スター性

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アインシュタインの相対性理論によれば、人気は常に実力に比例するはずである。
しかし現実には実力をともなわない人気者が存在するように見える。
アインシュタインはこれを否定するため、「スター性」なる係数を提唱した。
彼によればスター性とは、

スター性 = 人気 / 見た目の実力

で求められる数値であり、「見た目の実力」の低さを補正し「真の実力」の高さを示す係数であるという。

古木を例に取れば、彼の「見た目の実力」は非常に低く見えるが、現実には非常な人気者であるから、彼の「真の実力」はきわめて高い、という結論になる。

今日では「古木あーっと」事件など、彼の実力の高さには疑問符がついており、アインシュタインもこの「スター性」の導入を生涯で「最大の過ち」(biggest blunder)として後悔しているといわれる。