牛島和彦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

牛島 和彦 うしじま かずひこ
生年月日 1961.4.13
出身地 大阪府
05年から横浜ベイスターズの指揮を取る。

苦難を乗り越えていくスレでの説明は

 ''練習では苦しむかもわかりませんけれども''、試合ではそれを生かしていい結果を出して、
ベンチでみんなニコニコ笑えるようなチームに''なっていくと思います''らしい。

2004年までは会社TBSで解説者並びに、とんねるず石橋貴明司会の番組MLB主義のコメンテーターを担当。
そのためか次期監督候補に早くから名前が挙がっていた。
ただコーチ経験も無く、外様と言う声もあったが、
その他に挙がっていた監督候補が大矢はともかくとして中畑や田淵というとほほな人選だったため彼らよりはマシ。というのが大方の意見だったようだ。

浪商時代から伝説は数多く

・浪商の総番。
・学校へは部の練習時間に女連れで登校。
・チームメイトの顔をスパイクで踏みつける。
・試合中伝令に「投げとんのは俺や。黙ってみとけと(監督に)言うとけ!」
・関東、名古屋、関西それぞれで100人切り達成した。

などなど数え上げればキリが無い。

ただ、ネット上で流布される「伝説」について本人曰く

確かにヤンチャな時期もあったけど、そこまでしとらんわ!
ネットのオレがどんどん独り歩きしとる。困ったもんや。
書いたヤツ全員集めて『そんなん違うで』って言うわけにもいかんし。
でもイメージってそう簡単に変わるもんやないやろ…」(東スポ06/3/14より)

という事で、あくまでヤンチャなだけだったと主張しているらしい。

なにはともあれ表の顔として青年監督、裏の顔として牛島組組長としての2年目の戦いが始まる。

実況板でのあだ名はジマーなど。
キメ台詞は「強制じゃないんですけどね」
顔文字は(=ローロ)
必殺技は浪商温泉 *1

2005年3月24日の「みなさんのおかげでした」食わず嫌い王に出演し、田尾安志当時楽天監督と対決。
豚の角煮が嫌いだった。
好きな食べ物に挙げられた料理は以下の3点
・チンジャオロース
・鴨南そば
・うな重

検索サイトgoogleにて「インテリヤクザ」で検索すると
ベイスターズ公式サイトの選手名鑑が検索結果のトップに来ることが話題になった。
現在ではトップはここのページになっている(正しく言うと72-牛島和彦につながる)。

フロントから慰留されたが06年最下位の責任を取り、契約を延長せず退団。
TBSの解説者に復帰する。
横浜監督時代の背番号は72。

「横浜の水、僕にぴったり合いました」
http://www.city.yokohama.jp/me/suidou/ja/press/press20050527.html

"牛島一家"
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200506/bt2005062205.html

893の会合?
http://www.nikkansports.com/ns/baseball/p-bb-tp0-051020-0019.html

【横浜】小池、ベンチスタートにも納得?
http://www.nikkansports.com/baseball/f-bb-tp0-20060826-81178.html

 右足親指に自打球を当てたため、先発から外れてこの日で4試合目の横浜小池に、
牛島監督が手荒い? 戦力調査をした。「小池、大丈夫か?」と質問すると小池は
「はい。100%問題ありません」と回答。しかし牛島監督は小池の右足を強く踏む
そぶりで痛さを調査。小池は即座に反応し右足を引いた。「その足の引き具合の速さ
は、まだ相当痛いとしか思えん」。小池は苦笑いでベンチスタートを納得していた。

[2006年8月26日21時29分]


牛島監督くみてふモード
☆☆2005横浜実況 9/18 ジャイアンツ戦part5☆☆ 54





高校生ドラフトの監督


大社ドラフトの監督