基礎


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

チーム全体への指示


※全体的な戦略とプレイスタイルはゲーム中に出てくる説明があるので省略します


プレイメイカー&ターゲットマン


  • 主なプレイメイカー
ビルドアップ(攻撃を作っていく)の際に意識的にボールを集める選手
創造性、ひらめき、パス能力、テクニックの高いパサーに設定すると効果大
守備としてはこれに設定されている選手は潰したいところ

  • 主なターゲットマン
前線で起点となり、周囲の味方の時間を作る選手の設定
タイプは二種類
身体能力が高くヘディングに強い選手のフィジカル能力を活かすタイプ
あるいはテクニシャン型で敵に当たられる前にボールを他に味方にパスが出来る、あるいは敵に寄せられてもドリブルで抜けるタイプ

  • ターゲットマンへのパス
設定したターゲットマンへのパスの供給方法
ターゲットマンの能力に合ったものにしよう
例:フィジカルタイプ→足元や頭、オフ・ザ・ボールが上手く足が速い→スペース  などなど

  • ディフェンスライン
ディフェンスダーの横一列をどのあたりに配置するか
深いでより後ろへ、押し上げでより前へ

  • 展開の幅
攻撃をする際、横幅をどれだけ使って攻めるか

  • テンポ
攻撃をする際、

  • 時間かせぎ


  • パスの狙い



  • カウンターアタック
ボールを奪うと素早く攻撃モードに移行する。
守備時にはフォアチェックよりもリトリートを優先する傾向がある。
パススタイルをダイレクトに、テンポをクイックに、展開の幅をナローにするのが一般的。
ボールを奪うと素早く、縦にボールを運ぶようになる。

  • オフサイドトラップ
ポジショニング、チームワーク、予測力が高いレベルで求められる。
ラインを統率する高い影響力を持ったディフェンスリーダーも必要。


個々への指示


チームと同じものは省略
考え方としてはチーム全体としての戦術があって、その中での個々の戦術
ただ、優先順位は個々の方が優先されるため、あまり設定しすぎるとチームとしての戦術と不一致を起こす

  • メンタリティ
守備的:リスクを冒さず攻撃参加を控える。ポジショニングも通常より下がり目。
攻撃的:リスクを恐れずチャレンジしていく。ポジショニングも通常より上がり目。

  • 創造性
選手に与えるピッチ上での自由度。
高め:監督の指示を超えて、状況に応じて各自が判断してプレイ。
デフォルトポジションに固執しなくなり
パスを受けに動く範囲やスペースに走りこむ範囲が広がる。
低め:監督の指示を忠実に守り、デフォルトポジションをなるべく保持しプレイ。
奇抜なプレイや、ポジションを放棄されると困るセンターバック等に効果的。

  • パススタイル
ショート:マークされていない近くの選手にパスをする。
混合:状況に応じてパススタイルを使い分ける。
ダイレクト:できるだけ前のポジションの選手にパスをする。
ワンタッチパスとは別物なので注意。
ロング:前線にロングボールを放り込む。

  • プレス
ボールを動かすテンポ。
スロウ:ゆっくりとボールを動かし、じっくりとチャンスをうかがいつつ攻める。
フィニッシュまで時間が掛かるが、ポゼッションの増加に繋がる。
クイック:素早くボールを動かし、積極的に前へとボールを運ぶ。
素早くフィニッシュまで持ち込めるが、ポゼッションの低下に繋がる。
また、テンポが速ければ速いほど疲労も速くなる。

  • タックル

  • 深い位置からのランニング
前方のスペースやゴール前に走りこむ頻度。
積極的:FWなら裏を狙う動き。MFなら二列目からの飛び出し。SBならオーバーラップ。
控えめ:FWならポストプレイ。MFなら中盤でのバランサー。SBならカウンター警戒。

  • ドリブル


  • ロングシュート


  • スルーパス


  • クロスボール


  • クロス開始


  • クロス目標


  • サイドプレイ



  • ポジション交換



  • マーキング



  • タイトマーク
通常より、タイトに選手をマークする。
即座にプレッシャーを掛けられ、ゴール前での競り合いにも効果を発揮するが
その分、他の選手を見逃しやすくなる欠点も。
ゾーン:ゾーンをカバーし、ゾーンに入ってきた選手に対し適度な距離を置いてマークする。
ゾーン+タイト:ゾーンをカバーし、ゾーンに入ってきた選手に対し近い距離でマークする。
マンマーク:相対する特定の選手に対し近い距離でマークする。
マンマーク+タイト:相対する特定の選手に対し密着してマークする。

  • ポジションからの流動性



  • ボールキープ
味方の上がりを促すので、ターゲットマンやゲームメーカーに指示すれば効果的。
もちろんキープ力を伴った選手でないといけない。








.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。