DLC第二弾 ハースファイア Hearthfire





建築条件

DLC導入後は元々家が買えなかったドーンスター、モーサル、ファルクリースの各要塞で、土地を買って家を建てる事ができる。
その際、従士になる必要は無いが、以下の特定クエストクリアが条件となっている。
  • ドーンスター:デイドラクエスト「目覚めの悪夢」と、その他クエスト「巨人退治」(Lv22以上で受注可能)
  • モーサル:サイドクエスト「埋葬
  • ファルクリース:その他クエスト「山賊退治
ファルクリースの土地購入条件が他2つに比べて易しめだが、これはDLC2の導入クエストになっているため。
DLC2を導入している場合、PCレベル9になるとファルクリース首長から手紙が届き、
それを読むと自宅建築の導入クエスト「(ファルクリースの首長)と話す」が開始され、首長と話すことで山賊退治を依頼される。

首長・執政から土地を購入後にそこへ行くと建設用の作業場があり、設計図で図面を選択した後建築に必要な物を集めつつ家屋を作っていく。
家は自分で選択した様々な種類の棟を建築できるほか、各家ごとに固有施設が存在する。

家は時折オオカミ、山賊、巨人、ドラゴンといった敵に襲われる。主にFTした際や家の外に出る際など、ロードを挟んだ直後に遭遇することが多い。
同居人や執政が外に出ていると戦おうとするため、ある程度強い装備を渡しておいた方が生存率が高くなる。


建築の仕方

外観

まずは土台・壁・扉・屋根などの建物の外枠を作る。設計図で「小さな家」を選択して建築すれば、とりあえずは家が建つ。
あとはそれに加えて、2階建てのメインホール、オプション施設、オプション棟を自分好みに組み合わせていく形になる。
ちなみに「小さな家」だけなら、建設用の作業場の脇の宝箱内に最初から入っている素材を無駄なく使うことで建築可能。
ただしメインホールを建築して空きベッドを確保しなければ、養子を住まわせる事が出来ないので注意。

内装

内装の作製は屋内に設置される作業台で行うか、後述の執政に依頼することで揃える。
執政に依頼する場合は外観を完成させた上で、各棟ごとに1500~3500G程度を支払う必要がある。依頼してからいくつかのクエストをこなすと揃う。
内装を依頼できるのは小さな家(玄関)、メインホール、3つのオプション棟のみ。
外に設置される家具の一部と地下室は作ってくれない ので注意。
  • 自分で作製する場合のメリット・デメリット
    • 素材さえあれば即内装が揃うため、すぐ養子を迎える事ができる。
    • 壁掛けの装飾は省く、邪魔な机は置かない、といった細かな好みに対応できる。
    • 釘・錠前などの建材を自身で作製するため、星座の付け替えや休息ボーナスを用いれば鍛冶スキルが効率的に育つ。
    • 素材集め、作製共に手間がかなりかかる。
    • 雑貨屋でまとめ買いすれば結果的に金がかかる上に、地味に重量の大きい素材が多く、集めながら冒険するのにやや不便。
  • 執政に依頼する場合のメリット・デメリット
    • 素材集めや作製の手間が一気に省ける。冒険しているうちに勝手に内装が揃ってくれる。
    • それなりに金がかかる。また、内装が全て揃うのに時間がかかる。
結論から言うと、手っ取り早く作製したいなら執政への依頼と自作を併用するのが一番だろう。

建築素材

外観・内装を 全て自分の手で 揃える場合、作製に必要な素材は概ね以下の通り。
特に鉄のインゴットは100個以上必要になるため、意識して収集しておくと作製の際多少楽になるかもしれない。
材木等の購入や内装の作製は後述の執政に金を払って依頼する事でも可能。

