※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

八神嬉戲~漫遊旅談~
草野。さん考案の、八神嬉戲世界を舞台にしたまったりシミュレーションゲーム。

ゲームの導入

  • プレイヤーは新人の吟遊詩人。(性別選択可)
  • 髪型・色・装飾品・楽器などが選択できるので、オリジナルの吟遊詩人を作ろう。
  • 吟遊詩人として国の戸籍がなくなるところからスタート。
  • 各国を巡り、歴史や風景を記録しながら人々と交流していく。

  • 主人公は、出身の国も選べる。ので、旅のスタートは出身国になる。
  • 各国には案内役がついており、ちょっとスンマロチックなこともできる。『案内を頼む』とか『一人で散策』といったコマンドが出ると良いなあ。


八国歴訪紀伝を完成させよう!

各国の民話・史話・おとぎ話を集める「口碑の書」
各国の風景・絶景・情景を集める「叙景の書」を完成させる事がゲームの目的

だが、各国にミニゲームなどのやりこみ要素がたくさん詰まっている。
ふたつの書物を完成させると、八国会議が開かれ一旦エンディングを迎える。

ED後書物には「追記」の欄が現れ2週目へ。
2週目では王宮に顔パスで入れるようになったり
今まで行けなかったところに行けるようになったり
新しいミニゲームができるようになったりする。
ちなみに、「追記」欄が埋まってもゲームは続けられる。


各国を巡ろう!

道中ではランダムで先輩の吟遊詩人に会える。
先輩詩人に会えるとすべてのステータスがちょっと伸びる。セッションとかしちゃったら喜ぶ(私が)


【翠緑】 
案内役は酪農家の娘(息子)。
ミニゲームは白澤さまと風乗り。
ミニゲームの成績がいいと白澤さまから「風乗りの札」をもらえる。
風乗りの札があると、いったことのある国へ一っ飛び(ルーラみたいな)。

放牧の手伝いをしたり、遠乗りに出かけたり
八国最高といわれる食材の宝庫である翠緑の作物を堪能しよう。
ここで収穫した農作物は、他国で料理してもらえるよ!

案内役出かけて牧歌をならったり、酪農の手伝いをしながらのんびりと過ごそう。草原を風が吹き抜けていく景色は最高だ。


【桔紅】
案内役は、闘技場近くの飯屋の娘(息子)。
アクションイベント「武闘会に参加」が発生。まさかのトーナメント出場へ。
ステータスを上げれば勝ち抜くこともできる。勝ち抜けば王とも対戦できる。

ステータスを上げるために銀星さんのところへ弟子入りできる。ミニゲームでステあげてね!
銀星さんに弟子入りするためには、道中で歌をいくつか覚えておかなければならない。

闘技場には力試しに来た各国の戦士と出会える。
声をかけたり一緒にご飯を食べたりして仲良くなると、必勝法を教えてもらえるかもしれない。

案内役のお店でバイトしたり、歌を歌ったりしながらにぎやかに暮らそう。温かい人情にあふれた街並みは最高だ。


【棕茶】
案内役は装飾品工房の弟子。ミニゲームは装飾品加工。
うまくできると芸術ステが伸びる。工房の親方から合格点がもらえたら、王宮に献上しよう。
棕茶王からダメ出しがもらえるよ。(フルボイス希望)

加工したアイテムは道中でレアアイテムと交換できたり、高値で売れたりするかもしれない。
ちなみに桔紅の銀星さんのところへ持っていけば新しい技を教えてくれたりもする。
中々のレアアイテムなので、頑張って腕を磨こう。

棕茶王のダメ出しは何段階かあるのでめげずに持っていこう。
最高評価をもらえたら、棕茶王からご褒美が出るかもしれないね!
工房の案内役の子と協力して頑張ろう。

案内役と一緒に修行に励んだり、工房で職人歌を紡いだりしながら静かに暮らそう。職人の誇りに満ちた凛とした朝焼けは最高だ。


【雄黄】
案内役は通行隊商(キャラバン)の頭領の息子(娘)。
探索イベント「雄黄王のおつかい」が発生。
各国の品物を持ってくることになる。
期限は無期限だが、このイベント中は道中に斉天大聖が頻繁に現れる。
雄黄王のおつかいが終了すると、すべての買い物が2~5割引きになる。アイテム収集に便利だね!

