ひとりぼっちのIT革命

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006年4月16日の対巨人戦において
絶不調の4番佐伯が第一打席で凡退したときに
客席から飛んだとされる謎の野次。

☆☆2006横浜実況スレ 4/16巨人戦 エピローグpart1☆☆ 

266 名前:ホッシー君@暗雲を振り払え! 投稿日:2006/04/16(日) 21:31:31
今帰ってきた
佐伯が最初の打席で凡退したときは
「はいはい予定道理〜」とか「しごとせんかい〜!」とか「ひとりぼっちのIT革命やっ!」
とか野次が飛んでた。でも打ったときは盛り上がったよ。
んで、豊田を追いつめてもうすこしで勝てそうになったんだけど負けたときは
「勝ちたいんじゃ!」という声がそこら中から。
あと李承?のホームラン見たら妙にキムチが食いたくなったのでいま食ってる。

この発言に対する各スクリプトの解釈

729 名前:ホッシー君@暗雲を振り払え![] 投稿日:2006/04/16(日) 23:06:15
「ひとりぼっちのIT革命」という言葉が野次であると仮定する。
という事は「IT革命」という言葉はネガティブな意味で用いられている言葉と思われる。
じゃあ「IT革命」という言葉が内包するネガティブな意味はなんだろう。
IT革命とは「情報技術の発展によって、社会や生活が変革する」ということである。
つまり社会や生活が変革する事について、何かの問題点があるという事だ。
ITI革命が進む事により問題となった事柄として、「デジタルデバイド」がある。
情報を入手したり発信したりする手段を持つ者と持たない者との間の格差の事である。
つまり佐伯はデジタルデバイドの「持たざる人」にあたる人であると発言者は考えたのだろうか。
747 名前:かんりにん@2006 ★[] 投稿日:2006/04/16(日) 23:14:46
IT革命=デジタル=0と1
つまり打率1割台のままの佐伯を揶揄した発言では

真意は発言者にしかわからない。