材木 各伐採場から20本200Gで購入可能。場主と仲良くなれば無料で自作も可能。
採石した石、粘土 近場から採掘可能。家の大枠以外にも地下室、剥製の土台等に使用。
各種インゴット 鉄のインゴットの他、少量だが金、水銀、月長石等も使用。
特に鉄のインゴットは、建設部品に加工する以外にもそのまま材料として使うなど大量に必要。
釘、鉄の金具、ヒンジ、錠前 鉄・鋼玉のインゴットから加工。家の大枠以外にも、小物の作製にも大量に必要。
ガラス、ヤギの角、麦わら 展示箱、照明、ベッド等に使用。各地の雑貨屋からまとめ買いできる。
動物の皮、革、革ひも、材料 主に装飾品に使用。ヤギの皮、オオカミの皮、サーベルキャットの牙、マッドクラブの殻等。
九大神の各種アミュレット 地下に祭壇を作る際に必要。ソリチュードのレディアント装具店に並びやすい。
その他 極大魂石、宝石等。

オプション施設

  • 小さな農園(肥沃な土×11)
    • 一度の回収で1か所から数個の素材を収穫できる。錬金スキル「緑の指」を取得しているとさらに+1多く収穫できる。
    • 栽培可能な野菜:キャベツ、ニンジン、ウリ、ジャガイモ、リーキ
    • 栽培可能な錬金素材:ブリスターワート、ジャズベイブドウ、カニスの根、出血の冠キノコ、小麦、黄色以外の山の花、グラス・ポッド、デスベル、リュウノシタ、ベニテングダケ、巨大地衣類、光るキノコ、木椅子キノコ、ジュニパーベリー、ラベンダー、モラ・タピネラ、ナミラキノコ、ベラドンナ、スギタケ、スノーベリー、沼の群生キノコ、シッスルの枝、ツンドラの綿、白かさキノコ、クリープ・クラスター
    • DLC3で追加されたソルスセイムの植生は総じて栽培できない。
  • 地下室
    • 九大神の祠全てを設置できたり、ハチミツ酒の樽で雰囲気作りができたりする。
    • 出入り口が1つでしかもロード扉。設置できるものも鍛冶屋の鋳造器具や溶鉱炉など既存のものと被る施設が多い。
    • 吸血鬼ならば棺を設置できる。また、吸血鬼・死霊術師プレイをするなら死体置き場としても使える。
    • 一定確率で地下室にスキーヴァーが出現し、伴侶や養子が不気味がるミニクエストが存在する。

