発声


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

合計: -
今日: -
昨日: -

  • 音は下がるが、響きは同じで、音の幅はちゃんと確保する
  • 「喉」ではなく、「鼻」で増幅する
  • かすかすにならないように、息を吐きすぎない
  • あまり大きな口は開けない。あくまで、「口の中」の空間を空ける
  • 声が発散しないように、声を集める感じで

2013/03/10

  • 響きを上に意識する練習
  • ハミング⇒口をあまりあ動かさないアイウエオ
  • フレーズの出だしを細く出して、響きをつかむ
ミーレードー、ミーレードー, ソミーレードー
  • 上から吊るされている感覚を持って。
  • 子音と母音をつなぐ
  • はるかな友に、の出だし(しずかな 夜更けに)の
フレーズで、発音と母音の響きの練習をしました。

2012/02/05

★鼻腔に響かせたファルセットで残響が残る様に
★ファルセットで響いた位置を保持しながら下降音型(胸や喉を鳴らさない)
★発声練習の声で曲を歌いましょう

2012/03/11

  • 姿勢&呼吸 鼻から全身に満ちるように吸って鼻に戻す
  • んーーーなななななななな・なーー
 (便宜上「な」と書きましたが正確には「ng」)
  • よく響くフォルテを出すためには など

※「ん」は3種類(m/n/ng)あって、唇や舌の位置や形が違います。
 m:あ「ん」パン(口を閉じる)
 n:あ「ん」ドーナツ(口を開き舌先が上の前歯の裏側につく)
 ng:あ「ん」こ(口は開くが舌は上の前歯につかない)
 ‥‥みんな同じ「餡」なのにね。