打ってくれ光線

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

三浦が試合中にベンチから味方打線に送っている光線。
援護の少なさゆえに編み出した技。


2007/07/18(水)ヒーローインタビューでの発言。

(以下インタビュー内容を一部抜粋)

さちこ「八回のあのチャンスの場面、1点が入るまで
    どんな気持ちでベンチから、見ていらっしゃいましたか」

三浦「前回と一緒で、打ってくれ光線を出してましたね、はい」

さちこ「その打ってくれ光線を感じたのか、男村田がタイムリーを放ってくれました」

三浦「そうですね、あのー、前回だいぶ貸しがあったんで。
   最近ちょっと飯も連れて行ってなかったから、頼むと。
   打ったら飯連れてくって思ってました、はい」

さちこ「その村田選手、頼むという光線を感じたのか、ナイスタイムリーでした」

村田「いやもう、前回の試合から、ひしひしと感じてたんで」

※前回・・・07/07/13(金)対ヤクルト戦、三浦は延長10回を投げ完封勝ち