JAVAソースからテストケースを作成するツール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



Javaソースからテストケースを作成するツール

ツールの概要

JavaソースにコメントからTestLinkのテストケース用XMLを作成するツールです。
Javaソースに以下の形式でコメントを記述すると
/*
 * @tltestcase テストケース名
 * @tlsummary テストの概要
 * @tlsteps テスト手順
 * @tlexpectedresults 期待される結果
 * @tlkeyword キーワード
 * @tlnotes キーワードの説明
 */
下記のXMLファイルを生成します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<testcases>
<testcase name="テストケース名"><summary><![CDATA[<p>テストの概要</p>]]></summary><steps><![CDATA[<p>テスト手順</p>]]></steps><expectedresults><![CDATA[<p>期待される結果</p>]]></expectedresults><keywords><keyword name="キーワード"><notes><![CDATA[<p>キーワードの説明</p>]]></notes></keyword></keywords></testcase>
</testcases>

このXMLファイルをテスト仕様->テストスイートのツリーを選択->テストケースをインポートからインポートすることによりテストケースがTestLinkに追加されます。

ツールの利用方法

  • EclipseのGUI
eclipseでプロジェクト->Javadocの生成で以下を定義して実行。
Javadocが生成される方の選択 テストケースを生成したいソース
カスタム docletを使用にチェック。
Doclet名 JavaToXml
Docletクラス・パス JavaToXmlを格納したディレクトリ
この手順で実行するとEclipseのインストールディレクトリィにtestcase.xmlというファイルができます。
  • コマンドライン
WindowsのコマンドプロンプトやUNIXのシェルから
javadoc -doclet JavaToXml -docletpath JavaToXmlを格納したディレクトリ ソース名/パッケージ名
でもできます。

Eclipseで簡単入力

1. eclipseでJavadoc用コメントの定義。
ウィンドウ->設定->Java->エディッター->テンプレートに以下を定義

名前 TestLink(任意の名前でOK)
説明 TestLinkで管理するテストケース(これも任意)
パターン (↓を入力)
/*
 * @tltestcase 
 * @tlsummary 
 * @tlsteps 
 * @tlexpectedresults 
 * @tlkeyword 
 * @tlnotes 
 */

2. コメントの追加
テスト用メソッド宣言の一行うえくらいで、Te(1で定義した名前の先頭2文字)と入力後、Ctrl+spaceキーを入力すると補完機能が動作するので、TestLink(1で定義した名前)を選択する。その後、各タグに必要な内容を追加します。

制限事項

  • 全てのタグがないと異常終了します。エラー処理まじめに作ってません^^;;
  • keywordとnotesは一つしか記述できないと思います。ここの部分はもう少し、調べてみないと複数記述できるようになるか不明です。

アーカイブ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。