3-梶谷隆幸

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

1988年8月28日生まれ 右投左打
開星高−横浜/横浜DeNA(07年3巡目〜)
入団〜13年までの背番号は「63」。13年シーズンから背番号を「3」

3年目の2009年にプロ初出場。プロ初HRも放った(が、その試合は自身のエラー絡みで9回サヨナラ負けを喫する。)
激しい二遊間競争の中で2012年、中畑新監督の目に止まりOP戦から積極起用。そのOP戦での活躍を受け開幕スタメンを果たすが、シーズンに入ると一転して大不振。
競争相手だった藤田のトレードや、石川渡辺の故障等もあり、最終的に80試合出場を果たすが、打率.179・2HR11打点5盗塁と散々な成績に。
翌2013年は序盤打撃好調もセカンドのベースカバーを忘れるチョンボや故障で2軍降格したりしていたが、
8月に打撃が開眼。7月までホームラン0だったが3ヶ月もしないうちに16本ものホームラン(打率も.346)を放つ量産ぶりで打線を引っ張った。
14年シーズンからは外野へのコンバートが予定されている

その他

  • 台頭前は入団会見時のY字バランスが1番のネタだった
  • 上記にあるようにちょっとしたミスが多く、スクリプツをハラハラさせる。
    • ポカが多いながらプレーに魅了される点で、一部では古木亡き後の新ファンタジスタとの声も