征先でもクエストを受けることができる。
スコールは同胞団クエスト終了時にも平然と登場する。復活バグはこれが原因か?

アリクル戦士とレッドガードの女性

「緊急事態」関連イベントだが、開始以前でも発生。
街道脇でアリクル戦士2人がレッドガードの女性を尋問している。
しばらく話した後、人違いと気付き2人組は去っていく。女性の方は怒っている。
ケマツを倒し、サーディアを助けた後も発生し続ける。
アリクル戦士や女性に対して灯明などの非攻撃性魔法を当てると敵対化するが、その後殺傷しても罪にならない。
サーディアをケマツに引き渡した場合は発生しなくなる?

吸血鬼(ドーンガード)の襲撃

DLC1「Dawnguard」導入後にレベル8以上で発生。
このイベントはDawnguardクエストを完了すると発生しなくなる。
自分がどちらに味方しているかに関係無く(Dawnguardシナリオを全く進めていなくても)街で吸血鬼に襲われるようになる。
吸血鬼は市民なども無差別に攻撃するので要注意。
街中に出現する吸血鬼の長+従徒はドーンガード側につくと出現しなくなり、その代わりに野外でレベル依存の吸血鬼3体が現れる。
また、ドーンガード側なら砦、ヴォルキハル側なら城の周辺に「○○(それぞれの敵側)の斥候」というレベル依存のNPCが現れ、攻撃される。
自分がヴォルキハル側に味方している場合、更に街でも野外でもドーンガードから襲撃されるようになる。
街で襲撃された場合、衛兵などは傍観を決め込む。
それとは別に、ドーンガード側についていると街中で「旅人」というフード付きのローブ(黒)を来た吸血鬼が現れ襲われる。このNPCは至近距離で一定時間経つか話しかけない限り攻撃してこないので、発見したら暗殺するなどで無難に過ごせる。

ドーンガードの命令

ドーンガードメインクエスト「新たな命令」または「ブラッドストーン聖杯」のクリアが発生条件
サライアという名前のドーンガード所属のレッドガードの女性が馬を駆って(歩きの場合もある)物資配給の任務に就いている。
補給物資の鍵と補給物資の在処を示したドーンガードの命令書を持っている。
ドーンガード側に所属している場合は忙しいと言われ相手にされない、鍵と手紙はスリ盗るか殺して盗むしかない。
吸血鬼側に所属している場合は敵対してくる。
隠し場所はモーサル、ウィンターホールド、宿屋『ナイトゲート』の三箇所。
モーサルは霧で視界が悪い。ウィンターホールドは少し離れた所に宝箱がある。『ナイトゲート』は宿屋という先入観から、町にあると勘違いしやすいので注意。

モーサル:製材所の東にある小島。木の根元に宝箱が埋まっている。
ウィンターホールド:「巨大なアーチ」というのは大学のアーチのことではなく、ウィンターホールドの南にあるアーチのこと。下にいるモンスターが目印。
宿屋『ナイトゲート』:ウィンドヘルムから東。ドーンスターから南。その中間地点ほどにある宿屋が『ナイトゲート』。

信者の襲撃

メインクエスト「創始者の角笛」を受注した段階で、1度信者に襲われると発生するようになる。
信者3名が現れ、発見されると襲いかかってくる。


固有NPC

ホラ吹きのムアイク

「ホラ吹きのムアイク」というカジートのNPCが出現する。シリーズでは御馴染みのベセスダ・ソフトワークスの代弁者。
ゲームに関するメタ発言を聞くことができる。何度も話しかけると会話内容が「もう疲れた」「話はおしまい」に固定される。
出会った場所や、そのときの天気によって、会話内容が変化する。
カジートの命名則によれば子供または若者らしく、実際背が小さい。
不死属性持ちなのでどう足掻いても殺せない。

放浪の吟遊詩人タルスガル

「放浪者のタルスガル」というNPCが出現する。
25ゴールドでリクエストができる。話術の訓練ができるかのような選択肢が出るが、実際はできず、吟遊詩人大学を勧められる。
スカイリム中を旅しており、要塞・村の宿屋にも出現することがある。
また時折二人組の山賊に襲われている事があり、その場合はフレッシュ系魔法を唱えて防御力を上げてから果敢に迎え撃つが、大抵は袋叩きにされ膝を突く事が多い。
不死では無いがプロテクト属性持ちなのでプレイヤーからの攻撃でなければまず死なない。

固有ドラゴン(アルドゥインによる蘇生)

特定のドラゴン古墳に近づくと低確率で発生。
アルドゥインがドラゴン古墳からドラゴンを蘇生している現場に立ち会える。
蘇生されるドラゴンは必ず固有の名前を持ち、蘇生の際にアルドゥインがそのドラゴンの名前を呼ぶ場面が確認できる。

