海よ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2012/11/04

  • 53 バリトンは、「おお」はちゃんと「お」「お」と言い換えること。深く、ずっしりとした声で!!!
  • 楽譜に書いていない「rit」などあるので気をつけて

秋合宿(10/06-10/08)

担当:面矢

冒頭 寝起きの深海魚みたいなのやめましょう きちんと「ありとある」
34小節トップ「あこやがい」rit.は指揮の通りに
74小節 ×「そなーたーみーずーの」 ○「そなーた,mmみーずーの」
76小節 同上

春合宿(2012/04/28-30)

05 ベース系 ここの音の切り方はブレスをするテナー系にあわせて
31 全体 dim.した先(うみのうま)の音量を p に変更 また ここでブレスしないこと
53 バリトン ヨーヨーマになったつもりで おなかすいて泣いてる声で歌わない
71 全体 なの「だ」の音程&切り方 注意して
72 「雨」の時の歌い方を思い出して

2012/04/15午後

  • 27小節~「くらげは・・・」言葉を立てる。低声系の出だしの音程は高声系のフレーズから取る。
  • 30小節「うみぼたる」のdim.をしっかり。
  • 31小節「そらに」はmfに音量を上げる。
  • 35小節「ひかりを」の「を」は伸ばしすぎない。
  • 37小節「そして」はその前の休符を長めに取ります。
  • 51小節「たえまない」なめらかに歌い「い」は収めるように。
  • 51小節「はじまりよ」BAS音程をズリアゲやズリサゲをしない。
  • 53小節~「あふれるに・・・」リズムが後だしにならないように。
★53小節「おおうみよ」BAR音量をしっかり豊かな響きで歌う(他パートに埋もれ無い様に)。
★53小節「あふれるに・・・」BARの「おおうみよ・・・」が聞える様に音量抑える。
★61小節「おくねん」TOP高い音程はあくびをするように歌う(またはファルセットで)。
  • 61小節「おくねん」SEC鼻腔への響きを維持しながら歌う。音量比はTOP:SEC=5:4くらい。
  • 61小節「おくねん」BAS「ねん」は「n」をしっかり響かせ鼻腔と胸を鳴らす。
  • 63小節「むかし」BASしっかり響かせる。
  • 66小節「いつもはじまりだ」はpoco string.少しずつ、次第に早く。
  • 65小節1拍目BAS「は」を収める。
  • 71小節「のぼれ・・・」ppは自分に声が聞えないくらいのイメージで(響きは鼻から外さない)。
★73小節「のぼりゆけ」の「け」をつぶした声にしない。
  • 79小節「いのち」dim.で言葉を収める。
  • 87小節~「みえない・・・」SECとBARは双子の様にぴったりとあわせる。

2012/03/11

  • 2 全体
「ありとある」に poco string.(だんだんせきこんで)追加
「あくた」で a tempo(元の速さで)
  • 15 全体
(「やすみない」はテンポ通り)
  • 34 全体
「あこやがい」に rit.(だんだん遅く)追加
「ひかりを」で a tempo
※「ひかりをーー」って長い人が大勢いるから注意してネ
  • 40 テナー系
p を pp に変更(音量幅をつけるため)
  • 46 全体【!重要!】
当面「ふりしきーる・う・う」と歌ってどこまで伸ばすかを正確に覚える
  • 49 トップ
上のAだけ頑張ってそのあとテンションだだ下がりなの禁止
「海よ」って ff で歌ってから dim.