「横浜は弱虫」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

横浜は弱虫」の最新版変更点

追加された行はこの色になります。

削除された行はこの色になります。

 元横浜、現中日のウッズの言葉。~
 この発言の時期、彼は[[村田>25-村田修一]]らとセ・リーグホームラン王争いをしていた。~
 ~
 [[ウッズ横浜を挑発「彼らは弱虫」(ニッカン)>http://nagoya.nikkansports.com/baseball/professional/dragons/p-nd-tp0-20071007-266560.html]]~
 //<ヤクルト1−8中日>◇6日◇神宮
 
   中日ウッズが、7日の最終戦で対戦する横浜を挑発した。本塁打王を争う横浜村田が
  36号を放って単独トップに立ったが「興味はないぜ。オレは日本一になりたいんだ」。
  この日は初回に先制適時打で今季102打点目を記録したがその後は2四球…。セ・リーグ
  トップの120四球で勝負を避けられることが多いため「投手が誰を1番恐れているか、
  わかるだろ。オレがキングだ。どうせ明日(7日)は全部四球だろ。彼らは弱虫だ」
  と言い放った。
  
  [2007年10月7日10時0分 紙面から]
 
 [[(サンスポ)>http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200710/bt2007100708.html]]
  ★ウッズ一発出ず…キング「興味ない」
   ウッズはノーアーチ。横浜・村田が36号を放ち1差をつけられた。「オレは本塁打王
  は3度獲った。だから興味がない。まだなっていない日本一になりたいんだよ。横浜戦? 
  どうせ全部四球だろ。あいつらは弱虫だからな」。7日、今季最終戦となる横浜戦(横浜)
  に臨む。
 
 ~
 その挑発に乗ったのか、7日の試合では、
 横浜側がウッズの打席であからさまな敬遠をすることはなかった。~
 [[ウッズ、ガチンコ対決敗れ無冠に(ニッカン)>http://nagoya.nikkansports.com/baseball/professional/dragons/p-nd-tp0-20071008-266969.html]]~
 その試合後には~
 [[プロ野球:セの本塁打王争い ウッズが2年連続を逃す(毎日新聞)>http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/news/20071008k0000m050094000c.html]]~
  「真のホームランキングは誰か分かっている。横浜は俺を恐れている」
 なんていう発言も飛び出している。~
 
 ~
 ~
 04年、横浜を去る前に彼は~
 ~
 [[横浜・ウッズ獲得へ 中神が争奪戦(スポニチ)>http://www.sponichi.co.jp/baseball/kiji/2004/10/04/07.html]]
  「No Money No T。一番お金を出してくれるチームに行きたい」
 と有名な言葉を残している。~
 ~
 また、07年のクライマックスシリーズがらみでは~
 [[(ニッカン)>http://nagoya.nikkansports.com/baseball/professional/dragons/p-nd-tp0-20071010-267752.html]]
  阪神藤川について「彼に投げるチャンスはない。なぜなら阪神は負ける展開になるからだ。
  先発するなら話は別だがな」
 [[ウッズが巨人挑発「50%の力で本塁打」(ニッカン)>http://www.nikkansports.com/baseball/p-bb-tp0-20071017-270862.html]]
  「東京ドームではうまく打てなくてもホームランになる。50%の力でスタンドまでいく。
  ベリースモール。どのサイド(方向)でも入る。イージーだ」
 などと挑発的な発言が報道されている。~
 もしかすると、冬の[[多村>多村仁]]のように熱くなり過ぎるところがあるのかも知れない。~
 
 ~
 ~
 ~
 ちなみに、ベイ[[広報リポート]][[07年6月16日>http://www.baystars.co.jp/newscolumn/report/?in_date=20070616]]
 のほか、ウッズが横浜の選手と会話を交わす場面は時々目撃されている。~
 また、07年8月のハマスタ新潟県中越沖地震義援チャリティオークションで、~
-
 ウッズに、ベイスターズの色紙にサインを書いてもらったものが出品されたらしい。~
 ~
 ~
 [[広報リポート]][[07年6月16日>http://www.baystars.co.jp/newscolumn/report/?in_date=20070616]]
   交流戦における長距離移動も、今回の仙台への移動でいよいよ最後となりました。
  昨日の移動のさなか、東北楽天との2連戦を終えて札幌へと向かう中日ドラゴンズナイン
  と出会いました。日頃対戦相手として球場で会うときは多少なりともピリピリとした
  緊張感が漂うものですが、昨日は旅先での偶然の出会いだったのでお互いにリラックス
  した様子で挨拶を交わしていました。タイロン・ウッズ選手は握手をしようと取り囲んだ
  ベイスターズナインから「そのサングラス、派手だけど似合ってるね」と言われて笑顔を
  見せていましたし、谷繁選手は三浦選手を見つけるなり「右手の指は大丈夫か?升永チーフ
  トレーナー、大輔にちゃんとミネラルを摂らせないとダメですよ」と冗談交じりに可愛
  がっていた後輩を気遣っていました。
-