なお、蘇生現場に立ち会わずとも固有ドラゴン自体は発生する。
メインクエスト「闇に眠る刀剣」を完了していなければこのイベントは起こらないと思われる。

  • 固有ドラゴン
名前 属性 体色 ドラゴン古墳の場所 備考
ナハグリーブ ロリクステッド西 クエスト「アルドゥインの壁」進行中に蘇生現場に立ち会えた
ヴィントゥルース アンガの工場北西(ブロンズウォーター洞窟との中間点付近、道なりに進んで右手) クエスト「エルダーの知識」星霜の書を手に入れた直後
ヴォルジョツナーク ブローデット・マンの洞窟北西(サンガード砦との中間点付近、街道沿いに進んで右手)
※飛来場所の近くには大抵ドラゴン古墳がある。穴が開いている場合は蘇生済み。

ブラックリーチのドラゴン

ブラックリーチの議論の間、熟考の間の外に釣り下がっている丸い電飾(?)に揺るぎ無き力のシャウトを当てると
何処からともなく「ヴュルスリョル」と言う固有名ドラゴンが飛来する。
ちなみにヴュルスリョル(Vulthuryol)はDark Overlord Fireと言う意味なのだそう。

結婚式へ急ぐ貴族

シロディールからヴィットリア・ヴィキの結婚式に向かう貴族と護衛の3人組。
サロニア・カーヴェイン、プラウティス・カーヴェイン、護衛、因みに彼等は、着替え可能。
スカイリムの田舎ぶりに辟易している。会話もでき、追いはぎじみた選択肢も登場。
ソリチュードではなくウィンドヘルム方面に向かって歩いており、最終的にはウィンドヘルムに到着する。

追い剥ぎ等をせず、闇の一党の”死するまで拘束される”のクエストを終えていると、
追い剥ぎによって身ぐるみを剥がされ、憤慨しながらシロディールに帰還する途中の2人を見ることができる。

ちなみに、前作Oblivionではブルーマ女伯爵のナリーナ・カーヴェインという同姓の人物が登場する。
この夫妻もインペリアルの貴族ということで、血縁者の可能性が高い。

美食家を探すバルバス

美食家を探しているバルバスという人がいる。
ユニークアイテム「バルバスのフォーク」、錬金素材の「デイドラの心臓」「トロールの脂肪」を所持。
闇の一党クエスト「大惨事の原因」で手に入る「美食家の通行証」を持って話しかけるとこれらのアイテムを貰うことができる。
殺したりスリ取ったりしても可。デイドラクエスト「デイドラの親友」のバルバスとは特に関わりがない。
このイベントは一度しか発生しない。

タロン・ドレス

Dawnguardのクエスト「忘却の彼方」をクリアしていると出現。
マルカルスのカルセルモに会いに行く途中で数名の傭兵を従えている。
カトリアから話は聞いていると答えると傭兵と共に敵対し、破壊魔法で傭兵をサポートしてくる。
倒すと破壊+マジカ回復の付呪が施されたタロン・ドレスのローブが手に入る。
このイベントは一度しか発生しない。

テルラヴ

イヴァルステッドの近く、ニルヘイムのそばの街道に道端で座り込んでいるテルラヴという人物が現れる。
話掛けると、山賊に襲われて荷物を奪われたらしく、助けを求めてくる。
助けることを承諾するとニルヘイムまで護衛するという目的が発生し、そこまでわずかの間ついていく。
目的地に着くと「お礼をとってくる」といい奥に向かうが、そこで急に敵対し周りの山賊とともに襲いかかってくる。ここで目的が「テルラヴを殺す」に変わる。
襲ってくる「山賊」の1人は通常通りの強さだが、3人は普通よりも強い(おそらくレベル依存)。塔の上にも1人いる。
このイベントは一度しか発生しない。

ちなみにこのイベントが発生する前は「衛兵」という名の山賊がニルヘイムにおり、近付こうが攻撃しようが敵対しないので、
事前に一掃しておくことができる。

バベット

闇の一党のクエスト、「シシス万歳!」を終わらせている状態で「Dawnguard」の導入していると、夜間の街道上で発生する。
夜道を進んでいると闇の一党のバベットに会う。
彼女が言うことをまとめれば「ナジルの料理はおいしいが、飽きるので別の食材を探している」らしい。
近くには死体があり、彼女が吸血鬼だということもあるので食事をしていたのだろう。

ルイス・レットラッシュの復讐

クエスト「守るべき約束」でフロストをルイスから奪い取る選択をした場合、後日ランダムイベント発生地点にてルイスから送り込まれた悪漢に襲撃される。

ルイス・レットラッシュの最後

クエスト「守るべき約束」でフロストをルイスに届ける選択をした場合、後日ランダムイベント発生地点にてルイスがブラック・ブライア家の悪漢に殺される。

ミラークのドラゴンソウル横奪

Dragonbornメインクエスト「ミラーク聖堂」クリア後から、ミラーク討伐までの間、ドラゴンを倒してドラゴンソウルを吸収しようとすると、ミラークが現れてソウルを横取りされる。
奪われたドラゴンソウルはミラークを倒した時にすべて回収できる。
ちなみに、ソルスセイムの外、スカイリムなどでもミラークは出現しドラゴンソウルを奪っていく。