オプション棟

メインホール建設後は付属する3つの棟を新たに建設できる。方角によって建設可能な棟が決められており、それぞれ3種類の中から選ぶことになる。
一度建設すると建て直しできないので、雰囲気、実用性、景観、屋上の有無などを考慮して選択しよう。
また、各棟にはメインホール(及び地下室)の設備と被る施設もあるので、その点も考慮すると無駄なく施設を配置できる。
  • 西棟
    • 寝室(テラスが付属)
      • メインホール以上の居住空間を求める人向け。これがあれば家族も大満足。
        メインホールにも自分と配偶者用のダブルベッドの他にシングルベッド×2を置けるので、2人目の養子と執政のどちらかを諦めるのであれば無くても良い。
      • 2階はテラスになり、北棟が保管室であればテラス同士が連結される。
    • 温室
      • 錬金素材や野菜等を大量に育てる事が可能になる便利な施設。庭にも同様の肥沃な土が11個設置できるが、更に18個拡張される事になる。
      • 天井や床にもにハチの巣・垂れ苔・キノコ等が配置され、ハチや蝶等の虫が温室内に現れる。
      • 展示ケースの下に生えているキノコや梁の垂れ苔はリスポーンするが、ハチの巣の中身は収納扱いのためリスポンしない(要別エリア30日経過?)
    • 付呪師の塔(見晴らし台が付属)
      • アーティファクト置き場が追加される塔。武器保管棚とマネキンも追加可能。
      • 肝心のアルケイン付呪器はメインホールにも設置できるので、建設する場合は眺望と実用性を天秤にかけよう。
  • 北棟
    • 保管室(テラスが付属)
      • 大量の保管スペースが追加される。収納面では十分すぎるほどの拡張が望めるが、逆に無駄が増える危険性もある。
      • 2階はテラスになり、東西の棟の2階がテラスであれば連結される。
    • 戦利品室
      • 最大7体のモンスターの剥製を置けるスペース。来客者の印象はバッチリ。
      • 完全に趣味としての部屋になるが、設置できる剥製の種類は意外と豊富で楽しめる。
    • 錬金術実験室(見晴らし台が付属)
      • 錬金術師用のスペースが追加される塔。多数の錬金素材も設置される。
      • 肝心の錬金器具はメインホールにも設置できるので、建設する場合は眺望と利便性を天秤にかけよう。
  • 東棟
    • 武器庫(テラスが付属)
      • 多数の展示箱と武器保管棚、そしてマネキンが設置でき、武器・防具のコレクションが展示しやすくなる。
      • 皮なめし台、砥石、作業台も追加されるので、メインホールの金床と併せて使えばロードを挟まずに鍛冶・強化ができる。
      • 2階はテラスになり、北棟が保管室であればテラス同士が連結される。
    • 台所
      • いつものお鍋の他、追加されたオーブンでここでしか作れない美味しそうなお菓子を作れる。
      • 唯一性を持つものの、料理の効果を鑑みると実用性は高くない。それでも家族持ちのための雰囲気部屋としては優れる。
    • 図書室(見晴らし台が付属)
      • 大量の本棚(300冊分以上)を追加した塔。屋上に出て綺麗な景色を楽しみながら読書するのも乙だろう。

執政

執政は一部の従者を家に連れてくる事で雇える。雇用可能な場合、家の近くで話しかけると選択肢が出る。
従者の方から執政になりたいと申し出てくることもある。雇った後は以下に示すいくつかの仕事を任せる事ができる。
  • 内装の手配
    • 金を払うことで、家の内装を揃えてくれる。依頼してからいくつかのクエストをこなすと揃う。
  • 建築資材の購入
    • 木材・建築用の石・粘土をそれぞれ購入できるようになる。
    • 各地の木材工場にわざわざ出向く必要がなくなる点は非常に便利。値段も木材工場と変わらない。
  • 馬の購入
    • 自分専用の馬が1頭厩舎に設置される。事前に厩舎を建てておく必要がある。値段は各馬屋で購入する際と変わらない。
    • 山賊や巨人の定期的な襲撃で死ぬ可能性が高い。
  • 牛・鶏の購入
    • 後述する執政に依頼することで購入可能。
    • 牛は雰囲気作りのみ。鶏は鶏の巣から鶏の卵が採取できる。鶏の卵のリスポン周期は長め。(30日周期?)
    • 山賊や巨人の定期的な襲撃で死ぬ可能性が非常に高い。せっかく購入しても直後に殺されることも。
  • 馬車の手配
    • 家の入口近辺に馬車と御者が配置される。通常の物と異なり無料で、かつ小規模な村や集落にも移動してくれる。
    • ショールストーン、ストーンヒルズ、オールドフロルダンなどアクセスがやや面倒な場所へ未発見でも直接行けるのはかなり便利。
  • 吟遊詩人の手配
    • 吟遊詩人が家の中に現れる。歌や楽器をリクエストできる。
    • 3つの家でそれぞれ違う吟遊詩人が出現する。声優が異なるので歌い方も微妙に異なる。

