script設定


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

scriptsフォルダ内のスクリプトはメモ帳等で編集可能
※基本的なスクリプトと設定項目のみ説明します

+airstrike.py

空爆のスクリプト

  • /a ** or /airstrike ** で使用可能

  • SCORE_REQUIREMENT = *
airstrikeをロック解除する為に必要なスコア
0で無効
  • STREAK_REQUIREMENT = *
airstrikeを実行するのに必要なkill数
  • TEAM_COOLDOWN = **
見方もしくは自分の前回のairstrikeからのairstrike無効時間
設定時間中はairstrikeを実行できない(敵は除く)
  • REFILL_ON_AIRSTRIKE = ** # set to False if you don't want to be healed
STREAK_REQUIREMENTで設定したkill数に達した時回復するかどうか
Trueで有効Falseで無効

  • S_READY = 'Airstrike support ready! Launch with e.g. /airstrike D4'
airstrike待機中に表示されるメッセージ
変更する場合は''を忘れずに(エラー吐くよ)
  • S_NO_SCORE = 略
SCORE_REQUIREMENTを設定した場合に表示されるメッセージ
  • S_NO_STREAK = 略
設定kill数に達していない時に表示されるメッセージ

           for i in xrange(12):
               x = coord_x + randrange(64)
               y = coord_y + randrange(64)
               for j in xrange(5):
投下するグレネードの設定(上記はデフォルトの数)
  • for i in xrange(**):
何回投下するか
  • x = coord_x + randrange(**)
座標xの範囲設定
  • y = coord_x + randrange(**)
座標yの範囲設定
  • for j in xrange(**):
一度に投下するグレネードの数

           for i in xrange(30):
               x = coord_x + randrange(128)
               y = coord_y + randrange(128)
               for j in xrange(20):
128*128の範囲に20発のグレネードを30回投下する設定
この様に範囲設定した場合、画像の範囲に投下する
/a e4に実行した場合(/aは/airstrikeの短縮)
(64*64の場合は赤の範囲)

※あまりにも広範囲、大量に設定すると低スペックプレイヤーが重くなって落ちるので注意
+medkit.py

回復薬のスクリプト

  • /m or /medkit で使用可能

  • default_medkits = config.get('medkits', *)
medkitの所持数
デフォルトは1
  • medkit_heal_amount = config.get('medkit_heal_amount', **)
回復量
デフォルトは40。100でヘルス全回復
添付ファイル