石井裕也

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

石井 裕也 いしい ゆうや
1981年7月4日生まれ
神奈川県出身
横浜商工高等学校 →三菱重工横浜硬式野球クラブ→2004年ドラフト6巡目 中日ドラゴンズ→横浜ベイスターズ→日本ハムファイターズ
左投げ/左打ち

08年シーズン中に中日から小池正晃との1対1トレードで入団。
その年軒並み不調だった投手陣の中、一人安定した投球を見せ、
防御率2.38の好成績で一年を終える。

10年4月1日、江尻慎太郎投手との1対1トレードが成立。日本ハムへ移籍する。
http://www.baystars.co.jp/news/detail.php?id=680
横浜在籍時の背番号は44。

先天性難聴で補聴器無しではほとんど聞こえず、補聴器をつけてやっと右耳が聞こえる程度
ニックネームは「サイレントK」
マウンドでは補聴器をオフにするらしい
ベイファンらしい(?


2007年5月10日の試合で、広島の森笠にサヨナラタイムリー二塁打を打たれている。
http://nagoya.nikkansports.com/baseball/professional/dragons/p-nd-tp0-20070511-196850.html
試合終了後中日のベンチ内で、石井は捕手の谷繁に恫喝されている。
しかしこの事件は
>「耳のほとんど聞こえない自分に野球のことで本気で叱ってくれたのは谷繁が初めてだと言い、
>野球人生の中で最も印象の深い出来事の一つ」(wikipedia「石井 裕也」)
なのだそう。

09年4月13日「報道ステーション」の裕也特集でも、このときのことが取り上げられていた。
☆☆2009横浜実況スレ 4/12東京ヤクルト戦 エピローグ part2☆☆
http://www.livebays.net/bbs/test/read.cgi/live/1239561339/557-

☆☆☆横浜ベイスターズスレッドPart1540☆☆☆
http://ex24.2ch.net/test/read.cgi/base/1239609344/146

146 :代打名無し@実況は野球ch板で :2009/04/13(月) 23:17:47 ID:IH81HJLv0
>>117
中日時代サヨナラ負けを食らってベンチに帰ったらタニシゲに恫喝された。
それはプロに入って初めのことだったが、かえって嬉しかった。
それまではどこか障害者として自分にも周囲にも甘え、遠慮があったが、
初めてプロ野球選手として扱ってもらえたと思い、そこから目の色が変わった。
そのときの教訓で、ピンチになっても球を置きに行かない、腕を強く振る、
ことを心がけている。今季初登板で新しい決め球フォークを上手く投げられたので、
自信を持ってやって行きたい 




石井投手との再会 -tvk吉井祥博アナウンサーブログ
http://www3.tvk-yokohama.com/yoshii/2005/03/post_8.html

光る!スポーツ研究所|アスリートドキュメント - 名古屋テレビ【メ〜テレ】
http://www.nagoyatv.com/hikaru/athlete/050423/

| 静寂のマウンド | 現実から学ぶ道徳番組『道徳ドキュメント』| NHK
http://www.nhk.or.jp/doutoku56/detail14.html

TBS『バース・デイ』
http://www.tbs.co.jp/birth-day/onair/oa080703.html
2008.07.03 オンエア 横浜ベイスターズ再建へ トレード入団した新戦力に密着!

低迷が続く横浜ベイスターズ。その危機を救うべく、2人の新戦力が加わった。
かつて、原巨人日本一に貢献した若き右腕、真田祐貴26歳。
そして「サイレントK」の異名を持つ、石井裕也27歳である。

(中略)

そして真田が初登板を果たしたその日、横浜にもう一人の新戦力が加わった。
2004年に中日に入団後1年目から活躍するが、
投手陣の層の厚さゆえ4年目にして横浜にトレードになった石井裕也だ。

石井は先天性の感音性難聴で、生まれつき左耳がほとんど聞こえず、
右耳につけた補聴器でわずかに音を拾っている。
野球は耳が不自由な者にとって厳しいスポーツと言われているが、
石井は人並み以上の洞察力でカバーしている。
高校3年の夏、神奈川県横浜商校のエースとしてマウンドに立った石井は
5試合で37 個の三振を奪い「サイレントK」と呼ばれるようになった。

6 月21日、パリーグ首位の西武との戦いで、
横浜は移籍したばかりの石井を初のマウンドに送る。
石井の好投は劣勢だった試合の流れを大きく変え、
横浜を今シーズン初となる本拠地でのサヨナラ勝ちに導いた。

トレードという新たな現実を前向きにとらえる真田と石井。
ふたりの新戦力はベイスターズの救世主となれるのか?


さちこカフェ2008年 10月2日
http://www.baystars.co.jp/column/cafe/?c_ym=200810&ymd=20081002

さてその佐伯選手ですが、一昨日の試合前に石井裕也選手になにやら文句を言っていました。
「こいつ、新幹線で隣の席やったのに、新横浜で起こしてくれへんかったから、
俺東京まで行ってもうたんや。最低やろ(笑)!」
と半ば本気、半ば冗談で言っていました。
石井裕選手は「だって、気持ちよさそうに寝ていたから」と起こさずに新横浜で降りたそう(笑)。
「お前なんて最低やー!」なんて言いながらも、石井裕選手の出囃子を選んであげるなど面倒見のいい佐伯選手。
佐伯選手も清原選手のようにたくさんの選手に慕われるベイスターズの「兄貴」です。



石井裕 ベイ初先発勝利 師匠マサ手本にG斬リ
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/npb/news/CK2008101002000152.html