古木克明

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

プロフィール

古木 克明 ふるき かつあき
生年月日 1980年11月10日
豊田大谷高校から98年ドラフト1位で入団。
ちなみに松坂大輔のハズレ1位

長打力と打撃センスを買われ、鳴り物入りで入団。
背番号3を貰い「プロ入り3年以内に1軍でヒットが打てなければ背番号は返上する」と宣言。
しかし伸び悩んで公約を守れず、背番号を33に変更した。

02年にようやくプロ入り初ヒットを放ってから呪縛から開放されたかのように大爆発。
3割を超える打率にわずか34試合の出場で9本塁打を量産。
その勢いのまま乗り込んだオフのインターコンチネンタルカップではキューバ戦で満塁HRを放ち大会HR王を獲得するなど大活躍。
低迷する横浜の救世主的存在として、また唯一の希望としてシーズンを終えた。

しかし向かえた03年シーズンは.208、22本塁打、37打点と低迷。
守備の酷さを露呈し失策王になってしまうなど、ベイスターズの記録的大敗の一因となった。

04年、同じ歳の村田修一にサードのポジションを奪われ、
外野に正式にコンバートされたが、レギュラーを奪えず控えに甘んじる苦しい一年となった。
05年、開幕時点でセンター多村・ライト金城が万全のため、
残ったレフトのポジションをめぐりウィット鈴木尚小池と熾烈なポジション争いの末、
小池にレギュラーを奪われる
06年、オフでのリセット発言以来、反省して練習に打ち込んだ。
多村の長期離脱もあって出番は増えるが、小池鈴木尚吉村と熾烈なポジs(ryの末、
吉村にレギュラーを奪われる。
07年、トレードで抜けた多村の穴を埋めるべく、奮闘してもらいたい所だったが・・・
2007年12月17日に、トレードでオリックスへ移籍。
移籍後は1軍での出番が少ないため北神戸に定住することが多く、2009年10月3日戦力外通告を受けた。

実況板と古木

顔文字は[`↓´]
あだ名は、最初「ナイファー」、ついで「ナイカー」、さらに「イケメンゴジラ」、あと「古木あーっと」、「古者」
それと「スター」や「大将」、あるいは一回りして単に「古木」とのみ呼ばれる。
最近は「フルーティ」と呼ぶ人もいる。

ネタ要員としての古木の歴史は長く、入団当初から格好の酒のツマミとして愛されている。

  • シーレックス時代(99〜02年中盤)
    ファンの大きな期待をよそに伸び悩んでシーレで燻っていたため、この時代の逸話(ネタ)は多い。
    羅列すると、
    • シーレックスが優勝争いしている時期に「1軍に上がりたくない」と発言。
    • 破滅的な守備によるナイスファースト事件(この事件以降「ナイファー」と呼ばれるようになる)。
    • カー子事件(この事件以降「ナイカー」と呼ばれるようになる)。
  • これらの事件を通じ、ネタ要員としての地位を確立していった。
  • ベイスターズ時代(02年終盤〜現在)
    02年終盤にネタ要員の地位返上を試みたことはあったが、現在にいたるまで地位返上に成功していない。あいかわらず逸話(ネタ)の宝庫である。
    羅列すると、
    • 02年オフのインターコンチネンタルカップ、対キューバ戦での自作自演逆転サヨナラ満塁ホームラン
      (野手の自作自演は珍しい、と評判になった)
    • 03年、「イケメンゴジラ」事件(この事件以降イケメンゴジラと呼ばれるようにな・・・らなかった)
    • 03年、22本塁打37打点。(彼のソロホームランは「カームラン」と呼ばれるようになった)
    • 03年、古木あーっと事件
    • 03年11月19日、トリビアの泉で小学校の卒業文集暴露
      「僕の夢はプロ野球選手になることです。でも大洋とロッテには入りたくありません」。
      見事「金の脳(中はメロンパン入れ)」を獲得し、古木は一躍全国的スターになった。
    • 04年、ボールが見えない事件
    • 04年、子供の日事件。
    • 05年、何が起こったんだ事件。
    • 05年、ウィンナー事件
    • 05年、古木の乱(リセットガソリンスタンド
    • 06年、古木が石井琢朗へ送った年賀状に「琢朗」ではなく「豚朗」と書かれていた。(記事
    • 07年、4/5の試合でカープのエース黒田からHRを放ち、スポーツニュースや球炎で「落とし穴」と呼ばれる。( 
    • 07年、6/11の山梨の試合で、ベンチでタバコらしきものをくゆらせている映像が映る。
    • 07年、一時シーレに降格。最終盤に再昇格を果たすも、昇格直後の試合で転倒フェンス激突のプレーを見せる。☆☆2007横浜実況スレ10/7中日戦part2☆☆

