北川隼行

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北川 隼行 きたがわ としゆき
1979年1月8日生まれA型
大阪府出身
大阪桐蔭高校→法政大学→川崎製鉄水島→2002年ドラフト6巡目で横浜ベイスターズ

  • 1-金城 龍彦とは中学時代の時から面識がある
  • 2004年に吉見がノーヒットノーランを達成しそうになった試合ではスタメン出場し、好守備で吉見を助ける活躍をしたが結局はそれも(ry
  • 2009年から登録名を 北川利之→北川隼行 へ変更(読みは変わらず)
  • プロ初打点は、09年6月8日ロッテ戦のプロ初HR(満塁弾)。
    これはプロ野球満塁HR通算2000号でもある。
    「横浜でプロ初HRが満塁弾は94年鈴木尚典以来2人目(TBSラジオ"エキサイトベースボール"プロ野球速報)」 2010年シーズン終了後戦力外通告を受け、引退を表明。
    横浜:退団の北川が引退の意思固める、合同トライアウト参加もオファーなく
    http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1011210002/

    広報リポート2009年5月27日
    「マムシ!」しつこく粘って、MOVE ON!
    http://www.baystars.co.jp/game/koho/?ymd=20090527
    久しぶりに相模原球場にやって来たベイスターズですが・・、
    ここ相模原はシーレックスが「ほぼ月1」で試合が開催されます。
    ということで、さほど久しぶりではない選手が数名いました。
    その中の一人、北川隼行選手。
    その「しつこい」バッティングから田代富雄監督代行から「まむし」のあだ名を授かった北川選手。
    プライベートではいかがなものか聞いてみると「まぁ、私生活の方がしつこいですね。
    『まむし』のあだ名もむしろそっちから来たくらいです」と、ある意味期待通りのアンサー。
    一軍登録された5月13日には、2点リードの9回表ツーアウトから、同点に追い付かれる致命的なエラー。
    しかしその裏、ライト前ヒットでサヨナラ勝ちのお膳立てをしました。
    その「不思議」な活躍には杉村繁打撃コーチも「汚名返上と言っても簡単じゃない。
    普通の選手じゃ、萎縮するかでなかなかヒットは打てないんだけど、さすが苦労人だね」と細い目をさらに細めます。
    昨年6月末シーレックスの試合で死球を右手に受け骨折。翌週に手術。
    その後、試合に出場することはありませんでした。
    しかし本人は「1打席目に骨折してたんですけど、その後も試合に出て4打席目にはツーベース打ったんすよ」と、
    さすが「マムシ」!!そんな、仕事もプライベートもしつこい!マムシ北川選手にはしつこく頑張ってほしいですね!
    



モルディブ行けず…横浜北川が難を逃れる
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-041228-0006.html

 今月3日に挙式した横浜北川利之内野手(25)が、間一髪で難を逃れた。
インドネシア沖大地震で津波が直撃したモルディブへ、26日帰国予定で新婚旅行を計画していた。
しかし真紀子夫人のパスポートが期限切れで失効、行き先を国内の温泉に急きょ切り替えて事なきを得た。
北川は「もし巻き込まれていたらと思うと…」と顔をこわばらせた。
年末で横須賀グラウンドが閉鎖するこの日も、鶴岡と無事トレーニング。
「こうして練習できるのも妻のおかげですからね」と話していた。

[2004/12/28/06:44 紙面から]