養子

養子はグレロッド殺害後のオナーホール孤児院から引き取ったり、ホワイトラン・ソリチュード・ウィンドヘルム・ドーンスターに追加された孤児に
「うちの子になるか?」と聞く事で二人まで迎えられる。Hearthfireの家だけでなく、各砦内に元からある家でも迎えられる。
また、養子用に贈り物アイテムが追加されており、衣服(男女別)、ダガー、木製の剣、お菓子、リンゴ、人形等が与えられる。
養子を迎えるのに最低限必要な設備は以下の通り。なお、DLC3で追加されるレイヴン・ロックの家(セヴェリン邸)は配偶者も養子も住めない。
  • Hearthfireの家(下記のいずれか)
    • メインホールと人数分の一人用ベッドと化粧棚(子供二人の場合でも共用)
    • 西棟の寝室と人数分の子供用ベッドとそれぞれの子供用の宝箱
  • Hearthfire以外の各砦の家
    • 子供部屋

  • 養子を迎えた場合のメリット
    • 癒される。養子どうしのケンカ、ウサギやスキーヴァー(!?)などのペット化、お小遣いのおねだりなどの独自イベントを見られる。
    • 養子のいる家で寝ると「父(母)性愛」(治癒の呪文や薬による回復量が25%アップ(8時間))のパワーが得られる。「十分な休息」又は「恋人の癒し」とも重複する。
    • アイテムやお小遣いをあげることで「慈悲の贈り物」(話術スキル10上昇(1時間))のパワーが得られる。物乞いに金を恵んだ時と同じ効果。
    • 専用の宝箱から養子からの贈り物を入手できる。錬金素材、インゴット、装飾品など。リスポンあり。直接くれることもある。
    • 砦ごとに異なる反応を示してくれる。例えばリフテンだと、「ブリニョルフに遊んでもらった」と喜々と話してくれる。
    • ミーコなどの従者として連れ歩ける犬を連れて行くと、ペットとして飼いたいとお願いしてくる。了承すると家に住みつく。従者にし直すことも可能で、解雇すると自宅に戻る。
  • 養子を迎えた場合のデメリット
    • 一部の家では養子のためのベッドを追加するために特定の施設が使えなくなる。例えばホワイトランの場合は、錬金術用の小部屋が子供用の寝室になる。
    • もちろん、その家で養子と共に暮らさないのであれば、そのままにしておける。ただし引越しの際の選択肢には表示されない。

私兵

Hearthfireの家をメインホールまで完成させると、その土地が属する要塞の従士に任命済みの状態であれば、
既存の壁あり要塞の自宅と同様に私兵が住みつくようになる。日中は家の周りを警備し、夜は自宅で就寝する。
山賊や巨人の襲撃の際は頼れる存在となる。また、手っ取り早く執政が欲しいなら、最適の人材である。
黒檀の鎧などイカつい装備を与えておけば家を守る重騎士のようでカッコいいが、武器以外はロードを挟むと初期装備になってしまうので注意。

