C > C++ソースからテストケースを作成するツール

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


C/C++ソースからテストケースを作成するツール

ツールの概要

C/C++ソースにコメントからTestLinkのテストケース用XMLを作成するツールです。
C/C++ソースに以下の形式でコメントを記述すると
/*
 * @tltestcase テストケース名
 * @tlsummary テストの概要
 * @tlsteps テスト手順
 * @tlexpectedresults 期待される結果
 * @tlkeyword キーワード
 * @tlnotes キーワードの説明
 */
下記のXMLファイルを生成します。
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<testcases>
<testcase name="テストケース名"><summary><![CDATA[<p>テストの概要</p>]]></summary><steps><![CDATA[<p>テスト手順</p>]]></steps><expectedresults><![CDATA[<p>期待される結果</p>]]></expectedresults><keywords><keyword name="キーワード"><notes><![CDATA[<p>キーワードの説明</p>]]></notes></keyword></keywords></testcase>
</testcases>

このXMLファイルをテスト仕様->テストスイートのツリーを選択->テストケースをインポートからインポートすることによりテストケースがTestLinkに追加されます。

ツールの利用方法

コマンドラインでの使用


1. TestLink用のJavaDocタグをUnitテストのソースコードに記述してください。

2. c2xml.cppをコンパイルしてください。

 g++ c2xml.cpp -o c2xml

3. 以下のコマンドを入力してください。

 c2xml <対象となるUnitテストコードのファイル名>


Doxygenからの使用


Doxygenの設定ファイル(例えば、Doxyfile)に以下のパラメータを追加してください。

 INPUT_FILTER = c2xml


制限事項

  • 現在のバージョンでは、全てのタグがないと挙動不審になります。
  • もとのソースコードがUTF-8でないと、UTF-8のテストケースを出力してくれません。(出力ファイルを再度UTF-8に変換すれば大丈夫です。)
→次のバージョンで文字コード変換機能を追加予定
  • それもあり、空白文字の処理などもいい加減のままです。

アーカイブ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。