巡礼者アルドウェン

キナレス信者のウッドエルフ、アルドウェンとその犬が復活したホワイトランのギルダーグリーンへと巡礼の旅をしている。
クエスト自然の祝福でダニカに樹液を渡すルートを選択すると現れるようになる。
一応ホワイトランまでたどり着くが、なぜか馬屋の前で止まってしまう。
余談だが彼女はレベル依存で強くなる上不死属性持ち。


敵性NPC


街道を走る首なし騎士

夜に首のない幽霊の騎士が走っていることがある。攻撃することも話すことも出来ない。
この騎士はスカイリム中どこにでも出るが、ハンヴィルズ・レストに向かう性質がありたどり着くと消えていなくなる。

炎ウィザードVS冷気ウィザード

深夜、各々の属性の魔法を撃ち合っている姿が目撃される。その光景は、さながら公園でロケット花火を打ち合う子供達。
雷ウィザードの場合もある。

山賊に復讐しようとして返り討ちに

山賊が出現したポイントに同時に死体が配置される。
その死体は「死者のメモ」を持っていて、読むと山賊に家を襲われ、何もかも奪われたが、
家宝の首飾りは取り返すために返り討ちにあったようである。
山賊のひとりがアミュレットor首飾りを所持。

襲撃

種族名(カジート、オーク等)のNPCが襲いかかってくる。
大抵の場合死体からスクゥーマを入手できる。スクゥーマとはスカイリムにおける麻薬のような物。持っていない場合は使用済みの可能性もある。
ちなみにこのランダムイベントに絡んだバグとして、完全透明カジートに襲撃されることがある。詳しくはこちら
同じようなNPCで、襲撃してこない薬売りも登場する(後述)。

吸血鬼の襲撃

吸血鬼がこちらに襲い掛かってくる。
夜にランダムイベントポイントに入ると発生する。
吸血鬼2人組みの場合もあれば、吸血鬼とその従者(吸血鬼ではない)の場合もある。
戦闘にならず、ただそこにいるだけの場合もある。

吸血鬼の芝居

夜、女性の悲鳴が聞こえ、声の方に駆け寄ってみると吸血鬼と女従者が襲い掛かってくる。
一度経験すれば、もう二度と騙されないであろうイベント。
このイベントと前述の「吸血鬼の襲撃」はサイドクエスト「埋葬」クリアするとハイヤルマーチでは発生しなくなる。
Dawnguardに起因するイベントは通常通り発生する。

番人の皮を被った吸血鬼

夜中に突然ステンダールの番人達が呼びかけてくるので近寄ると、その足元には番人の死体が転がっており、本性を現した吸血達が牙を剥いてくる。
「Dawnguard」を導入しメインクエストでドーンガードに所属していると夜に発生する。

死霊術師

2人の死霊術師に襲撃される。
アズラのデイドラクエストに関係するイベントとは別のもの。

ハイエナ

「ハイエナ」というNPC(動物ではない)が襲いかかってくる。
ハイエナの周囲には帝国軍とストームクロークの死体がある。つまり、死体漁りをハイエナになぞらえている。

闇の一党

「暗殺者」というNPCが襲いかかって来る。2刀流の使い手。
死体から、闇の一党の暗殺者のメモを取得可能。読むと自分への暗殺依頼が出ていることが分かる。

クエストで裏切ったNPCから依頼されているという説があったが、クエストを全くこなしていない状況でも発生する。
闇の一党クエ全クリア後も発生を確認。(所持していたメモの差出人も変わらずあの人)

吸血鬼のアサシン

DLC「Dawnguard」導入後、ドーンガード側についていると発生?
上記の暗殺者の吸血鬼版。死体から「暗殺者の令状」を取得可能。
読むとアサシンが何処のダンジョンを根城にしている吸血鬼達のリーダーから送られたか分かり、マップが更新される。お礼参りしに行くのも一興か。

