widget


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウィジェット・レイヤを任意に表示させたり隠したりするためのプラグイン。
動作させるには、どのウィンドウをウィジェットとして扱うかをまず定義づける必要あり。

動作

Widget Windows

Widget Layer プラグインで、ウィジェットとして扱うウィンドウの指定。
Window Matching の記述法に則って入力する必要。

入力例:
(name=Screenlet & type=Utility)
または
(name=screenletsd.py & type=Utility)

上の例は RYX Screenlets エンジンを使用したウィジェットを指定するもの。
ウィジェットエンジンは他にも下記のようなものがある。
  • GDesklets
  • XDesklets
  • SuperKaramba
  • Moonlight Widgets

なお、Widget Layer プラグインでウィジェットのウィンドウを指定しておくと、他のプラグインでのウィンドウの照合条件の入力の際に「 widget=1 」をウィジェットのウィンドウとして使用できる。例えばウィジェットを表示させる際に、特定のアニメーション効果を割り当てたい場合、アニメーション・プラグイン > 開く時の効果 > アニメーションの選択 で対象ウィンドウの指定を「 widget=1 」とすればよい。

End Widget Mode on Click

ウィジェット以外のウィンドウをクリックした場合、ウィジェットモードを終了させるかどうか。

一般

  • Toggle Widget Display
ウィジェット・レイヤの表示/非表示を切り替えるショートカットキーやマウスボタン、ホットスポットの設定。

外観

フェード時間

ウィジェット・レイヤを表示したり隠したりするときの、フェードインやフェードアウトの持続時間。

Background in Widget Mode

  • Background Brightness
ウィジェット・レイヤの背景の明るさ
  • Background Saturation
ウィジェット・レイヤの背景の鮮やかさ
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。