EF62形


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国鉄EF62形電気機関車

EF62形は、日本国有鉄道(国鉄)が設計した直流用電気機関車である。国鉄の最急勾配路線であった信越本線の碓氷峠越え区間に直通する列車の牽引用に開発され、急勾配での運用に対応した特殊設計がなされている。
1962年(昭和37年)に先行試作車の1が完成し、その後1963年から1969年にかけて量産車53両の合計54両が製造されたが、すでに全車が廃車された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。