山賊の仲間割れ

山賊たちが山賊長を攻撃している。
山賊長を殺すとすぐこちらに向かってくるが、その中にもうひとり山賊長がいる。
力ずくでリーダーの座を奪ったということだろうか。

山賊vsコンジュラー

山賊3人がコンジュラー1人と戦っている。レベルが上がるにつれ山賊とコンジュラーのランクは上がっていくが、多くの場合は人数に勝る山賊側が勝利する。

山賊vs吸血鬼

山賊達と吸血鬼達が戦闘している。DLC1「Dawnguard」の導入および、夜間であることが発生条件。

高慢な冒険者

街道や街中、宿屋の中などにも出現する。
種族名がそのまま名前のNPC(ノルド,レッドガード,オーク,ウッドエルフを確認)
話しかけると、「ママの乳でも飲んでろ」等と罵倒してくる。
返答で「放っておいてくれ」→会話終了、「そんな言い方はないだろう」→威圧or説得→失敗で敵対。
こちらが武器を収めると敵対解除。以降は会話失敗でも敵対しなくなる。
会話せずにいきなり攻撃して来る奴も居る

盗賊(街道)

「盗賊」というNPCが近づいて話しかけてくる。
ゴールドを支払うか、説得・威圧に成功するとそのままどこかへ行ってしまう。支払いを拒否したり、逃げようとすると襲いかかって来る。

金を払ってしまっても殺せば取り戻すことが可能。盗賊ギルドに入っていると専用選択肢あり。
  • 専用選択肢が出る奴と出ない奴がいるが、盗賊ギルドの鎧やナイチンゲールの鎧を着て、見るからに盗賊ギルド関係者であれば専用選択肢が出る。
  • ギルドに入っている場合に、殺してしまっても特にメンバーに何か言われる訳でもない。(おそらくモグリ)

賞金稼ぎ

賞金が1000ゴールド以上掛かっていると発生。
賞金稼ぎという名のNPCが近づいて話しかけてくる。
○○(首都名)ではお前に○○の懸賞金が掛かってるんだと言われる。
懸賞金を払うか金を持っていないと言うかの選択肢が出て払わないと当然襲われる。
払った場合その街の懸賞金が帳消しされる。
金を払い終えるとすぐに自分に掛かっている懸賞金が消え、賞金稼ぎを倒してもその金は戻ってこない。
賞金稼ぎ自身は山賊長と同じ装備を着ており、レベルがある程度高いとノルディック装備や付呪された武器を装備している。
懸賞金額によっては、金を払っておいて油断したところを倒して、剥ぎ取った装備を売れば元が取れる。
  • 払っても帳消しにしてくれなかった(詐欺?)という報告もある。
三人組の賞金稼ぎが問答無用で襲い掛かってくるヴァージョンもある。賞金稼ぎの死体を調べるとプレイヤーに対する討伐命令の手紙が見つかる。

ブラッド・ホーカーの襲撃

ウィンドヘルムのクエスト「東から昇る」をクリアしていると発生。
ブラッド・ホーカー団の生き残りと思われる2人組みに襲撃される。

ピットウルフを探す山賊

ピットウルフと山賊がいる。
所持品にメモがあり、エイドリルという名の山賊に、クラッグスレインの洞窟での闇闘犬に使う逃げたピットウルフを連れ戻すよう指示があった事が書かれている。
メモを読んだ後、地図に場所が追加される。

筋肉自慢の山賊(?)

普段鎧で身を固めた山賊が、戦闘に入った途端に鎧を脱いで下着だけ(男の山賊なら上半身裸)の格好になって戦うのが存在する。


動物・モンスター


野良犬との遭遇

「野良犬」という犬が歩いているので話しかけると仲間になる。
一度「飼い主の下へ帰りな」と言うとその野良犬は以降話しかけても仲間に出来なくなる。別の野良犬なら話しかければ仲間に出来る。
仲間にした野良犬は忽然と姿を消すバグがあり、そうなると犬や武装したトロールなどの動物従者を雇用できなくなる。仲間にしないことを推奨。

イヌ

街道などで敵と戦っているとどこからともなく現れる犬。上記野良犬と違い、こちらは「イヌ」という名前。
完全にこちらの助太刀をしてくれる。敵を殲滅させても、仲間にできるわけでもなく会話の選択肢等も表示されない。
ワンワン吠えたあと、どこかへ走り去っていく。

狩られた狩人

鹿の死体と狩人の死体の近くにスプリガン。

スプリガンvs狩人

狩人2人がスプリガンに襲われている。「狩られた狩人」は事後だが、こちらは現在進行形で狩られ中。プレイヤーの加勢で狩人の命を救うことが可能。

馬と山賊

馬が居てそのすぐ近くに山賊の死体がある。
馬を奪おうとして死んだのか、元々山賊の馬で山賊だけが死んだのかは不明。
この馬は盗む扱いにならず、FTにもついて来るが、降りると元居た場所(山賊の死体のあった場所)へ戻ろうとする。

モンスターと戦うスプリガン

スプリガンが何かしらのモンスター戦っている。
ハグレイブンやトロールなどパターンは様々。
スプリガンが2体の場合もある。

召喚者vs精霊

コンジュラー等魔法使い系NPCが精霊と戦っている
制御に失敗したのか、それともこれから従えようとしているのか。
召喚以外で精霊たちをフィールド上で見れる貴重な機会。

