帳尻

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

本来は、試合が決まった後のヒットや、消化試合での固め打ちのことを言うが、
実況板では佐伯が打つヒットやホームランのこと。
基本的には「佐伯とれよ」に似たネタ用語。

帳尻合わせのごとく安打を放つことからこの言葉が広まったようだが、
今はどんな状況で打ってもこれを使われることがある。

大洋時代では高木豊が帳尻のスペシャリストとして有名
3割ジャストという打率を3回も見せてくれた