ワキ5000形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国鉄ワキ5000形貨車

ワキ5000形とは、、日本国有鉄道(国鉄)が1965年(昭和40年)から製作した 30 t 積の貨車(有蓋車)である。プレス加工鋼板を用いた近代的な車体構造を採用する大形有蓋車で、1965年 - 1969年に1,515両 (5000 - 6514) が製作された。従前より小口貨物や混載貨物を主とする特急貨物列車に使用してきたワキ1形・ワキ1000形の後継となる形式で、1965年10月の国鉄ダイヤ改正から混載貨物を主とする特急貨物列車(最高速度 85 km/h )で使用を開始した。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。