東京都


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

105 : 非公開@個人情報保護のため : 2011/02/24(木) 18:55:35.08
都庁は創価が多いよね
集団ストーカーは与野党コラボだし



125 : 非公開@個人情報保護のため : 2011/03/11(金) 14:39:00.09
マスコミの盗聴盗撮が日本で行われているくらいだから、誰が都知事になっても集団ストーカーは続く。



523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2011/07/19(火) 09:26:56.95 ID:rfhyTg79
東京都が集団ストーカーに加担
ストーカーとよばれる行為の被害に関して警察相談が2万件を超えているという事実があります。
しかし、中には「集団ストーカー」とよばれるストーカー行為の加害者が判別できない社会現象
があります。その「集団ストーカー」行為に含まれると考えられている行為の1つに「ほのめかし」
があります。この「ほのめかし」行為はある特定の個人(ターゲット)にたいして、その人しか知
らないはずのプライバシー情報をほのめかす行為です。この被害者に対する「ほのめかし」行為を
「どのようにして個人の個人情報やプライバシー情報を入手するのか。」や「どのようにして特定
個人の居場所がわかるのか。」に注目して関連性を考えてみます。
上記Q1−3には「個人情報保護とはどういうことですか。プライバシー保護とは違うのですか。」
という質問がのっています。その回答の一部に「個人情報保護法は、個人情報取扱事業者が個人情報
の適正な取扱いのルールを遵守することにより、プライバシーを含む個人の権利利益の侵害を未然に
防止することを狙いとしています。」という内容があることを確認できます。 つまり、内閣府では
プライバシーを含む個人の権利利益の侵害を未然に防止することを目的にして、 とくに個人特定に
関わる情報を個人情報として守るべきでであるということを明示しているということです。
しかし実際には東京都が集団ストーカーに加担している実情があり、被害者は増加しているようです。


.
.
.
.
.
.
.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。