※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

★練習番号について
①1小節
②7小節
③17小節アウフタクト
④25小節アウフタクト
⑤33小節
⑥39小節アウフタクト

2012/11/04

  • 冒頭は「ショック」、
  • 7からは、もう、子音、子音、子音、子音 を出してーー。
  • 楽譜に「か」で始まるときは「K あ」とか書いて、子音を
  • 18と20 全パートで小さくなること!!!

秋合宿(10/06-10/08)

担当:面矢

8小節〜「YYよどむF淵 Kくるめく渦のいらだち MMまKこTとK川はY山にKこがれKKきりたつMM峰にKKこがれるいのち」
くらい子音が前。

36小節「問うこと」は「とーォこと」ではなく「と“ウ”こと」で統一。

2012/08/22

(1)全体
  • Andante mossoの箇所は持続感を出すように、原則休符以外はノンブレスで。
 でも言葉の言い換えはしっかりと。

(2)個別の注意点
  • 4小節目  
 小節頭「なぜ」の「ぜ」の音がだらしなく伸びない。mfでも緊張感を持って。
  • 10小節目 
 「いらだち」の響きが浅くならないように、後から動くパートは注意。(Top.はヒステリックにならないように)
  • 18小節〜 
 下2声は早くからdim.しすぎないように。
  • 46小節〜 
 riten.がかかるので十分指揮を見て。

春合宿(2012/04/28-30)


冒頭と後半の Risoluto 部分は語尾を伸ばしません(×:なーいーかー ○:なーいーか‥‥)

10 トップ 泣きそうな声で歌うと台無し
15 セカンド ここで sub.p しないで!音程は低いけどmfのままたっぷり
18 テナー系 思いがけず出番が来ましたみたいなの禁止 ちゃんと待ってて入ること
  (ちょっとフライング気味にハミングから入るとか工夫する)

2012/02/05

<午後>
★上から下に流れる事(運命)に抵抗するが様に力強く歌う
★音程と手の動きを連動させながら歌いましょう(不明な部分は復習しましょう)
★BAS系は明快な声で歌う(もやもや声では大ホールでは響かない)
★TEN系は高い音をもっと楽々と歌って
  • 1-6小節の8分休符を「ト」に変えて歌ってみる(なぜトトさかのぼれないか?)
★2-3小節の「のぼれ ないか」は3連符+3連符っぽく振ります
  • 8小節「く」、10小節「ま」、11小節「や」等はユニゾン(全パート同じ音程)なので揃える事を意識
  • 7小節は12/8の様にフェルマータ込みでカウント
  • 13小節「にこ」はブツッとブレスしない
  • BAS、23小節ソ♭音程注意
★24小節「だ」の前はブレスしないでn響きで繋げる
  • 25小節「やはり」はfからdim.
  • BAS、28小節?音程とリズム(遅れない)に注意
★33-35小節「はなにか」あたりでリズムあおる(poco string.)ので指揮に注意
★36小節「とう」はto uと発音する(to oでは無い)
★37小節「よ」は短めにする(指揮に注意)
  • 38小節「わたしたちも?」なめらかに歌い「わたし」の「た」は音長さが短くならない様に、「し」のs子音が強すぎない様に