ウィットのいい人伝説

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

いい人で知られる2005年の新外国人ウィットが残した数々の伝説のこと

伝説一覧
・開幕に風邪と偽り、若手に出場機会を与えた。
・一打サヨナラの場面でわざと三振をして、次の打者の多村に花を持たせる配慮をした。
・サヨナラ打を打った多村を誰よりも祝福した。←マジ
・多村の走塁ミスを目立たせないためにわざと三振した。
・観客が多い球場でHRを打つと危険だからと、初HRはがらがらの球場で。
・離島に住んでいて、NHKでしか野球を見られないおばあちゃんのためにHRを打った。
・犠牲フライを打った際に自分ではなく、ランナーの金城のおかげだと謙遜した。←マジ
・ミニキャンプ中、キャンプ地に散らばるゴミに心を痛めて毎日ゴミ拾いをしていた。
・ホームランを打ってもマスコミ人に頼んで報道ではチームメイト優先←マジ
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200505/bt2005051106.html←マジ
・ウィットは裏方の名前も覚えてよく「ハウ ユー ドゥーイング?」とか声をかけてくれる。←マジ
・食事は寿司とかすごく好き。←マジ
・下で頑張ってる南に気を使って自ら降格を申し出た。
・クルーンの為に毎日オールスターの投票ハガキを書いてるらしい。
・シーレのヒーローインタビューで通訳を務めた陽子を「You、ダイジョウブ!」と優しくねぎらう←マジ
・西口の完全試合を阻止し「空気嫁」と叩かれていた沖原をかばう
・ハリケーンで家が全壊したロマノが心配で練習どころじゃなかった。