移籍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・移籍リスト

選手の所属先がその選手を戦力とみなしていない場合、移籍リストに入れられることがある。
そうなったら、ぜひスカウトを派遣しよう。
大抵、通常よりも提示額が低く設定されており、選手も今の状況に不満を持っているので
うまく利用すれば、美味しい買い物ができる。
契約交渉では多少賃金を値切っても首を縦に振ってくれる可能性が高い。
移籍リストに入った選手だからと侮るなかれ。
もしあなたが敏腕監督であれば世界でも屈指のタレントを見つけることも可能だ。
特に、強豪クラブの移籍リストの動向は逐一チェックしよう。
他クラブであればキープレイヤーとなる選手が平気で移籍リスト入りすることが多いからだ。

・ボスマン移籍

選手の残り契約期間が半年になった場合、移籍金無しで選手を取ることが出来る(移籍は半年後)。
これによりコスト無しで有力な選手を取ることも可能。特に、下部の監督をしている場合は有力な補強策。
尚、イングランドのチームに所属するボスマンプレーヤーをイングランドのチームが取る場合は半年前から
ではなく、1ヶ月前から。そのため、他所の国にとられることもしばしば・・・。
経営としてはこうなる前に契約延長をするか、その前の移籍期間に売ってしまうのが良い判断。
冬の移籍市場では、来季に向けたチーム作りとしてボスマンプレイヤーに注目することが大事である。

・期限付き移籍について

「貸す場合」

基本的にはトップチームに入れないが、有望な若手に試合経験を積ませる目的で
下部リーグのチームへ送る際に用いられる。
育成の基本的な考えとして
トップチームレギュラー>トップチーム控え>期限付き移籍レギュラー>期限付き移籍サブ≧リザーブリーグ>ユース
と考えていいだろう。
ただし、自分のチームが今作品より導入された戦術トレーニングに多くの時間を費やしている場合、考える余地がある。
これは現実の世界でも行われていることであるが、選手の個人能力は基本的に若い頃に身につくもの
であるため、戦術よりも個人技能を上げることが最優先である。
特に、ゲームの特性上、能力は24歳あたりで成長が止まるので、そこまでは個人能力にスポットを当てて
育てたいところである。とはいえ、トップチームにいながら個人技能に重点を置いてトレーニング
をすることは出来ないため、戦術トレーニングに時間を割くようなチームであればレンタルに出した方が
ましかもしれない(検証していないため、確定情報ではない)。
また、契約料が高いが戦力にならない選手や残り1年だが買い手が見つからない選手を経費削減のために
期限付き移籍で放出するのも有力な手だ。

「借りる場合」

下部リーグ成り上がりプレイなどでは重宝する期限付き移籍。特に、強豪の提携先になっている場合は
無料で選手を貸しだしてくれるのでありがたい。
また、低コストでお試しが出来るのも良い点。今後、活躍が見込めない場合は返せばいいだけだからだ。
狙い目としては残り契約期間が1年の選手。借りた後、活躍が期待出来そうならボスマンで取ってしまうのが
吉。


・買い戻し

将来の成長が微妙な選手や、他クラブで活躍させて転売をして利益を上げるなどの際に有効な手段。
使い所は自チームでは使えない、使う余裕がない時。また、移籍金は欲しいが、伸びる余地のある選手の時。
現実にはレアルマドリードのグラネロやネグレドなどが代表例。
ただし、戻ってきてくれるかは確実ではないので、多少のリスクはある。

・共同保有

その選手の保有権の半分を買い取るイタリア独自のシステム。
買い取り後にどちらのクラブでプレイするかは交渉次第。
毎年夏の移籍期間に今後の処遇を決める。
双方のクラブが非公開のオファーを出し、より高額なオファーのクラブに買い取られる。
(目安:価値の高い選手→市場価格程度、そこそこな選手→市場価格の半額、不要な選手→0提示)
片方のクラブが交渉の延長を申し入れた場合、現行の契約が1年継続される。
共同保有の期間が切れた夏はどちらかが買い取ることになる。

  • 共同保有の使い方について
相手クラブで戦力とみなされていないが、あまり安売りされていない選手などを共同保有で購入。
その後、夏のオファーで相手が0提示、あるいは半額提示をしてくる時に1円でも1€でもいいから
上のオファーを出す。
そうすると、本来の購入額よりも大幅に安く選手が買えることもある。
他に、期待の若手を早めに買い取っておいて、価値が上がったところで売るなどの使用方法がある。
利点として、レンタルとは違い、第三者からオファーがあった時はちゃんと移籍金がもらえる。
とにかく、商売上手に立ち回れるかが問われるシステムとなっている。

・スターティングメンバーの保証

競合相手が強豪でうちみたいな弱小に来てくれないよ!という場合。望みはある。
選手の中には強豪でレギュラー争いするより弱小でも常時試合に出るほうがいいという選手もいるのだ。
よって、キープレイヤー契約を提示するなどしてスタメンを約束してあげよう。
そうすれば格上クラブとの競合において大きなアドバンテージとなるはず!

・ライバルチームから選手を買う場合

基本的にライバルチームの選手は自分へのチームには来てくれない。
仮に来てくれたとしても、サポーターからブーイングを浴びることもしばしば・・・。

・ライバルチームに選手を売る場合

買う時と違い、こちらはこちらのさじ加減次第。
当然有力な選手をライバルに売ってしまった場合サポーターは烈火のごとく怒るわけで・・・。
ただし、能力が下り坂な選手や能力が低い選手などは弱体化させたということでサポーターに
喜ばれることも。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。