選手編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現有戦力の見直し
所属するリーグやクラブの規模にも拠るため一概には言えないが、基本指針は以下の通り。
レギュラー11人、ローテーション11人、第3GKにポリバレントな選手2名を加えた計25人体制が基本。
(↑W杯など、基本的な登録人数は25人のため)
年齢別から考えて、一つのポジションに3人編成が良い。
脂の乗った中堅、随時出場は難しいが仕事の出来るベテラン、登録しなくても出場出来る若手、この3名。
余剰戦力や出場機会のなさそうな若手は移籍リストやレンタル移籍リストにのせて放出しよう。
また、残り1年となったが売れない選手は賃金負担をしてもらうレンタルで放出。
将来が微妙な若手は買い取り価格を決めて放出するなど工夫をして人件費削減をしよう。
他クラブからレンタルで補強をしてもいいだろう。これは下部を率いている場合や、そのポジションの
有力選手を獲得する資金がなく、シーズンを乗り切る時などに有効な手段だ。

  • 契約
選手が活躍した場合、様々なオファー→契約更新して給料上げろという流れが基本。
そのため、先手を打って長期契約をゲットしたほうが安上がりだったりする。
ただ、先のないベテランや今後が微妙な若手と長期契約を結ぶと放出が大変だったりするのでよく考えて
契約相手を定めよう。また、長期契約ほどかかる移籍金も増えるため、売るにしても好都合だったりする。
海外ではよく、今年売れそうな選手を契約更新して高値の移籍金を引き出す交渉術が見られる。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。