ハンドクラフト板


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンドクラフト板


  • ヒロインと同級生違うクラス。
  • 見た感じは背も高くウルフヘアの普通の男の子。
  • だが新学期の自己紹介で「自分、オトメンなんで服のリフォームからぬいぐるみ作りまで何でも出来ます!仕事あったらヨロシク!」と公言したため有名人に。
  • 手芸部に所属、乙女ちっくなセンスは抜群。
  • 普段は演劇部の衣装を頼まれたりフリマ用に帽子やビーズアクセを作っていて多忙。
  • 人形板ファッション板からも洋裁の質問を受けている。


ハンド「あ、ちょっと待って、袖口ほつれてる。じっとしてて」
女向ゲ「ありがとう」(ソーイングセット持ち歩いてるんだ)
ハンド「なんか細かい男でごめんな」
女向ゲ「ううん、感心しちゃう、みんなに頼られてるし」
ハンド「嬉しいな、小学校の時はよくからかわれたからさ、この趣味」
女向ゲ「そうなの?」
ハンド「んー、でもやっば好きな事やってたいし開き直っただけだよ、はい出来た」
女向ゲ(なんか縫ってる間、伏し目がちでドキっとしちゃった)

ちなみに普段は教室でドガっと行儀悪く足組んで編み物してます。

※オトメンとは乙女的趣味と男らしさを兼ね備えた男の子。


  • 手芸部門はすごいけど、料理は苦手とかで、女向けゲーに教えてもらってたらいいな。


昼休み、校庭のベンチにて(料理パラが高いと発生)

女向ゲ「あれ?ベンチでうなだれてるの、ハンドクラフト君?」
ハンクラ「はぁ、参ったなー」
女向ゲ「どうしたの?」
ハンクラ「昼ごはん忘れた上に、購買も弁当売り切れてたんだ」
女向ゲ「そうなんだ。じゃあ私のお昼、半分こしない?パン作りすぎちゃって」
ハンクラ「マジで?助かる!」
女向ゲ「はい、これがベーコンエピでこのパンはスコッチエッグ入り。えっとレーズンが平気ならこれがレーズンパン」
ハンクラ「すげー!どのパンも柔らかくて美味しいよ!」
女向ゲ「喜んでくれて良かったよ。最近お姉ちゃんと家で作ってるんだけど弟にもうパン飽きたーって言われちゃってね」
ハンクラ「えっー、こんな美味しいパンだったら毎日食べたい」
女向ゲ「でもハンドクラフト君、料理も得意でしょ?」
ハンクラ「いやー俺、料理はさっぱりなんだ」
女向ゲ「そうなの?」
ハンクラ「母さんが一人で何でも作ってくれるから習うタイミングなくて。でも洋裁とかも手伝えって言われた記憶ないんだよな。
いつの間にか好きになってたっていうか……。うん、まっすぐ好きになるものに動機とか理由って関係ないのかもな」
女向ゲ(なんか正面向いて言われると照れる)

ハンクラ「あのさ、俺にも料理教えて欲しいな。俺は手芸とか編み物しか教えられないけど」
女向ゲ「いいよ!」
ハンクラ「よし!二人で花嫁修行頑張ろうな!」

放課後、手芸部と料理研究部に一定回数2人で参加すると、ハンクラから
『かわいい手作りエプロン』がもらえる。


  • 優しくて良いな~。でも凄くカッコイイ部分も見えて来る。
  • 違うクラスだけど調理実習とか一緒にしたいw

  • きっとかわいいエプロンにはウサギ顔のポケットやチューリップのアップリケとか色々付いているんだろうな。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。