ドラゴンとの遭遇

ランダムイベント地点に立ち入るとドラゴンが飛んできて戦闘となる。
メインクエスト「ドラゴンの目覚め」を完了していなければこのイベントは起こらない。
また無作為に他のエネミー、NPCを攻撃するため、巨人や動物と戦闘していることがある。
ドラゴン出現と同一の地点に巨人が出現するバージョンもある。
かなり低確率だが、要塞内(ホワイトランやマルカルス等)にも出現する。
  • 巨人とドラゴンが戦うイベントは、ホワイトランとペイルの屋外でしか発生しない。

ドラゴンの爪痕

ドラゴンに襲撃されたと思しき現場に、ひっくり返った荷馬車と近くに数人の焼け焦げた死体が転がっている。
メインクエスト「ドラゴンの目覚め」クリア後に発生する。

囚われたオオカミ

檻に閉じ込められたオオカミが出現。
扉を開けると狩人が出現し、襲い掛かってくる。
オオカミが生き残った場合、プレイヤーには襲い掛かってこない。

無謀なマンモス狩り

4、5人の山賊がマンモスと巨人に襲い掛かっている。
無論勝てるわけもなく返り討ちにあう。まれに全滅せず数名逃げることも。
ペイルとホワイトランでのみ発生。

巨人と牛

街道を巨人と牛が一緒に歩いている。
牛は巨人に捧げられたものであり、牛を攻撃しても巨人が襲ってくるため注意。
牛を集落へと持ち帰っているのか、ペットとして一緒に旅をしているのかは不明。
下の巨人に捧げものをする村人とは別に発生。

巨人とマンモス

上のマンモス版。雪山などで、巨人2体がマンモスの両隣について、散歩をしている。

鹿を追うオオカミ

2匹のオオカミが鹿を追い回している。
地味だがれっきとしたランダムイベント。

サーベルキャットのマンモス狩り

2匹のサーベルキャットが1頭のマンモスに襲い掛かる。ホワイトランおよびペイルの野外でのみ発生する。

放浪する氷の生霊

氷の生霊が空中を漂っており、見つかると襲われる。レベル10以上かつ、ペイル、ハーフィンガル、ウィンターホールドでのみ発生する。

氷の生霊vs山賊

雪の中、氷の生霊と山賊が戦っている。レベル10以上かつ、ペイル、ハーフィンガル、ウィンターホールドでのみ発生する。

獣と戦う山賊

動物と山賊が一対一で戦っている。
押されている山賊を助けても礼などなく、刃はこっちに向けられる。

大蜘蛛

ジャイアント・フロスト・スパイダーが襲い掛かってくる。
DLC1「Dawnguard」を導入している状態でレベルが14以上なら発生する。

蜘蛛の決闘

2匹のジャイアント・フロスト・スパイダーが争っている。
DLC1「Dawnguard」を導入している状態でレベルが18以上なら発生する。

ウェアウルフの襲撃

二匹のウェアウルフが走り回っており、プレイヤーに襲い掛かってくる。
DLC1「Dawnguard」を導入し、同胞団クエスト「栄誉の証明」クリア後、夜11時から朝5時の間に発生。

人狼化

狩人がウェアウルフに変化する瞬間を目撃する。近づくと戦闘に。
DLC1「Dawnguard」を導入し、同胞団クエスト「栄誉の証明」クリア後、夜11時から朝5時の間に発生。

ウェアウルフvs吸血鬼

ウェアウルフと3人の吸血鬼が戦闘を繰り広げている。
DLC1「Dawnguard」を導入し、同胞団クエスト「栄誉の証明」クリア後、夜11時から朝5時の間に発生。

愛する者を殺めた人狼

獣性を抑えられず愛する人を殺してしまったウェアアウルフの男性が、妻の亡骸の隣で呆然としている。近づくと戦闘に。
DLC1「Dawnguard」を導入し、同胞団クエスト「栄誉の証明」クリア後、夜11時から朝5時の間に発生。


商人


怪しい薬売り

道中ドヴァキンに「良い薬が有るどうだ?」と進めてくる。
スクゥーマ、眠りの木の樹液、ムーンシュガーを購入可能。
選択次第では戦闘になり、スクゥーマ等薬、素材が多数手に入る。威圧することで商品を奪うことも可能。
胴装備は物乞いの着てるようなみすぼらしいものだが、高レベルで遭遇すると黒檀や碧水晶などの高価な腕装備を装備している。
全種族確認。

襲われる行商人

一人ないし複数の敵性NPC(山賊、吸血鬼、フォースウォーンなど)に行商人と馬が襲われている。
全員倒した場合その行商人と取引ができるようになる。(話術Perk無しの状態で稀にマンモスの牙粉等、錬金素材のレアアイテムを持っていることがある。取引上限額はかなり低い。投資も不可能)


