ダンストレーニング

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2003年にセリーグ失策王となってしまった古木
何とかするために考えられたトレーニング。
沖縄・アクターズスクールに入校し、ダンスでリズム感を養う。

この効果があったのか、
03年には20だった失策数が、翌年まさかのになった。

古木“安室ダンス”で失策減らす
http://web.archive.org/web/20050228000319/http://www.daily.co.jp/baseball/2003/11/15/104662.shtml

 横浜の古木克明外野手(23)が、早ければ来春の沖縄・宜野湾キャンプで、沖縄・
アクターズスクールに入校することが14日、明らかになった。プロ野球選手としては
超異例の“ダンストレ”でリズム感を養い、守備難の克服を目指す。

 発端は峰岸球団社長の一言だった。「守備にはリズム感が必要。エラーが多い古木
は、ダンスを習ってリズム感をつけるべき」。今季は22本塁打を放ちながら、リーグ
ワーストの20失策を犯した若き大砲に、驚きの“矯正計画”を提案した。

 これに一役買おうというのが、横浜のキャンプ地の沖縄・宜野湾市内にある沖縄・ア
クターズスクール。過去に安室奈美恵=写真=、SPEEDらを輩出するなど、歌やダ
ンスを通じて人間性を磨くことを目標とする、全国屈指のアイドル養成所だ。

 過去に、お笑い芸人が同校の短期レッスンを受けたことはあるが、野球選手の入校は
例がない。「昔からラジオ体操についていくのがやっとだった」とダンス経験のない古
木には、小、中学生対象の初心者向けレッスンが用意される予定だ。

 沖縄・宜野湾での秋季キャンプでは、守備面の強化に取り組んでいる。今季は内、外
野を兼任していたが、来季は外野一本でレギュラー獲りを狙う。それだけに「はっきり
言って踊るのは恥ずかしいけど、守備につながるのなら」と、未知なる世界に興味津々
の古木。さらなる飛躍のため、プライドを捨てて踊りまくる。(山田忠範)