フルーティ

古木のあだ名として使われることがある。
元ネタは確か奥さんが買い物のとき領収書に
「古木様」と書いてもらおうとして「フルーティ様」と書かれた一件。