スクイズ

  1. 無死または一死で三塁にランナーがいるときに、バントをして三塁ランナーを本塁へ帰す作戦のこと。
  2. 近藤昭仁元監督のこと。(1993年〜1995年在任、横浜ベイスターズ初代監督)

    ランナーが三塁にいるとスクイズの指示を出すことが多かったことから
    「ササキ様に願いを」では「スクイズしないと死んじゃう病」とネタにされていた。

    このように作戦がパターン化するなど采配面に多少難があったようで、あまり人気のある監督ではなかったようである。
    しかし、監督に就任した後の横浜・ロッテは日本一に上り詰めているため
    育成面では優秀だったのではないかと言われることもある。

    2006年から巨人のヘッドコーチに就任。ノーアウトやワンアウト三塁の場面ではきっとおそらく・・・・・・
    http://www.daily.co.jp/baseball/2005/10/23/191833.shtml



2009年5月22日、西武戦で6年ぶりにスクイズが決まる。
http://www.tbs.co.jp/baseball/game/20090522LY01d.html

4回は細山田が03年8/7G戦以来チーム6年ぶりのスクイズ成功



2009年8月12日、対ヤクルト戦。4回の攻撃、ランナー2・3塁の場面で
ランナー2人を返す「ダブルスクイズ」(「ツーランスクイズ」とも言う)をしかけるも失敗(1人のみ生還)。

☆☆2009横浜実況スレ8/12東京ヤクルト戦 part1☆☆

2009年8月15日、対広島戦。8回の攻撃、ランナー2・3塁の場面で
2人のランナーを返す「2ランスクイズ」に成功する。
☆☆2009横浜実況スレ8/15広島東洋カープ戦 part2☆☆

横浜・石川、2ランスクイズで試合決めた
http://www.sanspo.com/baseball/news/090816/bse0908160504000-n1.htm

2009.8.16 05:02

 (セ・リーグ、横浜6−3広島、16回戦、横浜9勝7敗、15日、横浜)
石川が2安打3打点に1盗塁と大活躍。八回には一死二、三塁で2ランスクイズを決めた。
盗塁には「準備をしていたので一発でスタートが切れた」。
スクイズには「前節のヤクルト戦でも決めていたので落ち着いてできた」と自信満々の23歳。
「ほかの人にないものといえば自分は足。どんどん生かしていきたい」と言葉もはつらつとしていた。