ウィザード系


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


スキル構成

スキルポイントの割り振りに悩まされるのは、魔法職の常だ。
しかし経験値効率のよいモンスターやクエストが増えた昨今では、転生の敷居は格段に下がっている。
転生してからが本番、と割り切ってしまえるのであれば、未転生の時点で必要度の高いスキルはそう多くはない。

+マジシャン
  • 基本
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wiz.html?10rEdxnndodn6k
ウィザードに転職後、メテオストーム、ストームガスト、クァグマイアの修得を目指す汎用タイプ。
ここまでで計34のスキルポイントを使用。残りを適宜振っていくこととなる。
ハイマジシャンでは当然50転職を目指したいところだが、未転生では40転職でも大きな問題はない。
ジオ園での快適性を求めるなら、高LvのファイアーボルトやSP回復力向上の修得も視野に。

  • 殴り
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wiz.html?10qnfNfkbo8k
通常のマジシャンとは異なり足を止めての近接戦闘が主となる為、SP回復力向上の恩恵が大きい。
マイトスタッフや一反木綿挿しのカウンターダガーを運用するのであれば、最大Lvまで修得したい。
セイフティウォールはマジシャン時代では特に必要ないが、他に取るようなものもない。

+ウィザード
  • 基本
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wiz.html?10rRdxnndodqabaNGXgK
メテオストーム、ストームガストでの殲滅力に優れる汎用タイプ。
ロードオブヴァーミリオンってなんですか?
ファイアーボールはLvを6まで上げることで、詠唱とディレイが大きく短縮される為、
ブラディウムゴーレム狩りなどで重宝する。

  • 殴り
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wiz.html?10qnfNbXboadcBdnbnak
殴りウィズの代名詞、クァグマイアの修得を最優先したい。
加えて、フロストノヴァとアイスウォールの存在により、特定の状況下では他の近接職を上回る安定性を誇る。
辛い殴りマジの時代を乗り越え、殴りウィズとして花開く瞬間である。しかし所詮は殴りなので七分咲き。
余りがちなウィザードのポイントをマジシャンスキルに回し、セイフティ、ファイアー、アイス、三つのウォールスキルをマスターしてみるのも面白いかも知れない。

+ハイウィザード
  • 基本
http://uniuni.dfz.jp/skill4/hwz.html?10rRdKnndodqabaNGXgAfNak
魔法力増幅の追加により、ウィザードから純粋に火力を強化された形になる。
同じく新たに追加されたソウルドレインは、対単体火力に乏しいハイウィザードの時点での有用性は低い。
最大SPの増加は持久力と直結するが、エナジーコートの消費も増えてしまうのがネック。
各自のプレイスタイルに応じて、修得を検討されたい。

  • 殴り
スキルシミュレータのアドレスを載せるのが馬鹿らしいほど、ウィザード時代からの代わり映えが全くない。
一応は固定ダメージスキルのグラビテーションフィールドが有用ではあるが、
魔法をダメージソースとするのは殴りウィズとしてどうなのかという疑問が残る。
マジッククラッシャーがタゲ取りに便利と言えば便利ではあるのだが……
ソウルドレインは上述の基本タイプと同様の理由から、修得には留意すること。


+ウォーロック
  • 基本
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wlk.html?10rEeKoafbdqabbodKgFfNacdBeAaBqOaoeoqAcHcY
クリムゾンロック、チェーンライトニングといった高火力な対単体スキルの登場により、
ソウルドレインのSP回復効果が光る。

  • 殴り
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wlk.html?10qnfNoXeBdqcBeaeBgA2bdAanbo2oaSaocHcY
各種ウォーロックスキルの効果により、状態異常をばらまきながら戦うというトリッキーさに磨きがかかる。
スタンと出血を付与できるようになることから、テトラボルテックスをLv1だけ修得しておくのも有用だろうか。
リーディングスペルブックでの無詠唱発動も、カウンターダガーを運用する低DEX型には効果が高い。

  • テトラボルテックス型
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wlk.html?10qneAoafbdqabbodBgKcAacdBdSaFqSqBebqncHcY
ウィザード系は単体火力に乏しいと、誰が決めた?
常識という名の鎖に囚われた社会の歯車たちよ、俺がお前たちをロックしてやる。
それが俺という存在――そう、俺が、俺こそが、テトラボルテックス。

夢からさめなさいー。

  • 田中さん
http://uniuni.dfz.jp/skill4/wlk.html?10GAfnoXbOdDcBrObxbxfNaoaodnbsqSaSeFaocHcY
時代を先取りしすぎた水特化タイプ。
火属性スキルとリコグナイズドスペルを切ったことによる、豊富なスキルポイント、及び高い狩場適応能力が魅力。
一見、火の通りやすい地属性の敵に対して有効打がないように見えるが、地Lv4の敵であっても水属性は100%通る。
これにより、聖と闇以外の敵に対しては100%以上の威力を望める。
PT戦でこそ真価を発揮する火力支援タイプの一種だが、
ステータス、装備、立ち回り次第ではある程度のソロ活動もこなせるオールラウンダーと言える。

ステータス構成

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル