選手の隠し能力


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

隠れた能力1


安定度

どれだけパフォーマンスのムラが無いか。

狡猾さ

数値が高いほど汚い・卑劣なプレイをします。

勝負強さ

重要な試合でうまくプレーできるかどうか。

怪我のしやすさ

数値が低いほど怪我をしにくくなります。
この数値が高い選手は怪我で戦列を離れている時間の方が長くなるかもしれません。

多才さ

不慣れなポジションへどれほど簡単になじめるか。

隠れた能力2(メンタル)


環境適応能力

自国以外での暮らしにどれだけうまく適応できるか。

野心

高いレベルや給料、活躍をしたいという欲求。能力の上昇に大きく関与すると共に、高いほど移籍志願しやすい。

論争

問題や論争を引き起こす度合い。

忠実

所属しているものへの忠誠心。これが高いとクラブに残る可能性が高い。

プレッシャー

ピッチ内外でのプレッシャーの扱いのうまさ。

プロフェッショナル

ピッチ内外において、選手の行動がどれだけプロフェッショナルなものなのかどうか。
練習への影響大。

スポーツマンシップ

ピッチ内外において、どれだけフェアであるか。

気性

ピッチ内外において、どれだけ上手に気性をコントロールするか。











.
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。