デイドラクエスト関連


アズラへの巡礼者

ファルドラスというダンマー男性がアズラの祠へ巡礼へ行く姿が見られる。
話しかけるとアズラの祠の場所を地図に書き込んでくれる。アズラクエに進行には特にかかわりが無い様子。

死霊術師の襲撃

アズラの星を入手しているとメイリンの弟子の死霊術師に襲撃される。
黒き星でも発生を確認。

感染者の襲撃

ペライト「唯一の治療法」をクリアしていると生き残りの感染者2人組に襲撃される。
街道を歩いている旅人かなと思っていると、いきなり毒を吐かれる。
クエスト発見前に出会った場合はぺライトの祠の場所をマップに記してくれる。戦闘にはならない。

一夜の友

サングインのクエスト「思い出の夜」を終わらせていると発生。
ディープ・イン・ヒス・カップという友(自称)が話しかけてくる。
サムと主人公と共に一夜飲み明かして友達になったらしい。
主人公とサムは彼に山賊から帽子を取ってきたら10000ゴールドで買うと約束をしていたらしく、その山賊から命懸けで取ってきた後らしい。
説得をすることで一気に750ゴールドまで負けてもらえる。
払うと帽子を入手する。(全く価値はない。本当に10000Gもしくは750G払うので注意。払っても殺せば取り戻すことも可能。)
払わないと戦闘になるが、武器をしまうことで許してもらえる。以降はこちらから仕掛けない限り敵対しない。
払った金額によってその後の台詞が変わる。
このイベントは一度しか発生しない。

一口目のお誘い

ナミラ「死の体験」をクリアしていると発生。
信者のシガーと死体が現れ、「ナミラの勇者じゃないか、今からやるところだったんだ」と言い、
一口目を譲ってくれる。
なお、シガーを殺すとランダム場所に最初からある死体が残り、シガーの死体も消えない模様。
このイベントは一度しか発生しない。

ワバジャック、ワバジャック、ワバジャック、ワバジャック

シェオゴラスからワバジャックをもらうとフィールドにランダムで現れるマッドウーマンという名の信者。
ワバジャックを自分に当ててくれと主人公を追ってくる。
当てると手配されるが周りに衛兵がいなければ殺して消すことも可能。


配達人


友からの手紙

街、村、坑道など特定の場所でシャウトを使ってしばらくすると配達人が現れ、「友だち」からの手紙をくれる。
内容は「お前が××(シャウトを使った場所)でスゥームの力を披露した時、少し騒ぎになった。全員がドラゴンボーンの帰還を望んでいる訳ではないからな。 (~中略~) ○○(シャウトの石碑があるダンジョン)に目を向けるべきだ。あそこには不思議な力の源があって、開放できるのはドラゴンボーンしかいない。 よろしく頼む。  友より」と言った感じで、
その他クエストに「○○で力の源を見つける」というマーカーが追加される。
  • 手紙に示された場所をクリア(新しいシャウト拾得)するまでは、次の手紙は来ない(←3通ほど溜めたことがあるので、おそらく違う)
  • 手紙を箱などに収納すると、別の手紙とスタックしてしまい、1枚1枚の内容は確認できなくなってしまうことがある。

遺書

自分に対し友好的なNPCが死ぬと、もしもの時は自分へゴールドを残すことにしていたという内容の手紙が届く。
死因は関係なく、自分で殺した場合でも手紙は届く。
そのNPCが所属する領地の首長の名義で相続税が引かれている。

感謝の手紙

NPC同士が不仲な関係にある者をプレイヤーが殺害すると、「あいつを殺ったのは知っている、よくやった」といった内容の手紙が届く。

自分宛でない配達人

街道、街中、宿の中などで自分宛ではない配達人が現れる。
話しかけても手紙をもらうことはできないが、スリ盗る、死体から拾得するなどで手紙を読むことができる。
  • 実際には「スリ盗る」必要は無く、しゃがんで近づき、相手の持ち物を確認したら、L1/R1(LT/RT)で相手の荷物にある手紙を相手の荷物のまま読めばいい。
読むとマップが更新される。

帝国軍(ストームクローク)の配達人

帝国軍(ストームクローク)の配達人が走っている。
殺しても特に手紙などは持っていない。常に全力疾走しているため追いつくのはなかなか難しい。
ドーンスターの闇の一党の聖域内にも出現したりする。
敵対勢力の支配地域に入ると、衛兵などによって殺されてしまう。


ソルスセイム島


ネッチ狩り

狩人の一団からネッチ狩りに参加しないかと誘われる。会話が終わると狩人たちは近くのネッチ(雄か雌か子どもかはランダム)と戦闘開始を開始する。
雄のネッチの時は傍観しているとたちまち狩人たちはやられてしまう。一緒に戦って勝つと狩人たちから賞賛をうける。