ミニゲームはオークション。
キャラバンの頭領から依頼されてオークションに参加する。指定の金額で落とせれば、交渉ステータスが上がる。
キャラバンに参加して行商に出かけられたりもする。それに参加しないと覚えられない歌もあるようだ。

案内役と行商で荷馬車に乗って歌ったり、市場を巡ったりしながら元気に暮らそう。人脈と活気にあふれた繁華街は最高だ。


【海藍】
案内役は漁師の息子(娘)。
ミニゲームは釣り。
最初はのんびりと釣りをしているが、うっかり青龍が引っ掛かる。まさかの登場。
そこからゲームへ発展。青龍が指定した魚を釣っていく。たまに王が現れてアドバイスをくれたりする。

釣った魚は料理してもらえたりする。
レア魚を釣ったりすると案内役の好感度が上がるかも。
砂浜を探索すれば流れ着いた小瓶や貝殻などから歴史が垣間見える。
漁師の船で漁に出かけて珍しい釣りポイントを見つけたりすると面白い。

海藍王の後宮は度重なる増築によって迷路のようになっているので、
王に用事がある青龍様や官吏の皆さんといっしょに王を探そう。
海藍王は性別が変化するので、見つけるのは大変だ。

案内役と船に乗って出かけたり、漁師歌に混ざったりしながら気ままに暮らそう。
真っ青な水平線と鮮やかな熱帯雨林のコントラストは最高だ。


【蓮灰】
案内役は宮廷の針子。(衣装作る人)
ミニゲームは、曲紡ぎ(要は音ゲ)。
最高評価になると、なんと王が曲に合わせて舞ってくれる。
案内役は王に自分の衣装を着てもらうのが夢なので、ぜひその夢をかなえてあげよう。

ここでは思い切り芸術ステを上げよう。
街で即興で歌ったり演奏に飛び込んでみたり、新しい楽器が習得できるのもここの魅力。
雷を音楽にできるようになれば完璧だ。
ミニゲーム最高点の蓮灰王演舞はフルアニメーションって信じてる。

ランダム発生イベントで「蓮灰王を捕獲せよ!」っていうのがあってもいいかもしれない。秋緑さんが大活躍だ。
王脱走イベントはランダムで「蓮灰」と「桔紅」にいるときに起こる。
たまに同時に脱走したりするので、官吏さんと協力して捕まえよう。
ただし、捕まえすぎるとすねるので、たまに見逃してあげるのも大事。

案内役の針子と次の打ち合わせをしたり、街で歌の腕を磨いたりしながら楽しく暮らそう。
華やかな雷光と花火に彩られた美しい夜空は最高だ。


【深煙】
案内役は国立図書館の司書見習い。
ミニゲームは図書館の本整理。書庫に散らばっている本を時間内に揃えよう。
クリアすると重要な書物が置いてある書庫への入室が許可される。歴史を紡ぐ者にとってはたまらないだろう。

ここでは各国の民話などがたくさん手に入る。
大学へ行けば色んな学術家に巡り合えるので、片っ端から声をかけてみると良い。
たまに食堂に深煙王が現れるが、1週目ではあまり話が続かない。2週目以降はすごくいろいろ語ってくれる。

饕餮様と影ふみ遊びもできるよ!
饕餮様しか知らない書庫があったり、廉蓮さんと勉強したり。
国のいたるところに本があるので全部読んでみると面白いかもしれない

案内役と一日中図書館で過ごしたり、悠久の歴史に漂ったりしながら慎ましく暮らそう。書庫の窓から仰ぎ見る朧月は最高だ。


【蝋白】
案内役は薬屋の娘(息子)。
ミニゲームは薬の調合。うまくできるほど効能が強い。
蝋白周辺にはたくさん薬草が生えているので、いろいろ採ってきて調合してみよう。
失敗することもあるので気を付けよう。

ここでは温泉に湯治に来ている様々な国の人と出会うことができる。
温泉にゆっくりつかりながら各国の所説を聞いてみよう。面白い話が聞けるかもしれない。
周辺散策時には運が良ければ麒麟様と合える。薬草の知識を教えてもらおう。

麒麟様と仲良くなるとお茶会に招いてもらえたりもする。
蝋白特性の薬膳茶を楽しみながら虹を眺めよう。
ここで吟遊詩人:簧管に会うと、彼の夢の話が聞ける。ちょっとレア。

おそらく八国中、王と一番仲良くなれるのはここ。年齢が近いのもあっていろんな話ができそうだ。

案内役と薬を調合したり、温泉につかったり、薬膳のにおいに包まれながら和やかに暮らそう。
温かい日差しの中に溶け込む虹と人々の笑顔は最高だ。


備考

八国については以上です(`・ω・´)2週目特典とか考えても面白いよね!
案内役は自分が男だったら娘、女だったら息子です。
たくさんフラグを立てるがいい・・・でも結ばれません。
一旦さよならして、また戻った時に国内で再開するとなんかね、良いよね


名前:
コメント: