財務編


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■財務状態

健全な運営をしていないと様々な弊害が起こる。
無理な補強や人件費をかけすぎず、身の丈にあった経営をするようにしよう。
具体的にはクラブ財政がある程度マイナスに転じると これ以上赤字を増やさないために、理事会が
選手の賃 金に制限をかけてしまうことがある。さらに悪化すると理事会が勝手に選手への移籍オファー
を了承してしまい、チーム作りが難しくなってしまうことも。
当然、監督としてお金のリスクマネジメントが出来ているかも評価の対象となり、あまりにひどいと
解任される危険性もあるので要注意!


■人件費

支出の大部分を占めている人件費。まずはここをしっかりと見直そう。
理事会が認める賃金予算内に賃金総額を収めることが黒字経営の第一歩。
あなたのクラブは予算を超過していませんか?もしそうであれば、選手を放出するなり、プライベート
チャットで減俸を許可してもらうなり対応をしないと危険になってくる。
もしも、1,2年で昇格や欧州大会などの収入UPが見込める場合は予算以上に強化するのも手段ではある。
しかし、現実にそれを行って破産に至ったクラブが数多くあるためオススメは出来ない。
有名なチームとしてはリーズ、ドルトムント、フィオレンティーナといったところ。


■代理人への支払い

クラブ負担となり、監督に与えられた移籍資金に影響を与えない。
また、代理人支払いを高くすることで選手の年俸などの条件を有利にすることが可能。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。