デイリースポーツ

スポーツ新聞。略称は「デイリー」など。
阪神関係の記事が特に充実している。
livebaysでも、野球情報や話題の元ネタとして登場することがよくある。

神戸新聞社の100%子会社で、2010年3月1日ごろ親会社に吸収合併される予定。
デイリースポーツは神戸新聞社発行の新聞になる。

デイリースポーツ吸収合併へ=来年3月めどに−神戸新聞
http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2009102600503


昔、桧山のユニフォームを勝手に脱がせたことがある。
タテジマ一筋16年…桧山が退団へ
http://www.daily.co.jp/tigers/2007/10/15/0000696661.shtml


関連

「怒りの撤退」

虎 グライシンガー獲り怒りの撤退も
http://www.daily.co.jp/baseball/2007/12/04/0000759220.shtml

 阪神が、ヤクルトから自由契約となったセス・グライシンガー投手(32)の争奪戦に関して、
常識外のマネーゲームに発展した場合は即刻、撤退する方針を固めたことが3日、分かった。
球団は、あくまで同投手獲得を最大のヤマ場と位置づけて交渉に入るが、
一方で昨今の外国人選手争奪の相場が高騰する現状を異常事態と判断。
球団幹部は「ファンに失笑される補強はできない」と話し“抗議の撤退”も視野に入れた。

 2年総額7億…8億…ついには10億円と、グライシンガー獲得戦を前にウワサされる相場は跳ね上がるばかりだ。

 この日、兵庫県内で取材に応じた南球団社長は、グライシンガー側と近日中に交渉に入ることを明かし
「簡単にはあきらめません」とセ界最多勝右腕獲得に意欲を見せた。
ただし「バカなマネーゲームはしませんけどね」と微妙な言葉を付け加えた。

 この発言について、球団幹部はこう解説した。
「今年の年俸が5000万円以下だった選手に、仮に2年で8億も出す球団があるなら、付き合い切れない。
どうぞ持っていってくれということ。ファンがあきれる。失笑を買うだけだ」

 先発補強が急務の阪神にとっては、グラ獲りは今オフ最大のヤマ場だ。
だが、球界のためにも、これ以上の外国人相場の高騰化に“加担”するわけにはいかないと判断した。

 あくまでグライシンガーとの正式交渉に入らないと実情は分からないが、
球団は、多少のマネーゲームは仕方ないとしても2年総額5-6億円が、
実績を加味しても、悪影響を及ぼさないギリギリ限度とみている。

 球団はグライシンガー側が2年7億円を最低ラインに置いているとの情報も得ているが、
事前調査の結果、それ以下の額でも十分に交渉可能とみている。
だが、他球団が法外な額を提示すれば一気に常識を超えた世界に突入する。
そうなれば…猛虎はきっぱり、怒りの撤退宣言を行う。



阪神、三浦から怒りの撤退!!
http://live24.2ch.net/test/read.cgi/livebase/1227408128