大矢明彦

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大矢 明彦 おおや あきひこ


現役時代はヤクルトの正捕手。
引退後は横浜のバッテリーコーチ、96年からは2年間監督をつとめ98年優勝の土台を作った。
98年からは解説者になり横浜の選手には(とくにキャッチャー?)辛口のコメントでおなじみだが、
最近は結構誉めてくれる事も多い。

実の娘は2代目オフィシャルリポーターの大矢陽子で、実況板では「大矢パパ」「陽子パパ」など呼ばれたりしている。
普段は野球に対して真剣に取り組んでいる印象があるが、娘(陽子)のこととなると仕事を休んでまで送り迎えしてしまうほど、娘想いなパパである。
フジテレビの天気予報のくもりマークに似ているが、雪のマークはもっと似ている。


2007年から再びベイスターズの監督となる。
07年は4位。
08年には94敗の大敗を喫したものの、球団フロントから慰留され09年も続投することになった。
しかし09年、交流戦開始前の段階で借金が2桁になり
5月18日球団から「無期限の休養」を通告され、事実上解任された。
(身分は監督のまま。代行は田代富雄シーレックス監督が務める)
10年からは解説者に復帰。


ttp://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20070202-150425.html
 59歳大矢監督43歳工藤を絶賛
  横浜工藤公康投手(43)が1日、ブルペン入りし、大矢明彦監督(59)相手に
 83球を投げ込んだ。工藤は、昨年は第2クールにブルペン入りしており、キャンプ
 初日のブルペン入りは02年以来。例年にない早い仕上がりを見せ、新天地で上々の
 滑り出しを果たした。
 
  指揮官の熱意が18・44メートルの距離を超え、工藤に伝わったようだった。投球
 練習が始まると、大矢監督がマイミットを持ってブルペン入り。キャンプ初日、いきな
 り「工藤−大矢捕手」の“102歳バッテリー”が実現した。工藤が立ったままの大矢
 監督に16球を投げたところで、大矢監督がレガーズを装着。これで工藤のスイッチが
 入った。「監督が受けてくださるのを見て、力が入ってしまった。レガーズもはめられ
 て…。立ち投げぐらいと思っていたんだけど」。立ち投げが計30球に及ぶと、今度は
 工藤が「片ひざをついてもらえますか」と大矢監督を座らせた。大矢監督が1球ごと
 「はい!」と声を上げ、カーブ8球を含む計53球を投げ込んだ。
 
  26年目を迎えてもなお、緊張がベテランを襲っていた。前夜10時には床に就いた
 が、新天地最初のキャンプを前に寝つけなかったという。自らに向けられた、チーム再
 建への期待。「布団の中でいろいろ考えちゃって。練習についていけなかったらどうし
 よう…、とか」。この日の朝の散歩でも「体が緊張してる」と話していた。その体で投
 げ込んだ83球だった。
 
  初日を終え、工藤は安堵(あんど)の表情を見せた。「緊張の中で良い練習ができ
 た」。大矢監督も「初日から、座らせて投げてくれた気持ちがうれしかった。球に工藤
 の気持ちが乗り移っていた」とベテランを思いやった。生まれて始めて縦じまのユニホ
 ームに袖を通し、工藤がキャンプを開始した。【古川真弥】
 
 [2007年2月2日8時56分 紙面から]


ttp://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20070203-OHT1T00058.htm
 大矢監督リタイア…投内連係で左足首ねん挫&右足打撲 
  横浜・大矢明彦監督(59)が2日、前日(1日)の投内連係練習に加わった際、
 左足首をねん挫していたことが分かった。投手がバント処理を行い、三塁に送球する
 プレー中、クルーンの送球に体勢を崩して痛めた。その後、ブルペン捕手を務めた際に
 も高崎のワンバウンド投球を右足すねに当て、打撲も負った。
 
  「こんなの何ともないよ。ほら」と走ってみせた指揮官。43歳の工藤が182球の
 投球練習をしたのを見て「若いね」と感想を述べていただけに、自らが弱みを見せる訳
 にはいかなかった。
 
  その後、報道陣から開幕投手の話題を振られると「三浦がいくか『ハマのおじさん』
 がいくか。3月10日までには決める」と名言は避けた。工藤が「開幕投手を三浦に
 譲る」と発言したことを聞くと「遠慮してるんだろ」とポツリ。現段階では工藤が
 リードしているようだ。
 
 (2007年2月3日08時45分  スポーツ報知)