※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

last update 2012-01-11
fchartの醍醐味の一つ、自分なりのチャートの表示をしてみましょう。

まずはこちら。初期設定は株価移動平均線がチャートに表示されていますが、これをボリンジャーバンドに変えてみましょう。



チャート画面です。なんか見づらいです。



天底の株価表示を切ってみます。



若干すっきりしました。



次に、下部指数画面を変えてみます。



指数の変更ポップアップです。やたらとスライダーが長いです。



ここまでが正規の部分です。
これより下は、2週目3週目が繰り返されているだけで、使用しないほうがいいです。
reserveというのはこの段階では空白です。
シェアウェア登録することで、強力なマクロで独自指標を作り、ここに入れることができます。



指数グラフの色を変えてみます。
左が短期、中が中期、右が長期、と記載されていますが、指標によっては異なりますので、色々試しましょう。



中ほどのパレットで色系統を選び、右側のパレットで白黒基調を選びます。



こんな感じにしてみました。



転換マークなどもはずしてみます。
ついでに、スピードボタンをoffにし、フォントもやや大きくしました。



ついでにボリンジャーバンドを20日、2倍標準偏差だけにしてみたところです。
だいぶすっきりしました。