古木のネタ要員としての地位はもはや不動のものである。
彼の起用法をめぐり実況板が殺伐としたりする事もあるが、基本的には笑えるので彼の人気は絶大といえる。

『ベースボールポポロ』レビューも参考
古木インタビュー
http://www.pia.co.jp/hot_sports/hone/0613.html
http://www.nikkansports.com/shuppan/int/int-0305.html

金の脳

真・オリックス・バファローズ用語集「46-古木克明」






記事「横浜・石井2000安打へ!「+1勝」は史上2人目の快挙」
2006.01.08 更新 www.sanspo.com/baseball/top/bt200601/bt2006010807.htmlより

★「豚朗」ではありません

石井が年明け早々、プリプリしていた。年賀状の話題になった際、佐伯から届いた
「張本さんの3000本安打を抜いてください」の披露まではご機嫌だったが、
古木の話になると表情は一変。実は名前の「琢朗(たくろう)」が「豚朗(ぶたろう)」
になっていたとか。「アイツ、おれと何年の付き合いなんだ」とニガ笑いだった。


またやってしまったらしい。
琢朗主義2009年06月08日
http://takuro.aspota.jp/2009/06/post_226.html

年賀状で「豚朗」と書いてきたことは
以前、ここでも書きましたが
今年もやっちゃったもんな〜。



オリ古木が大西とトレード当事者合体トレ
http://osaka.nikkansports.com/baseball/professional/buffaloes/p-ob-tp0-20080125-311777.html

 オリックス古木克明外野手(27)と横浜大西宏明外野手(27)が24日、
神戸市の合宿所で合同自主トレを行った。2人は昨オフ、オリックスと横浜で
トレードが成立した間柄。当事者同士が一緒に練習する光景は前代未聞。実は
古木は豊田大谷、大西はPL学園でともに甲子園を沸かせた松坂世代の親友同士。
今回のトレードも球団から先に通告された大西が「オリックスの古木さんですか? 
 こちら横浜の大西です」と電話を掛けて“移籍通告”したという。

 大西「甲子園で知り合って電話するようになった。古木が1人であいさつする
のは心細いというのでついてきたんです」。

 練習の合間には、大西が同所で練習中のオリックスナインやスタッフに古木
を紹介。スカイマークのロッカーや合宿所設備なども案内した。2人の西宮と
横浜の新居は「ここがいい」とアドバイスし合ったもの。「内容は言えないけど」
と言いつつ、助言は互いのチーム内の人間関係まで及んでいるという。

 大西「バカ同士で波長が合うわ」。

 古木「お前には負ける」。

 大西「まあオリックスに来たら、お客さんの少なさにビックリすると思うで」。

 古木「いや、横浜も阪神、巨人戦以外は少ないからビックリすると思うよ」。

 当面の目標は2人が外野のレギュラーを張って交流戦で対戦し合うこと。
「お互い頑張ることが両球団のプラスになる」。“掛け合い会見”は大西が
真面目に締めた。【松井清員】

[2008年1月25日9時32分 紙面から]

横浜古木がオリックスへトレード
http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20071217-296591.html

    オリックスへのトレードが決まり球団で会見する古木(撮影・山崎哲司)

 横浜の古木克明外野手(27)のオリックス移籍が決まった。17日、
両球団から発表された。オリックス大西宏明外野手(27)との1対1トレードで、
左打ちの外野手を求めたオリックスと、外野守備の強化を求めた横浜との思惑が
一致した。この日、球団事務所にあいさつに訪れた古木は「自分を欲しいと言って
くれて、素直にうれしかった。横浜のファンには9年間、応援していだいて感謝して
います」と、移籍を前向きにとらえた。

[2007年12月17日17時36分]