家を盛り上げたい

「せっかくの我が家だから、にぎやかにしたい!」と思うプレイヤーは多いはず。
Hearthfireの家において、以下の枠を全て埋めることでかなり大所帯になるだろう。
  • 妻(夫)
  • 執政
  • 私兵(従士になると勝手に配備)
  • 養子1
  • 養子2
  • 吟遊詩人
  • 御者(馬車と共に野外配置)
  • ペット1(養子1が勝手に連れてくるもの)
  • ペット2(養子2が勝手に連れてくるもの)
  • ペット3(従者になれるもの)
  • 馬、牛、鶏×2
ここにさらに、従者、死の従徒、精霊従徒、デルフィン、エズバーン、セラーナ、メルセル、ジョンドレレ、バルバス、妻のストーカー枠(アエリン等)等を
招待すれば、ホームパーティさながらの気分を味わえる(?)。
また、これまではほとんど使い道のなかった以下のようないわゆる「雰囲気アイテム」も、家の中に配置することで味わい深くなる。
配置したいものを近くに捨てる→触れずにそのままにしてロード扉を挟む→その後戻って配置→再びロード扉を挟む 』の手順を踏むことで望みの位置に配置可能。
ただし養子やペットなどの移動時にせっかく配置したアイテムをぐちゃぐちゃにされる可能性があるので、通路付近には置かない方がいい。
  • トンボ入りの瓶、ハチ入りの瓶、ホタル入りのビン、蝶入りの瓶、モス入りの瓶
    • 見栄え・大きさ・置き易さ全てで優れる。錬金器具のそば、子供部屋、塔の屋上などいろいろな場所に合う。
    • ふたの部分を下にした方が配置しやすく、安定する。
  • アレティノ一族の家宝、バルバスのフォーク、イスグラモルのスープスプーン
    • レア食器シリーズ。メインクエストを進めているなら、雄牛の頭のローストと共に。
  • 夢中の歩み、メイリン・ヴァレンのグリモワール、ガルスの日記(暗号化)、元素の力
    • どれもサイズ大きめのユニーク本。内容はともかく、机に置いても本棚においても映える。
  • ジュニパーベリー入りのハチミツ酒、ファイアブランド・ワイン・ケース、シロディールブランデー、アッシュファイアのハチミツ酒(DLC3)、スジャンマ(DLC3)
    • 貴重な酒を飾って飲兵衛貴族気分に。立てて置くのはやや難しいが、コツを掴むと意外とできたりする。
  • 血の付いた布、頭蓋骨、グレンモリル魔女の頭、拷問具
    • 死霊術師プレイ、吸血鬼プレイのお供に。頭蓋骨はウェイワード峠、コルビョルン墓地(DLC3)にユニーク品がある。
  • スクゥーマ、空のスクゥーマボトル、レッドウォータースクゥーマ(DLC1)
    • 隠れジャンキープレイに。堂々と机上にぶちまけて置くもよし、器に入れてベッドの脇に隠しておくもよし。
  • その他
    • ディベラ像、ファルメルの右目、ペラギウスの寛骨、ドゥーマー素材など

肥沃な土を用いた便利な錬金レシピ

小さな農園や温室にある肥沃な土を用いれば、手軽に錬金素材が集まる。作成できる薬の中でも有用なものを紹介する。
  • 山の青い花+ブリスターワート
    • 体力治癒薬。がぶ飲み用大量錬金に。ブリスターワートは木椅子キノコでも代替できるが、麻痺薬に使った方がいいだろう。
    • ブリスターワートと木椅子キノコを調合すると効果が半減するのでNG。
  • クリープ・クラスター+白かさキノコorグラス・ポッド
  • 山の赤い花+巨大地衣類
    • マジカ回復薬。がぶ飲み用大量錬金に。
    • エルフイヤー・リーフを民家から回収する必要が無くなるのがポイント。
  • ペラドンナ+光るキノコ
    • 破壊上昇薬。魔法使いプレイのお供に。
  • カニスの根+木椅子キノコ+モラ・タピネラ
    • 代表的な麻痺+継続毒薬。魔術師、ファルメル、巨人などに。弓と相性がいい。
  • クリープ・クラスター+スギタケ+モラ・タピネラ
    • 錬金スキル上げ薬。肥沃な土で栽培できる組み合わせでは最も価値が高い。
    • 店売りで金策&話術スキル上げにもつながる。店売り系スキルトレーナーから訓練金を取り返す時にも使える。

