斎藤隆

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

斎藤 隆 さいとう たかし
1970年2月14日生まれ
宮城県出身
右投げ左打ち
東北高校-東北福祉大を経て1991年、当時の大洋ホエールズにドラフト1位で入団。
権藤博をして「タカシはモノが違う」と言わしめた永遠の未完の大器。

先発時代

1年目こそ未勝利と結果を残せなかったが、190cm近い長身から繰り出される150キロを超える速球とスライダーを武器にローテに食い込んでゆく。
右肘の故障で97年を丸々棒に振るが98年には13勝でカムバック賞、日本シリーズで完封勝利をあげるなどエース的存在にのし上がる。
その一方で魅入られたように甘く入ったボールで美しく一発を浴びる「花火師」としても一部で有名になる。

抑え転向

01年に就任したばかりの森監督にクローザーに任命される。
斎藤は自信がないと拒否するが、監督に「おまえと心中する覚悟だ」と言われ引き受ける事になる。
物凄いピンチを招きハラハラさせながら何故か抑えていたため「アレ様劇場」として実況板住人を一喜一憂させていた。

先発再転向

FA宣言しメジャーを希望するが年俸2億4000万+出来高の3年契約という破格の条件で横浜に残留。
丁度03年から就任した山下監督により先発の柱と期待され再度先発に戻る。
しかし股関節の故障などもあり満足な結果は残せていない。
今年で契約が切れるため、まさに現役生活を賭けた正念場にいると言える。

主なタイトル

最多奪三振投手賞:96年 
月間最優秀選手賞:96年4月 
オールスター出場:94・96・99・01年 
カムバック賞:98年

キャンプで若手野手のノックに混じり「それいげー!それいげー!」と奇声をあげていたとか。
試合後斎藤が風呂に入っていると10-佐伯貴弘がギャランドゥを歌いだすほど凄い体毛らしい。
実況板での愛称はアレ
顔文字は( ア,_ゝレ) 

なんと05年オフにメジャーリーグ挑戦を宣言。横浜を退団。ロサンゼルス・ドジャースとマイナー契約を結ぶ。
ガニエらリリーフ陣の故障などもあり、4月7日ついにメジャー昇格。
4月9日に初登板を果たし念願のメジャーリーガーとしてデビューした。
そのドジャースでは「サミー」と呼ばれているらしい。
好投が続きついにはクローザーとして完全に定着。球団新人記録を樹立しチームをプレーオフへ導く大活躍を果たす。
さらに07年も活躍は続き日本人最速の99マイル(159キロ)を叩き出し、ついにせかいのすずきさんと共にオールスターにまで選ばれてしまった。
(http://blog.major.jp/blog/editor/index.php?itemid=33
気持ちで通じる英語?を駆使し、抑えとして活躍している。


横浜時代の背番号は11。




サンスポ2006年9月30日http://www.sanspo.com/sokuho/0930sokuho035.htmlより

★斎藤23セーブ目、気合でピンチしのぐ

 4―3の九回二死二、三塁のピンチで、リトル監督がマウンドへ。「カウントが不利
になったら、歩かせるサイン(満塁策)を出すかもしれない」と言われた斎藤は、大き
な声の英語で「勝負に行きたい」と伝えたという。意味は監督や捕手のマーティンには
通じなかったが、気持ちは通じた。マーティンは「気合が感じられた。大丈夫だと確信
した」と話した。