子供を尾行させる手法


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

犯人は国家ではない
○地域の愛犬家を集めて「わんわんパトロール隊」を作る・・・・その中の学会員が集団ストーカーに加担するシステム
○地域の自転車利用者を集めて「りんりんパトロール隊」を作る・・・・その中の学会員が集団ストーカーに加担するシステム
○小学生を持つ親に「こども110番」の家を依頼、または指名する・・・・・その中の学会員が、子供たちを使って集団ストーカーに加担させるシステム

管理人 2008年1月7日

644 名前:文責・名無しさん [2008/08/08(金) 18:50:32 ID:shfVudS3O]
被害者を統合失調症扱い、主犯を創価だと、嘘ぶいてる奴等消えろ。書き込むな。

主犯は、警察だボケ。その中の公安がやりたい放題なんだよ。

日本の腐敗組織、警察ちゃんが、裏金作り、公安の犯罪活動に、個人(被害者)を利用するために、
やっているのが事実だ。
実行部隊は、ポリ協力者の警察カルト連中だ。
防犯関連の連中は完全にアカだから、騙されるな。
ポリの作った、防犯ボランティア、こども110番、わんわんパトロール(犬を散歩させながら個人を監視)は、全て、
集団ストーカーに使われてんだよ。

ポリは平気で、気に入らない人物(被害者)の、犯罪デマ情報を流しまくる。
今は、携帯が普及したから、被害者の周囲全てを、協力者に出来るようになった。

公安は、被害者の仕業と見せ掛けた自作自演の犯罪を行い、
協力者(スパイ)を作る事もやっている。

思考盗聴装置は、アメリカが開発し、様々な海外の国家機関に、配っている。
もちろん、日本の公安も購入している。

警察、公安は全国の様々な組織に精通している。
いろんな組織に、公安のスパイが潜り込んでいる。

マスコミ、航空会社、鉄道会社、全て、集団ストーカー犯罪に加担する企業or連中だ。

被害者はいずれ、国家賠償請求をするしなかさそうだな。

37
名無しさんの主張[]投稿日:2009/03/12 21:14:40 ID:QVpOvMSV0
最近の集団ストーカーグループの行動パターンは暗に自分達のバックに強力な
圧力暖帯がいるということを仄めかしているように思える。
例えば中高生の集団ストーカーグループが自分達の学校を拠点に
集団ストーカーを行うとき、A地点→B地点は弐本の学校、B地点→C地点は
犯等系の学校、という風に交互に共通の仄めかしの材料を使ってリレー式に
活動してくる、
又、ある時は、A地点→B地点は普通の子供を連れた親子づれ、B地点→C地点は
知的障害者の子供を連れだった親子づれ、というパターンを交互にに共通の
仄めかしの材料を使ってリレー式に活動してくる、
又、ある時は、A地点→B地点は普通の会社員、B地点→C地点は浮浪者と
いうパターンを交互にに共通の仄めかしの材料を使ってリレー式に活動してくる、

これらの共通点はリレー式に集団ストーカー行為をしていく中で共通の仄めかしの
材料を使うところから、一連の行動を共通の組織から依頼されているという
ことを暗に仄めかしているのだと思う、
そして犯等系の学生(制服で犯等系と分かる)、知的障害者、浮浪者などの
被差別者を集団ストーカーグループに分かりやすく配置させることで、
これらを束ねる童話団体や罪日暖帯や層化の存在を仄めかしているように
思える。

39
名無しさんの主張[]投稿日:2009/03/16 23:04:20 ID:tOPDVqVA0
集団ストーカーは、ターゲットを「かごめ状態」にして集団で公然と人権侵害
行為をすることで、人権マフィア達が人絹用後法餡を通そうとしてるんじゃないでしょうか?
人権擁護法案が通れば、これらの圧力団体と利権でつながっている企業ももうかります。
企業にお金を貸している菌有機関ももうかります。
これらの関係をを考えると集団ストーカーは人権用後方餡が通ればメリットの
あるところがすべて数珠繋ぎになって参加していると考えれば結構つじつまがあってきます。

自宅の近所で活動している集団ストーカーグループの住所と名前から素性調査をしたら
なぜかすべて童話や罪日や層化の出身でした。
又、集団ストーカーグループでよく目にするのが、知恵遅れや障害者の集団をターゲット
の回りにまとわりつかせたりする嫌がらせや民族学校の制服を着た学生をまとわりつかせたり
するものがありますが、これはあきらかに人絹用語の対象になっている人たちです。
集団ストーカーの嫌がらせの手口で「仄めかし」行為や
ターゲットを複数で取り囲んで「わめき散らす」行為や「子供を使う」行為
は童話や罪日の常套手段としても有名です。

.
.
.
.
.
.
.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。