※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

トップページ > ゲーム攻略 > キャラクター作成

最終更新日: 2007-11-01
1つのアカウントで3人までキャラクターを作成することができます。
ここで設定した各項目は一部を除き変更が効きませんので、良く考えて作りましょう。

名前

キャラクターの名前です。基本的に『ソレンティア』での行動中はこの名前が使用されます。

愛称

あだ名や通称の類です。NPCと仲良くなると、この名前で呼んでもらえることもあるかも…。

誕生日

キャラクターの誕生日です。

性別

性別によって使用できるアバター、一部のイベント等が変化します。

種族

全10種の個性的な種族です。初期パラメータや使用できるアバター、一部のイベント等に影響します。

人間 [体力3、知力3、魔力3、魅力3]

我々の世界の人間と同様。能力的には全体にバランスが取れており、なんでもそつなくこなすが、半面突出したものを持たないのが欠点とも言える。

獣人

最も数の多いレフェシアン(猫科)とキャニリアン(犬科)の二種を中心に、鳥系、爬虫類系、昆虫系など非常に多岐にわたる外見を持つ。種族によっても微妙に異なるが、基本的に戦闘系の魔法に長ける。

猫 [体力4、知力1、魔力3、魅力4]

レフェシアンと呼ばれるネコ型の獣人。
敏捷性に長け、感情型で好戦的な者が多い。

犬 [体力5、知力3、魔力2、魅力2]

キャニリアンと呼ばれるイヌ型の獣人。
剛健で国に対する忠義心が厚い。

飛行 [体力3、知力4、魔力2、魅力3]

コウモリや鳥等の飛行生物に近しい獣人。
獣人の中では戦闘力はやや低いが、知性的に優れる。

その他 [体力7、知力1、魔力2、魅力2]

猫・犬・飛行の三大種族に含まれないその他多くの種族。
爬虫類系、昆虫系などその性質はバラエティに富む。

妖精

美しい外見と高い知性を持つエルフ族と、剛健な体と高い戦闘能力を持つダークエルフ族、それに小柄で子供のような外見のドワーフ族が主流。エルフとダークエルフは1000年前の大戦を経て平和協定を結んだ過去を持つ。

エルフ [体力1、知力4、魔力3、魅力4]

美しい外見と高い知性を持つ妖精族。
高位の者は不老不死の力を得るとも言われる。

ダークエルフ [体力4、知力2、魔力3、魅力3]

剛健な体と高い戦闘能力を持つ妖精族。
総じて戦闘を好み、美や知性よりも権力や力を重視する傾向がある。

ドワーフ [体力2、知力5、魔力3、魅力2]

小柄で子供のような外見の妖精族。
争いごとは好まず、自分たちの社会を堅実に発展させ、豊かにするという事を大切にしている。

機精

フォウス・ヴェーダは、高い知性と大きな体を持つ支配階級。外見は人間に極めて近く、肉体も有機物で出来ているが、心臓はなく、代わりに魔法の力を動力源とした「核」が体の中心に埋め込まれている。顔に浮き出た刺青様の痣が特徴。
それに対しナノス・ヴェーダは、フォウスによって造られた、労働階級のヴェーダであり、見た目は人間に似ているものの完全な鋼鉄のアンドロイドである。

フォウス [体力1、知力4、魔力4、魅力3]

高い知性と大きな体を持つ、支配階級の機精。
極めて人間に近い外見の肉体は有機物で構成されている。

ナノス [体力4、知力3、魔力3、魅力2]

フォウスによって造られた、労働階級の機精。
人間に近い外見を持つものの、その肉体は無機物で出来ており、完全な鋼鉄のアンドロイドである。

所属寮

4つある寮の中から所属したい寮を選びます。

ソレンティアは全寮制の学校であり、生徒たちは4つの寮のいずれかに所属して生活することになる。
どういうわけか、それぞれの寮にはその特性に見合った性質の者が固まりがちで、そのためか各寮生同士で結束し、他の寮をライバル視する傾向がある。それを受けて、近年では寮対抗ポイントレース等も行われ、生徒たちは白熱しているようだ。

ケセド

青玉の寮。イメージカラーは青。慈悲を重んずる。物静かで柔和な者が多い。

ゲブラー

紅玉の寮。イメージカラーは赤。峻厳を旨とする。頭脳、精神、肉体共に優れた者が多い。

ティファレト

黄金の寮。イメージカラーは黄。美を重んずる。陽気で享楽的、アーティスト気質。

ネツァク

翠玉の寮。イメージカラーは緑。勝利を尊ぶ。エネルギーに溢れるがやや好戦的。

学科選択

受講できる授業の種類等に影響します。

生徒たちはその希望に従い、4種の学科から好きなものを選んで魔法を学んでいく。
各学科はさらにいくつかのコースに分かれており、それらを真面目に履修すれば自分がなりたいと望む魔法使いになることが出来る。
授業によっては他の科の生徒と一緒になることもある。

戦闘魔法科

主に肉体系・攻撃系の魔法を取得するための学科。物理攻撃・防御を強化したり、自然を操作して絶大な破壊力を生み出す魔法を学ぶ。
「体力」が上がりやすい。
支援魔法、属性魔法、変身、物理攻撃、物理防御の5つを受講できる。

魔法史研究科

古代から近代に至る長大な魔法史の研究を行い、古代魔法の習得や近代魔法の生成を行うための学科。新魔法の開発や、古の召喚魔法を学びたい者にも適している。
「知力」が上がりやすい。
支援魔法、古代魔法、近代魔法、召還魔法、精神回復の5つを受講できる。

治癒幻惑魔法科

主に治癒回復系・幻惑系の魔法を取得するための学科。魔法史研究科と同じく研究家肌の者に向くが、あちらを文系とするならこちらは理系寄り。実験が好きな者や医療を志す者が集まる。
「知力」、「魅力」がやや上がりやすい。
変身、精神回復、肉体回復、精神幻惑、肉体幻惑、物理防御の6つを受講できる。

総合魔法科

専門分野を定めずに、実践系、研究系、精神系の基礎的魔法を幅広く習得するための学科。
全てのパラメータが平均的に上がる。
変身、召還魔法、精神回復、精神幻惑、物理防御の5つを受講できる。

公開レベル

作成したキャラクターを公開する範囲を設定します。
「全てに公開」なら誰でもあなたのマイページに訪れることが出来ますが、「フレンドのみ」ならフレンド登録したユーザーに限定されます。

プロフィール

キャラクターの自己紹介などを書いてみましょう。
趣味、嗜好等を書いておけば、フレンドを作りやすくなるかもしれません。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|