注意すべきバグ・仕様

  • 作業台で内外装を作る際、 既に作成済みのものが選択肢に表示される場合が多々ある 。それを選択すると材料は減るが、(既に作成済みなので)何も追加されない。
    • 幾度か作業台をアクティベートし直すとすぐに戻ることが多いが、何度アクティベートし直しても戻らない時もある。
    • 対策としては、できるだけ一度アクティベートした際に全ての装飾を作製するか、何を作製したか覚えておくと良い。
    • それ以外にも作ったものが配置されない場合があるので内外装作製前にはセーブ推奨。
  • ペットにした犬が引っ越し先について来ず、いなくなってしまうことがある。
    • 犬を飼っている状態で引っ越しすると発生することがある。待機してもいつまでたっても犬が現れず、どこに行っても見当たらなくなる。
    • 先に犬を従者にして家族に引っ越しを提案し、家族が引っ越したのを確認してから引っ越し先の家の中で別れることで回避できる。
  • 本DLCで追加された3つの家の展示箱(ガラスケース)はアイテム欄から直接アイテムをやり取りするような収納ではなく、単に蓋が開閉するだけの箱である。
    • したがって、中に物を収める場合はアイテムを捨てた後で、それを掴んで配置する必要がある。
    • この際、一度捨てた場合その捨てた場所でアイテム位置が固定されるため、せっかく配置してもロードを挟むと捨てた場所に戻ってしまう。
    • よって、『 配置したいものを近くに捨てる→触れずにそのままにしてロード扉を挟む→その後戻って配置→再びロード扉を挟む 』の手順を踏むことで望みの位置に配置可能。
    • ただし、入れておいても中身が消失するかもしれない。(未検証)
  • 「小さな家」をメインホールのための玄関に改装する際に、一部の収納が消失し、内外装もいくつか作り直しになるので注意。
  • 建築用の木材の数は3つの家で共通の仕様となっている。すなわち、例えばファルクリースの家の建設に余った木材をペイルの家の建設に転用する、といったことが可能。

その他のバグ・仕様等

  • 建設条件であるドーンスターの巨人退治が発生しない、または発生しても対象が存在しないバグが確認されている。
  • 最初の家(小さな家)内のベッドは、建設時のプレビューモデルは高級なベッドだが、実際は藁と皮の通常ベッドが設置される。
  • ベッドで寝ても休息メッセージが表示されない事があるが、効果はある模様。(「有効な効果」で確認)
  • 屋内にむき出しで置かれた(収納に入れていない)アイテムはリスポンする場合がある。この際、屋敷に元々あったもの以外(自分で外から持ち込んだもの)は消滅するかもしれない。(未検証)
  • 温室を追加すると温室内に蝶やハチが出現するが、それらが温室の外に出現する事があるため羽音が少しうるさく感じることがあるかもしれない。
  • 温室内のハチの巣はバグで近づくと透明化して見えなくなる。中身が入っていても空でも景観は損ねないので特に気にするほどでもない。
  • NPC(主に子供)が服を着ないでうろつく場合がある。
  • 長時間プレイしていると子供が姿を消す場合がある。さらに時間が経過することで復活する。
  • マネキンの人形が動いたり、瞬間移動したり、透明になったりする。
  • 寝ている伴侶に話しかけられなくなったり、伴侶が地形にはまって延々と足踏みをし続ける事がある。
  • 執政に牛や鶏などの追加を命じる際、吟遊詩人を最後に残すと選択肢が出なくなる場合がある。鶏を一羽殺せば選択肢が復活する模様。
  • 家を襲撃してきた山賊やオオカミは家の中まで追いかけてくる。下手に逃げると従者の魔法などで家具をぐちゃぐちゃにされるので注意。
  • 山賊の死体は消えても落とした武器は残る。景観を気にするなら回収して伴侶に売ってしまうといい。
  • ミーコなどの犬をペットにしてもNPCの反応が変化しない。妻や私兵や吟遊詩人、果ては飼いたいと言い出した養子からも「バカ犬だな」と罵倒される。
  • 地下に溶鉱炉はツッコミ所だが、恐らく見えない位置に排熱・排気ダクトが外へ通じているのだろう。