ウェアベア

ソルスセイム島を歩いていると3匹のウェアベアが襲い掛かってくる。
出てきた時はまだ人間体なので、変身するまでに叩ければ楽になる。

離反者の処刑

ハクニールの浅瀬から海賊の逃げ出した海賊が戻るように言われるが、それを拒否し別の海賊に処刑される。
レベルが36以上であることと、クエスト「デスブランド」を開始していないことが条件。

強奪された強奪団

1人の強奪団が現れ、フロッセルで宝を根こそぎ奪われてしまった話を語り始める…。
フロッセルにまだ行ってない状態で発生。

氷の生霊vs略奪団

3人の略奪団が二対の氷の生霊と戦っている。レベル10以上で発生する。

獣に狙われた強奪団

2匹の動物に1人の強奪団が襲われている。

マッドマン

黒の書を読んだマッドマンが、何かを頭から追い出してほしいと言って話かけてくる。
会話を進めるか、彼の持っているメモを読む事でランダムでダンジョンにある黒の書を回収するその他クエストが発生する。
基本的に回収済みの黒の書は指定されないが、テル・ミスリンで黒の書を回収するクエストは何度でも発生する。
既に黒の書「秘められし黄昏」を入手している場合、クエスト欄に残り続ける ので注意。
会話が終了すると何故か発狂して襲い掛かってくる。従者同様、瀕死になると膝を付きプレイヤー以外から攻撃を受けなくなる属性を持っている。

浮遊魔法の実験

黒の書を読んでマッドマン化したウィザードが空飛ぶ魔法を実践した結果、不慮の事故で亡くなってしまうイベント。
前々作にも登場、同じく空飛ぶ魔法に失敗して落下死。死体からは彼のメモとランダムな杖が回収できる。
このイベントは一度しか発生しない。


その他


酒を飲んで騒ぐ三人組(陽気な人)

三人の酔っ払いが盛り上がっており「一緒に飲もう」と誘って来る。誘いを受けるとホニングブリューハチミツ酒を貰える。
既にホニングブリューハチミツ酒を持っている場合は、一番下(何故2本あるのに~)の選択肢を選ぶことで「運搬の首飾り」がもらえる。
別の場所で会っても再度貰うことが可能。会話の途中でモンスターなどから襲撃されると会話がすすまなくなる。
ブラック・ブライアのハチミツ酒を持っている場合は、こちらを飲もうと誘えるが、三人の好みではないらしく怒ってしまい会話が終了。
以降別の場所で出会っても怒って口をきいてくれない。

死にたがりのオーク

年老いて、妻も子もなく死にたがっている。
「戦いで華々しく死にたい」ので、選択肢で殺してあげようとすると戦闘になる。
しかし、死にそうになると命乞いしてくることもある。
それなりに強いので低レベルのときには無視するのが吉。
近くにはサーベルキャットなどの死体がいくつか転がっている。
このイベントは一度しか発生しない。

吸血鬼に襲われた人

「旅の途中で吸血鬼に襲われた!病気を治す薬を持っていないか?」と聞いてくる。
吸血鬼の住むダンジョンをマップに追加してくれる(ランダムか固定かは不明)。
薬を持っていない事を告げると「では治療してくれる司祭を探さなくては」と言って去っていった。
疾病退散の薬をあげると100Gの見返り・・・割りに合わない(笑)。

逃亡者と狩人

逃亡者が現れ、「この荷物を預かってくれ」と強制的にアイテム(エンチャント付の装備?)を渡される。詳しい事を聞くと怒って、殺すと脅される。
直後、狩人が現れて「こっちに誰か来なかったか?」と聞いてくる。嘘を教える、見ていない、このアイテムはお前のか?の選択肢あり。
ただし、話しかけられる前に預かった物を近くの樽などに入れ、狩人にアイテムを返すと同じアイテムが二つ存在する事になる。
狩人はアイテムを盗んだ逃亡者を追っており、先の選択でアイテムを返していた場合はお礼を貰える。
大抵の場合、逃亡者は近くの物陰で身を潜めて(しゃがんで)いて、それを見つけた狩人と戦闘になるが、
逃亡者は反撃より安全なところでしゃがむ事を優先するらしく、
見つかる→矢を数発食らう→ちょっと逃げてしゃがみこむ→見つかるの繰り返しで死ぬ事が多い。
狩人に本当の事を言ったり、アイテムを返すルートではそこでイベントが終わっており、その後で逃亡者が死んでも何も起こらない。
狩人を殺害するなどして逃亡者を生き残らせた場合でも、「何か用か?」「うーん?」といった適当なセリフを言いながら辺りを逃げ回るのみ。
稀に狩人が現れない事があるが、仕様なのかバグなのか不明。

