2004年9月23日

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

対巨人戦、木佐貫堀田ウルトラマンなど色んなことが起きた伝説の試合。
http://www.baystars.co.jp/realtime/?in_date=20040923
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/professional/score/2004/200409230bg.html
http://www.youtube.com/watch?v=xmG76y0Pukw



☆☆☆2004横浜実況スルッド9/23 巨人戦 part1
の放送があったこの日は、ウルトラマンファミリーが応援に駆けつける。

part2
ウルトラマン達は3分の活動限界を越え内野席で観戦。タネダンスまで披露するサービスも。
3回には佐伯タイムリーでG 0-1 YB。

part3
試合は6回、巨人が点を入れベイスターズがそれを追いこす展開。
G3-4YB。

part4
part5
8回も同様に追い越され追い抜いたが、9回になってクローザー門倉がまさかの4失点。
G10-7YBとなり勝負も決したかと思われた。
だが。

part6
巨人はライトの守備固めとして堀田を投入し、
クローザーとして木佐貫が登板する。
種田・佐伯と打ち取られ2アウト、
もう終わりかと思ったそのとき、奇跡が起きた。

河野。ライトフライかと思われたが堀田が落球、3ベース。
多村。ライトフライかと思われたが堀田が落球、タイムリー3ベース。G10-8YB。
金城。ファースト清原捕球できずやらかしライト前タイムリーH。G10-9YB。
代打・古木。職人技のズバ
相川。木佐貫失意の初球ど真ん中をサヨナラタイムリー2ベース。G10-11xYB。

G 000003034
β 001003034×

9回2アウトから相手のエラーまがい3連発で試合をひっくり返すという、
まるで漫画の様な、とんでもない勝ち方だった。


ちなみに、2005年にもウルトラマンファミリーが試合観戦に訪れ
そのときも相川サヨナラタイムリーで勝利をおさめている。
☆☆2005横浜実況 9/18 ジャイアンツ戦part6☆☆



同日の広報リポート ttp://www.baystars.co.jp/realtime/report.php?in_date=20040923

9月23日(木) 読売ジャイアンツ戦 ○横11−10巨 横浜スタジアム

 数多くの試合を経験してきたコーチ達でさえも、「こんな試合もあるんだなぁ」と
か、「今までで一番すごい試合だった」と驚くほどの展開になりました。2点リードさ
れた8回は2アウトから鈴木尚典選手と相川選手のタイムリーヒットを含む5連打で逆
転に成功。3点ビハインドの9回も2アウトから3連打と四球でランナーを貯め、最後
は再び相川選手がサヨナラとなる2塁打を放ち、二転三転のシーソーゲームに決着をつ
けました。 


 試合終了後、ヒーローインタビューを終えた相川選手がロッカールームへ戻ってくる
と、待ち構えていたチームメイトはわっと相川選手を取り囲んでハイタッチを繰り返し
ていました。いつもならそこで祝福の言葉がかけられるのですが、今日は相川選手に対
する「もっと喜べよ」という声が相次いでいました。相川選手が不思議がっていると、
佐伯選手は、「サヨナラヒットを打ったんだからベンチから駆け寄ったチームメイトの
方に近寄ってこいよ。一瞬まだ同点なのに間違えてベンチを飛び出したかと思ったよ」
と、今日のヒーローを冷やかしていました。さらには石井選手も、「亮二は2塁ベース
上で手袋を取りながらタイムをかけようとしていた。実はサヨナラだって知らなかった
んじゃないのか?!」と突っ込みを入れていました。 


 後でそのことについてこっそり話を聞いてみると、さすがはキャッチャーの相川選
手。アウトカウントや点差は完璧に把握していたようです。ただ、ランナーが1・2塁
だったので、まずは同点にしたいと思いながら打席に入ったそうです。しかも狙い通り
にコンパクトなスイングで内野手の頭を越えたので、まさか1塁ランナーまでホームイ
ンしていたとは夢にも思わなかったそうです。「今思うと『まずは同点!』と素直な気
持ちで打ったのが結果としてよかったのかも」と相川選手はすがすがしい表情で答えて
くれました。 


 9回の攻撃のすごさについては「まるで何かにとりつかれたみたいだ」という声もベ
ンチ裏から聞こえてきました。それもきっと、ライトスタンドの応援と勝つことに対す
るチーム全体の執着心の結果に違いありません。(関田)