慢心、環境の違い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

正確には
「○○と△△、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い」。

何かを対比するときに使う。
コンボの一つ。


元ネタは
「巨人・上原と中日・川上、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い」
という記事らしい。

http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1156016096/

http://www.zakzak.co.jp/spo/2006_08/s2006082110.html (リンク先消滅)

ぱっとしないかつてのドラフトの目玉トリオを比較して
「那須野と一場と野間口、どうして差が付かないのか…」というパロディ書き込みが使われる時もある。




【プロ野球】巨人・上原と中日・川上、どうして差がついたのか…慢心、環境の違い
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1156016096/

1 :ザ・釣り人φ ★:2006/08/20(日) 04:34:56 ID:???0 ?2BP(366)
巨人は18日の中日戦にも1−6で敗れ、このカードなんと10連敗。
どうしてこうも差がついてしまったのか−。

象徴的なのは、この日投げ合ったエースの上原と川上だろう。
中日戦1勝3敗、防御率5.00の上原に対し、川上は巨人戦4戦
全勝で防御率2.03。近藤ヘッドコーチは「相手は川上だし、打ち
崩すのは簡単ではない。上原が踏ん張らないといけないのに5点も
取られては」とエースの“背信投球”にあきれ顔だ。

新人の時は上原の方が、川上よりも評価は高かった。
ところが、今やすっかり逆。
「これまで積み重ねてきたものの差が出てきたということでしょう」と
中日首脳陣。
ウサギとカメの例えではないが、プロ入り後、地道な努力を続けてきた
川上に対し、上原に一分の慢心もなかったとは言い切れない。

また、巨人と中日の「環境の違い」も無視できない。
巨人の選手というだけでチヤホヤされるのに対して、中日の選手は
グラウンドで結果を出してナンボ…。

上原は「今日は今季一番むかついた負けだった。いつもは相手投手
を意識しないけど、今日は(川上)憲伸だし、同級生だから、絶対に
負けたくなかった」と悔しがったが、今の実力差を再びひっくり返すの
は至難の業といえそうだ。

ニュースソース
http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060819&a=20060819-00000008-ykf-spo
関連スレ
【野球】[8/18]読売1-6中日・川上憲伸ハーラー独走14勝目、福留孝介の4安打3打点などで読売戦10連勝
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1155904525/l50
【野球】巨人・上原、またも100勝目逃す 松坂の最速記録上回れず
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1155933130/l50