各家の特徴

ドーンスター:ヘリヤーケン・ホール

  • 立地・景観
    • ペイルとホワイトランの国境、ロレイウス農園の少し北の小高い丘の上に位置する。周囲には巨人の住処が点在する。
    • 草原と雪原の境目にも当たり、どこまでも広がる原野と遠くそびゆる山々が美しいが、天候的に吹雪いていることが多い。
    • 全体マップ上ではほぼ中心に位置するため、各地へのアクセスが良好。
  • 固有施設:グラインダー
    • 小麦3つで小麦粉の袋1個作成可能。料理を楽しみたいプレイヤーには嬉しいが、実用性は低い。
  • その他特徴
    • 家の購入条件の1つである巨人退治クエストの受注がLv22以降で無いとできないため、他2つの家に比べると購入が遅くなりやすい。
    • 他2つの家と違い、唯一東棟方向に眺望が広がる。そのため西棟にテラスや塔の無い温室を設けても気にならない。
    • 他2つの家に比べると全体的に家の周りの見通しが良く、家を出た際の山賊の襲撃などの異常に対処しやすい。家畜・馬も比較的守りやすい。
    • 周囲は鹿が多数生息している。狩人プレイの拠点としては最適。
    • 寒々しい土地であるために、養子が外で長く遊べない旨の発言をする事がある。

モーサル:ウィンドスタッド邸

  • 立地・景観
    • ソリチュード方向を臨めば自然のアーチと入江が一望でき、特に晴れていれば昼間だけでなく、夜間の景観も美しい。
    • 周囲には人の住む住居が無く、怪しい廃屋とノルドの遺跡が点在。一方で植生は豊富で、デスベルや沼の群生キノコ等の錬金素材が多数収集できる。
    • 全体マップ上では北西寄りに位置し、ソリチュードを主要拠点としたプレイに向いている。
  • 固有施設:魚の養殖場
    • 魚系材料(またはスローターフィッシュの卵、イクラ)を入れることで、入れた魚と同種の魚が数日ごとに複数リスポンするようになる。
    • 肥沃土と違い一度に複数の魚(卵)を養殖出来るが、魚(卵)の種類によってリスポンの周期が異なる模様。
    • 魚のリスポンに合わせて、水面にトンボ系の材料も湧く。
  • その他特徴
    • 周囲の環境や固有施設の実用性を鑑みるに、材料の収集にかけては特筆物の物件。錬金術師プレイにはうってつけ。温室との相性もいい。
    • 外の溶鉱炉、防具強化のための通常の作業台、採石場が家のメイン玄関、ひいてはFTした際の初期位置から遠く、やや不便。
    • 目の前が沼地であるために、伴侶や養子がここを危険に思う発言をする事がある。

ファルクリース:レイクビュー邸

  • 立地・景観
    • パインウォッチの裏手、イリナルタ湖南岸に位置し、晴れ間が広がれば素晴らしい眺望が望める。
    • 他の2つの家と違い比較的南方に位置するため、雪景色とは無縁の緑豊かな景観が望める。
    • 全体マップ上ではやや南方に位置するものの、ウィンドスタッド邸ほどの偏りは無い。
  • 固有施設:養蜂場
    • 家の裏手、やや目立たない場所に蜂の巣箱が1つ設置され、ハチ・ハチの巣・ハチの巣の殻が入手できる。
    • 通常の宝箱などと同じ程度のリスポン( 同じエリアに入らずに 30日過ごす)しかしない模様。安定した材料供給源としては利用しにくい。
  • その他特徴
    • 塔やテラス付きの棟を増築するとそこからの景色は絶景…なのだが、同じく湖南に配置された死霊術師の祭壇が丸見えである。
    • ファルクリース自体墓場の街として名を知られているが、湖周辺には野生のスケルトンがうろついている。
    • 固有施設は使いにくいが、周辺は実はハチの産地で、ヘルゲン方面に歩いてゆくと晴天の昼間なら数十匹のハチを一度に捕まえられる場所がある。
    • 湖側に少し下れば、ユニーク武器「森の人の仲間」と木こりの死体がある。
    • 温暖で景観もいいためか、伴侶や養子からは上々な評判が聞ける。


その他追加要素

追加武器

追加防具

追加書籍

追加アイテム