向上心に燃える魔術師

動物の死体を蘇らせようと何か必死になっている青年が居る。
賄賂、説得、威圧等で幽鬼作成(又は死霊作成)の杖が貰える。

傭兵の仕事

傭兵が1人で街道を歩いている。
話しかけると「そこで事件が起こったらしく、自分に仕事が回ってきた」とセリフを話す。
威圧、説得、買収、で傭兵の仕事を横取りできる。
成功すると「それじゃあ任せるけど……大切な仕事だから、ちゃんと解決してくれよ?」と言い残して
マップに新しいロケーションを追記してくれる。
思わせぶりなイベントだが、クエストは発生しない。あくまでもロケーションを補完するだけ。
ちなみに、威圧に失敗すると戦闘になる。

農民

ヘルゲンから逃れたという農民夫妻と遭遇。寄付をすることができる(特に見返りはない)。
また、帝国軍に志願するダークエルフ/ストームクロークに志願するノルドの農民に遭遇することもある。

巨人に捧げものをする村人

巨人のキャンプに牛を届ける村人。会話で巨人を鎮める為に行なっている事が分かる。
後をついて行くと巨人の野営地(眠りの木の野営地で確認)に牛を置いて、出ると宿(ロリクステッドを確認)へ向かうと言い、何事も無ければ宿のドアを開けて消滅する。
また、捧げている最中に巨人が怒り出し殺される事もある。プレイヤーが巨人、マンモスを撃退すると、捧げものが成功したとき同様、特にお礼や報酬もなく宿へと向かう様子。
その後、届けられた牛と仲良く散歩する巨人の姿を各地で目撃できる。実際のところ、上記のイベントを見ていなくても発生するので、関係性は不明。

脅える女性

山賊から逃れてきたと言い、山賊の討伐を依頼してくる(見返りはなし)。
討伐対象はミストウォッチで固定で、ミストウォッチには固有のサイドクエストがあるので、そこへ誘導するための導入イベント…と言えなくも無い。
近くの町まで行くと言いながら町へ入らず、何故か農場まで走って行き、農作業を始めてしまう。

死亡したトレジャーハンター

「○○(ダンジョン、砦)に、○○(アイテム、ランダムエンチャント品?)がある」というメモを持っている。
読むとその場所へ行き、そのアイテムを入手するというミニクエストが発生する。
読む前でも読んだ後でも、メモを自分の手持ちに入れないとクエストが発生しない。

貴族

馬に乗った貴族(徒歩の場合も)とその護衛(帝国軍兵士)と遭遇する。
話しかけても邪険にあしらわれるだけ、後を付けて漁夫の利を狙うのも一興か。

狩人

狩人が狩りをしていたり、犬と話していたりする。馬に乗っていることも。2人で狩りをしている時もある。
話しかけると取引は出来るが碌なものを持っていない上に取引上限額はかなり低い。
  • 売っても品物だけ移動して金が移動しないバグがある。が、そもそも取引をあまりしないため実害はほとんどないと思われる。

オークのハンター

前項の狩人と同様だが、取引の有無にかかわらず早く立ち去らないとこちらを攻撃してくる。
2人で現れた場合、仕留めた獲物を挟んで所有権を主張し合っていて、放置すれば殺し合いになる。
獲物がトロールなどの場合は、2人とも返り討ちにあってしまうこともある。

探検好きの少年

リーチ地方で発生。2人の少年が登場し、ドゥーマーの遺跡を探検してきたから、お小遣いをくれれば教えると言ってくる。
1ゴールドを払うか説教することでマップが更新される(場所は固定かランダムか不明、ドゥーマー限定?)。
少年のうち1人とは取引が出来るが、所持金は0(お小遣いをあげると1)で、ガラクタしか持っていない。

地下室の音

DLC2「Herthfire」を導入して自作物件に地下室を作っていると、たまに家族から「地下から物音がする」と言われる。
行ってみるとスキーヴァーが5匹ほど出現している。

妻の誘拐

建てた家の周辺に山賊が一人あらわれる。死体から「身代金の要求」が取得可能で、読むと「赤のロシェル」という人物が妻を誘拐し、身代金5000ゴールドを要求していることが分かる。
指定された場所に行くと赤のロシェルと山賊2人が待っており、話しかけると身代金を払うか戦うか選ぶことができる。身代金を払った場合は少し待てば妻が帰ってくる。
戦った場合は妻のいる場所まで出向き、話しかけると目的が完了される。

コウモリ

野外を歩いていると、コウモリの大きな群れがプレイヤーを通り過ぎていく。DLC1「Dawnguard」を導入していると夜11時から朝5時の間に発生する。

日除けを求める吸血鬼

太陽の光から逃れるため、洞窟めがけて走っている吸血鬼が出現する。この吸血鬼はこちらから攻撃しなければ敵対しない。
なお、逃げ込んだ洞窟先では住人の死霊術師などと戦い始めることがある。
DLC1「Dawnguard」を導入していると発生。

添付ファイル