イングランド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イングランドにおける特色(ホームグロウン等)のまとめ。


イギリス(イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランド)、およびアイルランド国籍の選手は国内選手扱いとなる。

・選手登録(プレミアリーグ)

リーグ戦に登録できるのは25人まで。
25人のうち8人は自国育成選手を含めること。
(自国育成選手=21歳の誕生日までに最低3シーズンあるいは36ヶ月間、イングランドもしくはウェールズ
のク ラブに在籍した選手。国籍や登録時の年齢は問わない。)
21歳以下の選手は25人枠に含まない

EU外の選手は労働ビザの審査が入る。取得条件は以下の通り
1.過去2年間で代表Aマッチ(親善試合を除く公式戦)の75%以上に出場していること
2.過去2年間のFIFAランキングの平均順位が70以上の国の代表選手であること


・選手登録(チャンピョンシップ)

リーグ戦に登録できるのは25人まで。
25人のうち10人は自国育成選手を含めること。
(自国育成選手=21歳の誕生日までに最低3シーズンあるいは36ヶ月間、イングランドもしくはウェールズ
のクラブに在籍した選手。国籍や登録時の年齢は問わない。)
21歳以下の選手は25人枠に含まない
ベンチ入り選手は5人まで

EU外の選手は労働ビザの審査が入る。取得条件は以下の通り
1.過去2年間で代表Aマッチ(親善試合を除く公式戦)の75%以上に出場していること
2.過去2年間のFIFAランキングの平均順位が70以上の国の代表選手であること


このため、2部のチームでも各国の代表選手(日本なら阿部)が揃っており、レベルは高い。
そのため、カップ戦ではしばしばジャイアントキリング(下克上)が起こる。


・例外規定

労働ビザが認可される規定は以下の通り。
1.過去2年間で代表Aマッチ(親善試合を除く公式戦)の75%以上に出場していること
2.過去2年間のFIFAランキングの平均順位が70以上の国の代表選手であること
しかし、例外的に認められるケースもある。
アーセナル所属の宮市選手など、Aマッチ経験がない選手でも認められるケースもある。
また、最近A代表に召集され、レンタル移籍などで欧州ですでに活躍している選手などは認められるケースがある。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。