概論


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・怪我の予防
試合での怪我は相手との関係にもよる。
相手がゴリゴリ削ってくるチームやリーグなのに怪我のしやすいガリガリ君を使っていたら監督が悪い。
試合中負傷したらアシマネの助言を確認しよう。そのままプレイ出来るか、交代し方がいいかアドバイス
をくれる、それを参考に対応しよう。
尚、練習での怪我は対策によって確実に減らすことが可能。以下参照。

・トレーニングの負荷
体力とエアロビクストレーニングの負荷は怪我に大きく関わってくる。
シーズンオフは体力作りとしてこれらの負荷を大きくし、シーズンが始まったら負荷を下げよう。
特に、ユースや若手はこれらの負荷を上げ過ぎると見事に才能を散らしていくのでやめてあげよう。

・コーチの質と人数
質と人数をよく考えて編成しよう。
質は☆の10段階評価となっており、複数の練習に関わるほど下がる。
そのため、コーチ人数を豊富に雇える場合、各練習に一人専門家を置くと良いだろう。
人数はコーチの負荷に関わってくる。
コーチの負荷が重いようだと、選手全員を見きれていない状態と思っていい。
また、怪我に関してはアシスタント、ゼネラルコーチの管理能力が高ければ怪我の頻度が減少し
フィジカルコーチの理学療法が高ければ怪我の回復が早まる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。