ミステリー板


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミステリー板

  • ミステリー板は眼鏡キャラ。頭の中で策謀を練る事を好む。
  • 知識が豊富で教えたがり。
  • 妹系タイプに弱いっぽい。



  • 探偵事務所の新米所員。22歳。
  • 任されている仕事は主に電話番と事務処理。
  • 口数少なく淡白な性格で、何を考えているのかよく分からない。
  • 趣味は旅行。何故か行く先々で事件に巻き込まれてしまう。
  • 事件に直面すると口数が増え、豊富な知識・観察力・分析力で解決していく。
  • 女向ゲーが夏休みに孤島に建つ洋館へ遊びに行くと登場。
  • 仲良くなると冬休みに一緒にスキー旅行に行ける。


ミステリー「君が僕の相棒……“助手”だったんだな」

1:「そうよ、“探偵”さん」と笑って握手する
2:「いいえ、あなたが“助手”で私が“探偵”よ」と訂正する
3:「私は“神”だ!この愚か者!!」と張り倒す

1選択で好感度大UP、2で小UP、3でフラグ消滅。
3はイベント企画板が登場しそうだw



→3選択

――ドサッ
一撃でミステリー板が昏倒。
イベント「うぉい!なんだその選択はぁ!?」
女向ゲー「あ、ダメじゃないですか。“作者”が出て来るのはルール違反ですよ?」
イベント「お前の選択も十分ルール違反だ!!」
女向ゲー「ちゃんと選択肢から選んでいるから違反じゃないです」
イベント「あーあぁ、攻略対象を普通のすかなぁ……」
女向ゲー「不都合なら叙述トリックでも使って誤魔化せばどうです?」
イベント「……やけにミステリー用語に詳しいな」
気絶しているミステリー板を指差す女向ゲー。
女向ゲー「この愚か者の受け売りよ」
イベント「だー!!とにかくコイツが目覚めたらちゃんとフォローするんだぞ!?」
女向ゲー「ふふっ、目が覚めたら“犯人”認定されるかもね」





冬到来ということで、ミステリー板の小ネタ投下。

好感度400以上必要なイベント。


冬休みに入り、女向ゲーはミステリー板に誘われてスキー旅行に出かけることにした。
レンタカーで走ること5時間、ようやく宿泊先に到着した。

女向ゲー「わあ、可愛いペンションですね」
ミステリー「喜んでもらえて良かった。スキー場から遠いのが難点だが……料理が自慢という点に期待しよう」
女向ゲー「雪も十分に積もってるし、思いっきり楽しめそうですね」
ミステリー「そうだな。……ただ天気が心配だ。今夜から吹雪になると予報で言っていた」
女向ゲー「じゃあ、今日は早めにペンションに戻るようにしましょう」
ミステリー「ああ、その方がいいだろう。……それに、君とゆっくり話せるというのも魅力的だ」
女向ゲー「もう、何言ってるんですか!」

ペンションの玄関のドアを開け、中に入っていく2人。
それが惨劇へと続く扉とは知らずに……。

続……かないw


  • だとするとペンションの名前は『シュプール』で決まりだな


  • ヒロイン「犯人はヤス!」


続かないと言ったけどミステリ小ネタ追加。
映画予告風ダイジェスト。

ホテル・旅館「自分の家のように寛いでくれたら嬉しい」
ボーンボーンボーン……
居間の柱時計が鳴り響く。
冬スポーツ「……あれ?おかしいなぁ、スノーモービルのエンジンがかからないよ」
――にゃあ
鳴きながら廊下の奥へ消える黒猫。
スキースノボ「オレ様のテクニックなら楽々下山できるぜ?吹雪なんて関係ない」
ドンドンドンッ!
激しく叩かれるドア。
グルメ外食「……私は自分の部屋にいよう。オーナー、ワインとチーズをいただけるかな?」
ガチャン!
どこかで何かが割れる音。
サバゲー「目標発見!追跡開始!」
ギシ……ギシ……
ゆっくりと近づいてくる足音。
国内旅行「嫌っ!もう、何なのよ!私はただ温泉とエステと美味しい料理を楽しみたいだけなのに!!」

震える女向ゲーを引き寄せ、ぎゅっと抱き締めるミステリー板。

ミステリー「必ず君を守る。……僕の全てをかけて」
女向ゲー「……うん」

暖炉の脇に立ち、1点を指差すミステリー板。

ミステリー「犯人は……あなただ」

設定のない板を勝手に使ってスマン。
後で設定を作る時はこれを気にしないで欲しい。


  • スピンオフ映画『雪山山荘殺人事件!ゲレンデが溶ける頃、アナタを思う私がいる』意味不明な長いタイトルと共に、脳内を駆け巡った


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。