見上げてごらん夜の星を


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2013/10/12~14秋合宿

担当:須藤

  • 33/Sec/「てをつなごう」はひかないで聴かせて。
  • 54/全員/Fu--の、[f]、出して。最後のWoはあたたかく。

2013/09/28

担当:内田

  • くぐもった声はNG(拡がりと透明感ある声で前向きに歌う)。
  • 臨時記号有る無しを印象的に歌い分ける。
  • 他のパートが白丸(長い音符)のときの黒丸(短い音符)歌うパートも印象的に。
  • 主旋律が今何処にあるかを意識して歌う(大きな声でじゃましない)。
  • 三番(39小節4拍~)からは圧倒的に重厚で豊かな声で。

2013/8/18

担当:須藤

  • 全体的に休符がないように書かれています。雄大で広い感じを出したいので、そのように。
  • ちいさなひかりが、の「がー」、Topもしっかりと延ばしましょう。下3パートが和音を変えています。
  • メロディを担当しているのがどこなのかを意識して。たとえば
  13~15小節目では、TOP⇒SEC⇒TOPに、
  37~40小節目では、Bari⇒Sec⇒BariBas⇒TopSec、にメロディが遷移します。 
  • 「てをつなごう」からは、すごく静かに。
  • P.54は、和音がジャズっぽいので難しい。最初はHumでさぐって音をとりましょう。