50-下園辰哉

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1986年12月13日生まれ 左投左打
宮崎日大高-九州国際大−横浜/横浜DeNA(06年大社4順目〜)

熾烈な外野戦争をシュアな打撃と選球眼とイケメンさで闘う外野手

入団してしばらくは活躍機会がなかったが、09年途中田代シーレ監督が監督代行就任後に抜擢される。
10年は様々な打順、外野の守備位置を転々としつつもレギュラーとして出場し自身初の規定打席到達。
11年はOP戦で負傷し開幕1軍を逃す。中盤からはレギュラーに復帰し高出塁率をマーク
12年以降は荒波の台頭やラミレス・モーガン多村の加入や復帰、
金城の打撃好調や石川や内村、筒香といった本職が外野出ない選手の起用等、競争が激化。
代打などでの出場が増えている。

実況板では

  • 愛称はゾノ
  • 12年オフ、引退する新沼会長の後を受けDeNA2代目選手会長に就任
  • その選球眼の良さを「ゾノeye」と評するスクリプツも
  • 風貌から俊足な外野手とよく間違われる
    • それどころか走塁面でのやらかしが結構目立つ(3塁打を放った直後に牽制死など…)